CA ControlMinder 127-CumulativeFix-3 CF3 FIXLIST - CA Technologies
{{search ? 'Close':'Search'}}

CA ControlMinder 12.7 - CumulativeFix - 3 (CF3) FIXLIST - Japanes

重大度 モジュール 問題のサマリ パッケージ OS 問題の原因 条件 解決策または回避策 再現手順
2 ENTM [検出されたアカウント]列で検出された特権アカウントがチェックマーク付きで表示されるが、これらのアカウントが一旦変更され、グループにアサインされると、[検出されたアカウント]列でそれらのアカウントにチェックマークが付かなくなるという、Sybase エンドポイントの問題を修正します。 AC1271047 すべて エンドポイント側の Sybase エンドポイントのコンテナ名は「SYBASE Accounts」ですが、設定ファイル内のコンテナ名は「Sybase Accounts」です。   設定ファイルで、Sybase エンドポイントのコンテナ名を「Sybase Accounts」から「SYBASE Accounts」に変更します。 再現手順: 1. 2 つのアカウントを検出します。
2. 検出を再実行すると、アカウントが検出されたことを示す 2 つのチェックボックスが表示されます。
3. 特権アカウントを変更し、そのアカウントにグループ 所有者を付与します。
4. アカウントを再度検出します。チェックボックスが削除 されたことが確認されます。
3 ENTM タスク優先度にフィルタが使用されると、[特権アカウント]-[検査結果の監査]に[優先度]列がないという問題を修正します。 AC1270958 すべて 最初のユーザ特権アカウント チェックアウト期限内に 2 人の PUPM ユーザによって同じ特権アカウントがチェックアウトされると、QRTZ_TRIGGER テーブルでトリガ名が上書きされます。 これが原因で、トリガは 1 回のみ実行されます。 そのため、特権アカウントは 1 人のユーザによってチェックインされます。   最初の PUPM ユーザによって特権アカウントをチェックアウトし、次に、 2 番目の PUPM ユーザによって同じ特権アカウントをチェックアウトすると、両方の PUPM ユーザのジョブ名とトリガ名が同じになります(例: UniqueID-privilegedaccountname)。ジョブ名とトリガ名を「UniqueID-privilegedaccountname-UserUniqueName」のように変更します。 1. 任意の特権アカウントを変更します(例: test privileged account)。[特権アカウント]-[アカウント]-[特権アカウントの変更]に移動し、[チェックアウト期限 (分)]を設定(例: 5 分)し、設定を保存します。
2. 2 人の PUPM ユーザを作成します(例: test1、test2)。
3. test1 を使用して、テスト特権アカウントをチェックアウトします。
4. test2 を使用して、テスト特権アカウントをチェックアウトします。
5. チェックアウト後、5 分間待機します。テストが test1 ユーザによって 5 分後に正常にチェックインされるのを確認します。しかし、test2 では、タイムアウト後もテスト特権アカウントはチェックインされません。
3 ENTM アカウントおよびエンドポイントの詳細が監査検索結果にないという問題を修正します。 AC1270960 すべて これは、ポート番号がドキュメントどおりに apache のフレンド URL にアサインされていないことが原因で、修正プログラム T5P0158 をリリースしました。これは、ドキュメントを考慮して設計されています。   コードの変更: ポートなしで設定された apache サーバのサポート ポートなしで apache を設定 1. プライマリ ENTM および LB ENTM をセットアップし、apache でそれを設定します。 2. ユーザを作成し、ログイン時にパスワードを変更するようにマークします。 3. フレンドリ URL で URL にアクセスし、手順 2 で作成されたユーザでログインします。
予期される結果: ユーザ詳細が入力されている必要があります。
3 ENTM ユーザ アカウントの追加時に、電話番号として数字の代わりに文字列を追加することが可能という問題を修正します。 AC1270968 すべて     新規作成アカウントでカスタム フィールドに入力されなかった場合に備えて、エンドポイントからカスタム フィールドを継承します。 1. 新規作成アカウントでカスタム フィールドに入力されなかった場合に備えて、エンドポイントからカスタム フィールドを継承します。
2. [情報]タブのフィールドに入力します([部門]および[カスタム 1]から[カスタム 5]フィールドまで)。
3. サブミットします。
4. 新規作成されたアカウントを表示します。カスタム フィールドは保存されませんでした。
2 ENTM CHECKOUT_ONLY_AUTO_LOGIN プロパティが適切に更新されないという、特権アカウント フィーダの問題を修正します。 AC1270979 すべて データを 1970 年 1 月 1 日 00 時 00 分 00 秒(GMT)以降の秒数である長い値に変換するため、問題が発生します。 日付を長い値に変換する際に、DB に格納される日付は UTC です。それをサーバのタイム ゾーンの長い値に変換するため、結果として監査キューに送信される値は正しくありません。   コードの変更: 日付を UTC と見なし、日付を UTC タイム ゾーンが考慮される長い値に変換する必要があります。 CM をバージョン 12.8 にアップグレードした後に、クライアントの SAM イベントは正しくないタイム スタンプで作成されます。 - 12.8 の SAM イベントは今後発生する UAR で報告されます。 - 12.8 の SAM イベントは今後発生する UAR で報告されます。アカウントは午後 3 時 56 分にチェックアウトされました。私たちは GMT -5 Epoch にいるため、UAR はそれを「午後 8 時 55 分 54 秒」と報告します。Event_Date = 1392429354 Friday, February 14, 2014 8:55:54 PM GMT-5 Epoch, Checkout Date = 1392429373 Friday, February 14, 2014 8:56:13 PM GMT-5 EST Eastern Standard Time GMT-5:00 -18000。
3 ENTM TCP リソースを作成しようとするとエラー メッセージが表示されるという、エンドポイント管理の問題を修正します。 AC1270982 すべて ログイン アプリケーション ジョブが、60 秒間隔で、残された無効なチケットのクリーンアップを実行します。      
2 ENTM SAM イベントがメッセージ キュー監査キューに送信されないという問題を修正します。 AC1271035 すべて     コードの変更 - ベース URL のホスト名を、要求の発生元のホストとして維持します。 1. プライマリ ENTM をセットアップします。
2. LB ENTM をセットアップします。
3. ユーザを作成し、ログイン時にパスワードを変更するようにマークします。
4. LB ENTM に移動し、ログインします。ユーザ詳細は空のままでした。
3 ENTM 指定された Time To Live 値が間違って計算されるという問題を修正します。 値は分ではなく秒として計算されました。 AC1271039 すべて ユーザ パスワードを取得し、それにスパン ID を関連付ける場合、「^=」文字が HTML タグの先頭と見なされ、それ以降のすべての文字が無視されます。     1. ENTM WebUI へログインします。
2. ホーム-=^マイ特権アカウント。
3. ユーザに対してチェックアウトします。
4. [クリップボードにコピー]を選択します。 この場合、生成されたパスワードに「^=」文字が含まれていると、「^=」以降の文字はすべてコピーされません。
3 ENTM 12.7 CF2 から 12.8 GA へのアップグレード後に、サブミット済みタスクのクリーンアップが エラー メッセージで終了するという問題を修正します。 AC1271041 すべて     コードの変更: アカウントの削除時に検証を行うようにする必要があります。 1. アカウントをチェックアウトします。
2. [特権アカウントの削除]に移動し、チェックアウト済みアカウントを削除します。
予期される結果: システムは、アカウントがチェックアウトされているというエラー メッセージを表示する必要があります。
実際の結果: アカウントはチェックアウトされていますが、システムによって削除されます。
3 ENTM [職場電話]および[携帯電話]フィールドの検証が正しく動作しないという問題を修正します。 AC1271027 すべて MS 関数 SetForegroundWindow および SetFocus でパテ ウィンドウが前面に移動されずに、またキーボードのフォーカスがありません。その結果、パスワードの最初の文字がパテ ウィンドウに送られません。 ウィンドウを前面に移動するには、SetForegroundWindow および SetFocus のコール直後に、キーボード イベントをシミュレートする必要があります。     パテ セッションを通じて継続的に自動ログインを試みます。すると、パスワードとユーザ名が正しい場合でも、時々「アクセスが拒否されました」というメッセージが表示されます(パスワードとユーザ名は putty.vbs に出力されます)。
3 ENTM システムがパスワード ポリシー設定に従ったパスワードの変更に失敗するという問題を修正します。 AC1271028 すべて       1. レスト API を使用して、エンドポイントを作成します。 2. [エンドポイントの表示]ページで、[特権アカウント]-[エンドポイント]-[エンドポイントの表示]を参照します。[パスワード]フィールドで、パスワードが平文で表示されます。
3 ENTM アカウントがチェックアウトされている場合でも、エンドポイントを削除すると、ローカライズされた環境内でそのアカウントが削除されるという問題を修正します。 AC1271029 すべて アカウントはローカライズされた形式に格納されますが、データベース クエリでローカライズされた比較が処理されません。   [データベース]プロパティでローカライズされた比較を処理します。 1. ローカライズされた環境(日本語)でエンドポイントを作成し、特権アカウントを検出します。
2. 次にいくつかのアカウントをチェックアウトし、チェックアウトしたアカウントの削除を試みます。
注: 英語ブラウザを使用してエンドポイントを作成し、特権アカウントを検出する場合も同様です。
予期される結果: システムによって、アカウントはチェックアウトされているというエラー メッセージが表示されます。
 実際の結果: アカウントはチェックアウトされていますが、システムによって削除されます。
2 ENTM 「実行中」のタスクを処理するジョブが実行中のタスク セッションの一部を処理せず、代わりにイベントの更新のみを行うという問題を修正します。 そのため、タスク セッション テーブルの一部の既存タスクは「実行中」状態で表示されます。 AC1271033 すべて        
2 ENTM システムがパスワード ポリシー設定に従ったパスワードの変更に失敗するという問題を修正します。 AC1271034 すべて パスワード ポリシー実行時   パスワード ポリシーで "終了時間" を使用する時間計算を修正しました。 再現手順:1. パスワード ポリシーを作成します。
2. パスワード ポリシーを作成します。
3. 時間間隔を、毎日 00:00 から 01:00 に設定します。
4. 一部のアカウントを変更し、パスワード ポリシーを新規作成されたパスワード ポリシーとして設定します。
予期される結果: アカウントのパスワードは毎日 00:00 に変更される必要があります。
実際の結果:パスワードは 2 日後に変更されます。
3 ENTM システム ロケールが英語ではない場合、いくつかのチェックアウトされたパスワードに対して[チェックアウト実行者]フィールドが空のままになるという問題を修正します。 AC1271018 すべて ロケールが英語以外の場合、ロケールに基づいて日付がフォーマットされません。   ロケールの形式に関係なく、共通形式で日付をフォーマットすると、正しく表示されます。 1. 任意の特権アカウントを変更します。 [特権アカウント]-[^アカウント]-[^特権アカウントの変更]に移動し、[チェックアウト期限 (分)]を設定(例: 5 分)し、設定を保存します。
2. ブラウザ言語を日本語(japan[ja-JP])に設定します。
3. 同じ特権アカウントをチェックアウトします。
4. [詳細の表示]をクリックし、[チェックアウト実行者]が空になるのを確認します。
3 ENTM [パスワードの変更が必要]を使用してユーザ パスワードをリセットすると、エラー「文字列インデックスが範囲外」が発生するという問題を修正します。 この動作が確認されるのは、CA IdentityMinder 管理コンソールの基本 URL にポート番号がない場合です。 AC1271019 すべて       1. ENTM Apache Reverse Proxy にアクセスする際にポート番号を指定する必要がないように、Apache リバース プロキシまたは IIS で ENTM を設定します。 ポート番号を指定せずに ENTM URL にアクセスできるように、httpd.conf でポート番号 443 または 80 でリスンします。
2. ポート番号のない IDMMANAGE Access ENTM URL でベース URL を更新します。
3. superadmin としてログインし、任意の SAM ユーザのパスワードをリセットし、次回ログイン時のパスワードの変更を選択します。
4. superadmin としてのログアウトし、SAM ユーザとしてログインします。
予期される結果:パスワードをリセットするには、そのページにリダイレクトされる必要があります。
実際の結果: ページに「インデックスが範囲外です」例外が表示されます。
3 ENTM RDP ログイン経由のチェックアウトによるパスワード変更が[以前のアカウント パスワードの表示]にリスト表示されないという問題を修正します。  AC1271022 すべて RDP の実行中に、[以前のアカウント パスワードの表示]でエントリを作成する CreateAccountPasswordHistoryEvent を実行しません。   RDP およびパスワード変更がリスト表示されている間にコールされるメソッドを変更しました。 再現手順: 1. ログイン アプリケーション(RDP)でエンドポイントを作成します。
2. [チェックアウト時にパスワードを変更]がオンの 状態で、エンドポイントのアカウントを作成します。
3. アカウントの通常のチェックアウトを実行します。
4. アカウントの[以前のアカウント パスワードの表示]をオンにします。手順 3 のパスワード変更はパスワード履歴で予期されていたとおりにリスト表示されます。
5. アカウントに対して自動ログイン(RDP)を実行します。
6. アカウントの[以前のアカウント パスワードの表示]を オンにします。手順 5 のパスワード変更はパスワード 履歴にリスト表示されません。これは問題です。
7. RDP からログアウトし、[はい]をクリックすると、チェックイン確認ダイアログ ボックスが表示されます。
8. アカウントの[以前のアカウント パスワードの表示] をオンにします。手順 7 のパスワード変更が、 予期され ていたようにパスワード履歴にリスト表示されます。他のパスワード変更はリスト表示されますが、自動ログイン経由のチェックアウトによるパスワード変更は、[以前のアカウント パスワードの表示]のパスワード履歴にリスト表示されません。

2 ENTM アカウントが 2 人のユーザによってチェックアウトされた場合、[チェックアウト期限]が機能しないという問題を修正します。 AC1271023 すべて 最初のユーザ特権アカウント チェックアウト期限内に 2 人の PUPM ユーザによって同じ特権アカウントがチェックアウトされると、QRTZ_TRIGGER テーブルでトリガ名が上書きされます。 これが原因で、トリガは 1 回のみ実行されます。 そのため、特権アカウントは 1 人のユーザによってチェックインされます。   最初の PUPM ユーザによって特権アカウントをチェックアウトし、次に、 2 番目の PUPM ユーザによって同じ特権アカウントをチェックアウトすると、両方の PUPM ユーザのジョブ名とトリガ名が同じになります(例: UniqueID-privilegedaccountname)。ジョブ名とトリガ名を「UniqueID-privilegedaccountname-UserUniqueName」のように変更します。 1. 任意の特権アカウントを変更します(例: test privileged account)。[特権アカウント]-[アカウント]-[特権アカウントの変更]に移動し、[チェックアウト期限 (分)]を設定(例: 5 分)し、設定を保存します。 2. 2 人の PUPM ユーザを作成します(例: test1、test2)。 3. test1 を使用して、テスト特権アカウントをチェックアウトします。 4. test2 を使用して、テスト特権アカウントをチェックアウトします。 5. チェックアウト後、5 分間待機します。テストが test1 ユーザによって 5 分後に正常にチェックインされるのを確認します。しかし、test2 では、タイムアウト後もテスト特権アカウントはチェックインされません。
2 ENTM ユーザ パスワード プロファイルを[パスワードの変更が必要]と設定すると、ユーザはプライマリ マシンのパスワードのリセット ページにリダイレクトされるが、表示されるページにユーザの詳細がなく、ユーザ ログインの詳細を指定する方法がないという、負荷分散環境の問題を修正します。  AC1271026 すべて これは、ポート番号がドキュメントどおりに apache のフレンド URL にアサインされていないことが原因で、修正プログラム T5P0158 をリリースしました。これは、ドキュメントを考慮して設計されています。   コードの変更: ポートなしで設定された apache サーバのサポート ポートなしで apache を設定 1. プライマリ ENTM および LB ENTM をセットアップし、apache でそれを設定します。
2. ユーザを作成し、ログイン時にパスワードを変更するようにマークします。
3. フレンドリ URL で URL にアクセスし、手順 2 で作成されたユーザでログインします。
予期される結果: ユーザ詳細が入力されている必要があります。
3 ENTM [特権アカウントの作成]ページのカスタム情報フィールドのデータがエンドポイント情報データによってオーバーライドされるという問題を修正しました。 AC1271011 すべて     新規作成アカウントでカスタム フィールドに入力されなかった場合に備えて、エンドポイントからカスタム フィールドを継承します。 1. 特権アカウントを作成します。
2. [情報]タブのフィールドに入力します([部門]および[カスタム 1]から[カスタム 5]フィールドまで)。
3. サブミットします。
4. 新規作成されたアカウントを表示します。カスタム フィールドは保存されませんでした。
2 ENTM 12.8 にアップグレード後に、SAM イベントが正しくないタイム スタンプで作成されるという問題を修正しました。 
12.8 の SAM イベントは UAR によって今後発生すると報告されます。
AC1271014 すべて データを 1970 年 1 月 1 日 00 時 00 分 00 秒(GMT)以降の秒数である長い値に変換するため、問題が発生します。 日付を長い値に変換する際に、DB に格納される日付は UTC です。それをサーバのタイム ゾーンの長い値に変換するため、結果として監査キューに送信される値は正しくありません。   コードの変更: 日付を UTC と見なし、日付を UTC タイム ゾーンが考慮される長い値に変換する必要があります。 CM をバージョン 12.8 にアップグレードした後に、クライアントの SAM イベントは正しくないタイム スタンプで作成されます。 - 12.8 の SAM イベントは UAR によって今後発生すると報告されます。 - UAR は過去に TIBCO に対して何ら特殊なオフセットを使用しませんでした。アカウントは午後 3 時 56 分にチェックアウトされました。私たちは GMT -5 Epoch にいるため、UAR はそれを「午後 8 時 55 分 54 秒」と報告します。Event_Date = 1392429354 Friday, February 14, 2014 8:55:54 PM GMT-5 Epoch, Checkout Date = 1392429373 Friday, February 14, 2014 8:56:13 PM GMT-5 EST Eastern Standard Time GMT-5:00 -18000。
3 ENTM [パスワードの変更が必要]がオンの状態でユーザ パスワードをリセットするとエラー メッセージ「インデックスが範囲外です」が表示されるという問題を修正します。 AC1271015 すべて [パスワードの変更が必要]がオンになった状態でユーザのパスワードがリセットされると、「インデックスが範囲外です」というエラーが表示されます。この問題が発生するのは、idmmanage 内のベース URL にポート番号が含まれていない場合のみです。     1. ENTM Apache Reverse Proxy にアクセスする際にポート番号を指定する必要がないように、Apache リバース プロキシまたは IIS で ENTM を設定します。ポート番号を指定せずに ENTM URL にアクセスできるように、httpd.conf でポート番号 443 または 80 でリスンします。
2. ポート番号のない IDMMANAGE Access ENTM URL でベース URL を更新します。
3. superadmin としてログインし、任意の SAM ユーザのパスワードをリセットし、次回ログイン時のパスワードの変更を選択します。
4. superadmin としてログアウトし、SAM ユーザとしてログインします。
予期される結果:パスワードをリセットするには、そのページにリダイレクトされる必要があります。
実際の結果: ページに「インデックスが範囲外です」例外が表示されます。
3 ENTM AutoLogin (つまり、RDP)によるチェックアウト操作時の問題を修正しました。この問題では、RDP や PUTTY などのサードパーティ ツールが起動されず、メッセージを表示せずに、チェックアウトが繰り返されます。  AC1271000 すべて ログイン アプリケーション ジョブが、60 秒間隔で、残された無効なチケットのクリーンアップを実行します。      
2 ENTM ベース URL の取得で、LB マシンの代わりにプライマリ マシンが参照されるという LB 環境の問題を修正します。 AC1271001 LINUX     コードの変更 - ベース URL のホスト名を、要求の発生元のホストとして維持します。 1. プライマリ ENTM をセットアップします。
2. LB ENTM をセットアップします。
3. ユーザを作成し、ログイン時にパスワードを変更するようにマークします。
4. LB ENTM に移動し、ログインします。ユーザ詳細は空のままでした。
2 ENTM 「<」が含まれるパスワードをコピーすると、「<」以降の文字がコピーされないという問題を修正しました。 AC1271005 すべて ユーザ パスワードを取得し、それにスパン ID を関連付ける場合、「^=」文字が HTML タグの先頭と見なされ、それ以降のすべての文字が無視されます。 この問題が発生するのは、パスワードに「^=」記号が含まれ、その後にアルファベット文字が続く場合のみです。「^=」の後に数値または記号が続く場合は、この問題は発生しません。   1. ENTM WebUI へログインします。
2. ホーム-=^マイ特権アカウント。
3. ユーザに対してチェックアウトします。
4. [クリップボードにコピー]を選択します。この場合、生成されたパスワードに「^=」文字が含まれていると、「^=」以降の文字はすべてコピーされません。
3 ENTM Windows ポリシーではペースが許可されているが、ENTM パスワード内のスペースはサポートされていないという問題を修正しました。 AC1271007 すべて     コードの変更: パスワードの文字間のスペースを許可します。 1. Windows エージェントレス エンドポイントを作成します。
2. 同じエンドポイント用の接続解除された特権アカウントを作成し、スペースが含まれるパスワードを指定します。
予期される結果: ウィンドウ ポリシーで文字間のスペースを許可しているので、アカウントを作成する必要があります。
実際の結果: パスワードがポリシー要件に一致しないというエラーがサーバから返されます。
2 ENTM 管理者がチェックアウトされているアカウントの削除を許可されているという問題を修正しました。 AC1271009 すべて     コードの変更: アカウントの削除時に検証を行うようにする必要があります。 1. アカウントをチェックアウトします。 2. [特権アカウントの削除]に移動し、チェックアウト済みアカウントを削除します。
予期される結果: システムは、アカウントがチェックアウトされているというエラー メッセージを表示する必要があります。
実際の結果: アカウントはチェックアウトされますが、システムによって削除されます。
2 ENTM 管理者ではないユーザに対して[承認]、[拒否]、[更新]ボタンが有効になるという問題を修正します。 AC1270984 すべて 管理者ではないユーザに対して[承認]、[拒否]、[更新]ボタンを無効にします。     1. ENTM にログインします。 2. [ユーザおよびグループ]-[^ロール]-[^作業アイテムの管理]-[^ユーザの作業アイテムの管理]に移動します。非管理者ログイン ユーザを選択します。 3. [承認]、[拒否]、[更新]ボタンが有効になっていることを確認します。
3 ENTM DST が有効で、リクエスタと承認者が異なるタイム ゾーンにいる場合、時間が正しく表示されないという問題を修正します。 AC1270991 すべて 1. 作業アイテム リストの最終更新時間の出力中に、クライアント側のブラウザの時間ではなくサーバ時間が直接送信されます。 2. パスワード詳細の表示で時間を表示中に、サーバ時間が、クライアント側ブラウザの時間に変換されずに、データとして送信されます。 N/A 1. 作業アイテム リストの最終更新時間の出力中に、サーバ時間はまずクライアント時間に変換され、次に表示されます。 2. パスワード詳細の表示で時間の表示中に、サーバ時間はクライアント側ブラウザの時間に変換され、次に、送信されて表示されます。 1. 特権アカウントがリクエストされる場合、リクエストは承認者のホーム ページ/承認待機ページに表示されます。[最終更新日]時間はエンタープライズ管理サーバの時間で、ブラウザの時間ではありません。
2. [以前のアカウント パスワードの表示]ページで、[パスワードの表示]をクリックすると、パスワードは画面の上に表示され、時間はここではサーバ時間で表示されます。
3 ENTM [エンドポイントおよびエラー]オプションを[CSV ファイル]に設定すると、共有アカウントのエクスポートが失敗するという問題を修正しました。  AC1270994 すべて       1. ワールド ビューで、[共有アカウント]を選択します。
2. [エンドポイント名]に「*」を指定して、検索を実行します。
3. [エンドポイントおよびエラー]-[エクスポート]リンクをクリックします。csv ファイルがダウンロードされ、必須データが含まれているはずです。
2 ENTM パスワードおよびユーザ名が正しくても、PUTTY を使用してログインしようとすると、時々「アクセスが拒否されました。」というメッセージが表示されるという問題を修正しました。 AC1270998 すべて MS 関数 SetForegroundWindow および SetFocus でパテ ウィンドウが前面に移動されずに、またキーボードのフォーカスがありません。その結果、パスワードの最初の文字がパテ ウィンドウに送られません。 ウィンドウを前面に移動するには、SetForegroundWindow および SetFocus のコール直後に、キーボード イベントをシミュレートする必要があります。     パテ セッションを通じて継続的に自動ログインを試みます。すると、パスワードとユーザ名が正しい場合でも、時々「アクセスが拒否されました」というメッセージが表示されます(パスワードとユーザ名は putty.vbs に出力されます)。
2 ENTM REST API を使用してエンドポイントを作成すると、パスワードがデータベースに正しく保存されないという問題を修正しました。  AC1270999 すべて       1. レスト API を使用して、エンドポイントを作成します。
2. [エンドポイントの表示]ページで、[特権アカウント]-[エンドポイント]-[エンドポイントの表示]を参照します。[パスワード]フィールドで、パスワードが平文で表示されます。

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA Expert.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    How Did We Do?
    Let us know how we did so that we can maintain a quality experience.

    Take Our Survey >

    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing