はじめに

Related Videos


行動規範の重要性

CA Technologies(以下「会社」)では、法を遵守すること、およびあらゆるビジネスを倫理的な方法で遂行することを誓っています。私たちは、このコミットメントが、私たちが成功するため、そしてお客様、ベンダー、ビジネス パートナー、株主様を含むすべての関係者からの信頼を維持するために不可欠であると信じています。本規範は、社員がCA Technologiesの代表としてどのようにビジネスを遂行すべきかという枠組みを定めています。

CA Technologiesには、さらに広範なコンプライアンス プログラムが存在しますが、本規範はそれが要約されたものです。本規範のなかには、数多くのポリシーが参照先として含まれています。これらは、CA Technologiesの社員としてどのように行動すべきか、およびコンプライアンスとビジネス倫理に対する私たちの全社的なコミットメントについてさらに詳しく説明しています。これらのポリシーは、会社のQuality Management System(「QMS」)のWebサイトで参照できます。私たちのより広範なコンプライアンス プログラムには、アウェアネス キャンペーン、ニュースレター、オンライン コンプライアンス、倫理トレーニング、コンプライアンスと倫理のトピックに関する講師によるセッションなどが含まれています。これらの多くのコンプライアンス用コミュニケーション媒体はすべて、コンプライアンスおよびビジネス倫理に対する私たちのコミットメントを社員がより深く理解するのに役立つよう設計されています。

トレーニングとアウェアネスの構想に加え、会社のシステム、プロセス、ポリシーに対する定期的な監査を行うことによって、基準に準拠しているかどうかを確認しています。また、社員がコンプライアンスやビジネス倫理の問題について相談したり手助けを求めたりできるよう、HelplineWeblineなどの多くの手段を確立しました(準拠法で許可される場合は匿名で相談することが可能です)。社員がこれらのリソースを利用した場合は、会社は速やかに質問に答えること、および訴えのあった規範の違反については徹底的に調査して対応することを約束します。また、私たちのビジネス パートナー、および私たちのビジネスに関係する他のサードパーティも私たちの高い基準を確実に厳守するようにプロセスが開発されています。私たちのコンプライアンス プログラムは、取締役会および上級管理者から積極的にサポートされており、Chief Ethics & Compliance Officerによって日々管理されています。

つまり、コンプライアンスおよび倫理は、CA Technologiesでは非常に重要視されています。本規範を読み、理解し、実践するようにしてください。そして質問や懸念がある場合はいつでもお問い合わせください。

行動規範に応じた社員の責任

 

本規範を知るだけでは、CA Technologiesがコンプライアンスおよびビジネス倫理に対するコミットメントを確実に維持できることにはなりません。

社員のみなさんに求められることを以下に挙げます。

  • 本規範および会社の他のポリシーと手続きの内容および目的に従う。
  • CA Technologiesの必須のコンプライアンス/倫理アクティビティを完了する。これには、年次のコンプライアンス トレーニング、行動規範遵守の確認書(Code of Conduct Attestation)、利益相反に関する開示書(Conflict of Interest Disclosure)が含まれます。
  • 特定の状況において、または業務のあらゆる側面においてCA Technologiesのビジネス遂行基準をどのように適用するかについて確信が持てない場合は、会社の適切なリソースに対してアドバイスを要請する。
  • 本規範、法律、規制の違反、または違反につながるような行動が発覚した場合や疑われる場合は、本規範に記載されているコミュニケーション手段を使用して速やかに報告する。
  • 監査および内部調査では、率直および正直に対応し、全面的に協力する。

社員は、どこでビジネスを行うにも、本規範および法律を常に遵守する必要があります。

管理者の役割

管理者は、私たちのコンプライアンスおよびビジネス倫理の基準を維持するために重要な役割を果たします。つまり、管理者の責任はより大きく、そのため管理者には以下の責任が追加されます。

  • 本規範で述べられている原則が、自らの業務にどのように適用されるかを社員が理解しているよう徹底する。
  • 倫理的な行動を促進し、社員が質問をしたり不安を訴えたりすることがしやすいような職場環境を維持する。
  • 倫理的なリーダーシップを自らの言動で示す。
  • 本規範の違反を防ぎ、察知することができるよう注意深く適宜監視する。
  • 社員のコンプライアンスの問題に対して速やかに、かつ会社のポリシーに沿った方法で対応する。

CA Technologiesは、多くの国でビジネスを行っており、その国の慣習や社会的基準はそれぞれ異なっています。私たちのポリシーは、ビジネスを行っている国および地域の法律や規制が米国の法律に違反しない限り、それらの法律および規制に従うというものです。社員が会社のビジネスを行う場合は、その国および地域の法律や規制を理解して従うことは社員の責任となります。行動の判断材料となるサポートとリソースを社員に提供するのは管理職の責任です。その地域の習慣およびビジネス上の慣行や社会的慣行が、本規範で述べられている基準とは異なる場合、CA Technologiesの社員は、上司、Business Practices and Compliance Team、HR Business Partner、またはWorldwide Law Department(法務部門)のメンバーに相談し、このような地域/状況においてどのように行動するのが適切かを判断する必要があります。

意見の表明

コミュニケーション手段を常にオープンにすることaによって社員が意見を表明しやすい環境をつくることは、法律を遵守し、倫理的に行動するという私たちにコミットメントを維持するうえで不可欠です。CA Technologiesでは、そのために多くの手段を提供しています。

本規範の違反または他の倫理的問題が発覚した場合や疑われる場合、あるいは単に意見やアドバイスが欲しい場合など、以下の方法を利用することができます。

  • いつでも上司に相談できます(上司に話すことが気が進まない場合や、満足のいく問題解決が見込めない場合は別です)。
  • 以下のリソースのいずれかに問い合せることができます。
    • Worldwide Law Department(法務部門)のメンバー
    • Business Practices and Compliance Teamのメンバー
    • 所属オフィスのHuman Resources Business Partner

CA Technologies Helpline(電話)またはWebline(インターネット)は、社員がアドバイスを求めたり、質問したり、不正行為、ビジネス慣行、本規範へのコンプライアンスまたは違反に関する問題などを報告するための手段です。HelplineおよびWeblineは、24時間、年中無休で利用できます。HelplineまたはWeblineは、独立したサードパーティ プロバイダによって管理されます。これらのリソースを使用することを選択した場合、希望すれば(準拠法で許可される限り)匿名で利用でき、英語または自国語のいずれを選択することもできます。

Helpline-Weblineへの問い合わせで身元を明かすことを選択した場合、その身元および情報は内密に扱われ、厳密に必要がある場合に限って共有されます。

本規範の実施

CA Technologiesは、社員が本規範を遵守することに真剣に取り組んでいます。本規範の違反が報告された場合は、会社のChief Ethics & Compliance Officerの指示のもと、速やかに調査されます。解雇を含む懲戒処分に結びつく可能性のある行為の例として、以下が挙げられます。

  • 他の人が本規範、法規制、または会社のポリシーに違反するよう要請したり許可したりすること、または他の人がこれらの基準に違反するよう手助けをすること。直接行うことが許可されていないことを、ビジネス パートナーなど、他の人を通じて行うことは許されません。
  • 本規範または会社のポリシーや手続きに対する違反が発覚したり疑われた場合に速やかに報告しないこと。
  • 会社が行う調査または監査に全面的に協力しないこと。
  • 別の社員または第三者に関して、本規範や法規制の違反の疑いを報告しなかったり、会社の調査の間に協力しないこと。

行動規範の制限

行動規範は、ビジネスの過程で発生する可能性のあるすべての法的および倫理的問題に対応できるわけではありません。そのため、自身の職務に当てはまるCA Technologiesのポリシーおよび手続きについて認識しておくことは社員皆さんの責任でもあります。つまり、皆さんが直面している状況に具体的に当てはまるポリシーがない場合でも、社員が職務のあらゆる側面において高い倫理的基準を適用することを会社は求めています。

行動規範の免除

CA Technologiesでは、本規範の免除要求を強く嫌い、免除することが会社にとって最適な選択であることが明らかであるという特別な場合に限り、本規範の一部の適用を免除します。本規範の免除に関する要求はすべて、会社のChief Ethics & Compliance Officerに対して行われる必要があります。そのように要求が行われた場合は、次に会社の役員会にあげられるか、役員のメンバーが免除を要求している場合には取締役会にあげられます。

会社は、疑いのある不正行為が報告された場合はすべて調査し、調査の結果、本規範または会社の他のポリシーの違反がなかったと判明した場合でも、善意をもって報告した社員に対するいかなる報復も許しません。不正行為の事実や疑いを善意をもって報告した社員や関係者、またはコンプライアンス調査に関与した人員に対する報復は決して許容されるものではなく、解雇を含む懲戒処分の対象となります。

問題等の連絡先

CAのビジネス慣行について質問や懸念がある場合は、Business Practices and Complianceチームにご連絡ください。

電話 1-800-648-8014

(アメリカとカナダのみ)
その他の国の場合、電話番号はcompliance.ca.comでご確認ください。
TEL
0120-702-600
お問い合せ