{{search ? '閉じる':'検索'}}

市場における倫理の実践

Related Videos


競争(独占禁止)法


競争法(米国では独占禁止法)は、一般に競合他社との間で以下に関する合意を禁止するものです。

  • 価格の調整または制御
  • 顧客、入札、市場、領域の分割または割り当て
  • 製品とサービスの販売または稼働の制限
  • 特定の顧客への販売の拒否、または特定のベンダーからの購入の拒否
  • 競争力の高い情報の共有

競合他社との間で、合意および暗黙の同意を表明することは、独占禁止法によって禁止されている違法な協定に該当する可能性があります。

CA Technologies Worldwide Antitrust/Competition Policyは、すべての社員に対して、独占禁止法に違反しているように見える行為にも一切関与しないよう十分注意することを求めています。最も重要なことは、たとえば同業者の会合を含む競合相手とのいかなる接触においても、価格決定方針、契約期間、販売、コスト、利益、製品計画、運用レベル、キャパシティ、または他の機密情報について一切言及しないことです。

ほかにも、独占禁止法/競争法の問題に発展する可能性のある行為があります。以下に挙げる行動の際は、必ずWorldwide Law Department(法務部門)のメンバーに事前に相談して承認を得てから行う必要があります。

  • お客様により良いサービスを提供するためというより、競合相手に損害を与えることを目的としているように見える可能性がある行動をとる
  • 代理店がCA Technologies製品を再販できる領域または顧客を制限する
  • 競合他社との間で、ジョイント ベンチャー、合併、買収、共同買付、他の競合的合意について相談する
  • ベンダーと独占的な協定を結ぶ
  • 別の製品またはサービスをバンドルする(たとえばある製品を購入する場合に別の製品を買うことが必要になる契約)
  • ある一定の再販業者に優遇条件を提供したり、委託するビジネスの量に差をつけたりして、会社の再販業者およびパートナーを不平等に扱う

競争法の原則を特定のビジネス状況に適用することは、複雑であり難しい場合があります。発生する問題にどのように対応すべきか分からない場合、またはこれらの法律に違反する可能性を認識した場合はすぐに、Worldwide Law Department(法務部門)に相談する必要があります。

このようなときどうしますか。

事業者団体の最近の会議の席において、競合他社の代表が、「現在発生している激しい値引き合戦について業界のためにならないので何とかしたいと思っている」と伝えてきました。しかし、何も答えませんでした。

この会話は問題ですか。

その可能性があります。

CA Technologiesと競合他社の両方がその会話に基づいて値引きを控えた場合、競合他社との価格の統制に合意したとみなされ、これが問題になる可能性があります。競合他社との会話で、価格、コスト、販売条件、その他機密性のある内容が話題になった場合は、その会話が不適切であるという考えをはっきり表明するような方法で直ちにその場から離れ、Worldwide Law Department(法務部門)に速やかに報告してください。

販売、マーケティング、広告


販売、マーケティング、および広告において高い専門的基準を保つことは、市場におけるCA Technologiesの成功には非常に重要です。特に、それらに関するアクティビティはCA Technologiesの製品およびサービスの優位性に基づいて、あらゆる点で正直かつ適切である必要があり、準拠法に従っている必要があります。会社の広告、製品パッケージ、マーケティング資料、または販売資料に記載される内容は、正確かつ事実に基づくものであり、誤解を招くものではないことが求められます。CA Technologiesの競合相手と比較する場合は、中傷的または虚偽であってはなりません。不正確なステートメントを避けるだけでなく、省略すると他の記述がわかりにくくなるような事態も回避する必要があります。広告およびプロモーションはすべて、マーケティング部門およびWorldwide Law Department(法務部門)の両方によって事前にレビューされ、書面によって承認される必要があります。

このようなときどうしますか。

あなたはチャネル販売の担当者です。メンテナンス更新契約を、自分が報酬を受け取る対象の大規模な再販業者に限定して振り向け、報酬の対象外の小規模な既存の再販業者には割り当てないようにしています。

それは問題ありませんか。

いいえ。問題があります。

パートナーは、カスタマベースを構築するのに尽力し、その努力に対して報酬を得ています。自分が報酬を受け取る対象のパートナーにのみ更新を振り向けることは、特別扱いをすることになります。特定のパートナーに関して問題がある場合、その問題について上司に報告し、その対応を一任する必要があります。

問題等の連絡先

CAのビジネス慣行について質問や懸念がある場合は、Business Practices and Complianceチームにご連絡ください。

電話 1-800-648-8014

(アメリカとカナダのみ)
その他の国の場合、電話番号はcompliance.ca.comでご確認ください。
TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing