{{search ? '閉じる':'検索'}}

ビジネス・プラクティス

倫理を行動で示す

Related Videos


CA Technologiesの取締役会は現在、独立した取締役であり、当社の非執行会長であるアート・ワインバックが統率しています。

取締役会のリーダシップには、一般的に受け入れられている単一のアプローチが存在しないこと、また、当社が動的で競争の激しい環境で業務を行っていることを考慮すると、取締役会のリーダシップの構造が状況に応じて変化する可能性があることを取締役会は認識しています。そのため、当社のコーポレート・ガバナンスの原則では、会長と最高経営責任者(CEO)の職務の分離、あるいは会長となる取締役が経営陣であるかどうかについては、特に決められていません。ただし、取締役会では、取締役会のリーダシップを現状で最も適切に発揮できるのは独立した会長であると判断しています。会長はその監督機能によって取締役会全体を統率し、CEOのマイク・グレゴアが当社のビジネスの日常的な管理と運用を統率します。 当社はこのような業務の分離によって、ワインバック氏は取締役会の問題の管理に集中し、グレゴア氏は当社のビジネスに集中できるものと確信しています。また、業務の分離によって、管理・監督という取締会の役割の客観性が向上することが期待できます。取締役会の客観性をさらに向上させるため、CEOに対して独立していない取締役会のメンバは制限しています。

当社の付属定款では、当社の取締役会メンバの過半数が独立した社外取締役であることが義務付けられています。また、監査委員会、報酬及び人事委員会、コーポレート・ガバナンス委員会のすべてのメンバが独立した社外取締役でなければなりません。

コーポレート・ガバナンス委員会は、取締役会が会社のガバナンスに対してその責任を果たせるよう支援します。CA Technologiesのコーポレート・ガバナンス原則は、取締役の独立性、取締役の資格、取締役会メンバ選択のプロセス、および取締役会の活動の期間など、すべての問題を網羅していします。元CEOと他の社員が取締役会メンバシップを管理するポリシーに加え、取締役会の補償、取締役会の自己評価、取締役会の規則もあります。 また、CA Technologiesのコーポレート・ガバナンス原則では当社の経営陣、外部の弁護士および独立した会計監査人へのアクセスが制限され、経営陣の育成と承継計画が管理され、株主およびその他の関連当事者と取締役会とのコミュニケーションを可能にしています。

サステナビリティのガバナンス


当社のサステナビリティと慈善の分野を統括する企業の社会的責任の副社長は、最高コミュニケーション責任者に報告し、最高コミュニケーション責任者は最高マーケティング責任者に報告し、最高マーケティング責任者は最高経営責任者に報告します。また、企業の社会的責任の副社長は、CA Technologiesの取締役会のコーポレート・ガバナンス委員会にも定期的に報告します。

当社のサステナビリティのイニシアチブが進化を続ければ、当社の目標である温室効果ガス35%の削減を達成できます。

          

TEL
0120-702-600
お問い合せ