{{search ? '閉じる':'検索'}}

沿革

1976年以来、生活、仕事、コミュニケーションを変革

Related Videos


CA Technologiesは1976年以来、最高品質のサービスを提供し、価値を創出することで、企業や組織が市場投入までの時間を短縮できるよう支援してきました。また、当社はこの価値をモバイル、クラウド、分散型、そしてメインフレームなどの多様な環境でご提供することができます。

当社には、お客様の企業全体における生産性の推進、ユーザー・エクスペリエンスの差別化、そして新たな成長機会の開拓を実現するソフトウェアとソリューションを開発・提供してきた長い歴史があります。

お客様からIT変革における重要なパートナーとして認識されるよう、CAは世界中の企業と協力して、人々の生活、そして取引や通信の方法の改善に取り組んでいます。CAのソフトウェアにより、お客様は企業の成長を駆動し、アプリケーション・エコノミーにおいて優れた機会を獲得することが可能となります。

2016年

エシスフィア・インスティテュートの「世界で最も倫理的な企業」に選出されました。2016年の米国大統領選挙を追跡するCNN Politicsアプリ開発では、CAのソリューションが推進力になっています。

2014年

IDG発行のComputerworld誌で発表された2014年の「職場環境が良い米IT企業のトップ100ランキング」にCA Technologiesがランク入りしました。

SaaS型ITサービス・マネジメントをCAクラウド・サービス・マネジメントとして再定義しました。

インドのバンガロールに新しいCAインド・テクノロジー・センターを開設しました。

2013年

マイク・グレゴアが最高経営責任者に任命されました。

STEM学習(科学・技術・工学・数学振興)の支援を目的として、セサミワークショップに100万米ドルを寄付しました。

SaaS型サービス・マネジメントを進化させて、CA Nimsoftサービス デスク7を発表しました。

CRNが発表する「優れたクラウド企業」リストの上位20にCA Technologiesがランク入りしました。

2013年のSC賞で「ベスト・アイデンティティ・マネジメント・アプリケーション」賞を授与されました。

常にアプリケーション・デリバリとセキュリティのリーダーとして評価されてきたNolioとLayer 7 Technologiesを買収しました。

CA Nimsoft Monitor Snap無料版の提供でITマネジメント市場に新風を巻き起こしました。

CAシリコンバレー・テクノロジー・センターを開設しました。

2011年

フォーブス誌の選出による2011年の「全世界で最もイノベーティブな会社100選」にCA Technologiesがランク入りしました。

CA TechnologiesはTorokina NetworksとBase Technologiesを買収しました。

プライベート・クラウド・インフラストラクチャ・サービスへの継続的な投資の一環として、CA TechnologiesはEMC、Cisco、VMware、Intelの合併事業であるVCE(Virtual Computing Environme)とグローバルな戦略的提携を結びました。

CA ecoSoftwareがグリーンIT誌から「最優秀エネルギー賞」を授与しました。

2010年

IT環境の管理と確保、およびお客様へのより柔軟なITサービス提供におけるコミットメントを示すために、CA Technologiesは新しい社名を発表しました。同社の年次顧客カンファレンス「CA World 2010」で、会社のブランド名と社名を「CA Technologies」へと変更したことを発表しました。

CA Technologiesはウィリアム・E・マクラッケンを最高経営責任者に任命したことを発表しました。2009年9月以来、経営執行役会長を務めてきたマクラッケンは、最高経営責任者と取締役会長の両役職を担うことになります。

アーサー・F・ウェインバックがCA Technologiesの非常勤取締役会長に任命されました。

クラウド・コンピューティングにおけるCA Technologiesの役割を大幅に拡張するため、3Tera®、Nimsoft、4Base Technology、Hyperformixを買収しました。さらに、サービス・レベル・マネジメント(SLM)ポートフォリオを強化するためにOblicoreを、認証と不正行為防止機能を向上するためにArcotを買収しました。

CA Technologiesはニューズウィーク誌から最も環境にやさしい米国企業トップ50の一社に選定されました。その他、ビジネス・ソリューション誌のベスト・チャネル・ベンダー、ITリセラー誌のプログラマーズ・パラダイスの「年間最優秀パートナー」、TSIAスター賞(Technology Services Industry Association (TSIA) STAR Awards) の「付加価値の高いサポートのベストプラクティス」分野で「年間最優秀企業」、そして2010年秋のTSIAスター賞の「最優秀イノベイティブ・サポート」賞の受賞など、数々の受賞歴があります。

CA TechnologiesはビジネスとITの「ソート・リーダーシップ」に関する書籍を市場に発信する新しい出版ベンチャー「CA Press」を発表しました。

2009年

CAは、世界をリードする独立系ITマネジメント・ソフトウェア・ベンダとして、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント、Webアクセス一元管理、アイデンティティ/アクセス管理、ユーザ・プロビジョニング、レコード・マネジメント、ジョブ・スケジューリング、データ・ディスカバリなどの分野において、大手調査会社のレポートで、「リーダー」のポジションを獲得しました。

CAは、顧客企業によるエネルギー利用の管理、自然資源消費の削減、エネルギー・コストの低減を支援する革新的なエネルギー/持続可能性ソリューションを発表しました。

CAは、物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応した信頼性・柔軟性に優れ、コスト効率の高いITと業務サービスの充実を図るため、NetQoS社を買収しました。

CAは、仮想化管理、セキュリティ、コンプライアンス、アプリケーション性能管理の分野において「リーダー」のポジションを強化するソリューションを提供しています。同時に、顧客体験の可視化の実現、プロセスの自動化、リソース活用の最大化のためのソリューションを発表しました。

2008年

CAは、ガートナー社やフォレスター社などの米国独立系調査会社から、複数のIT管理市場セグメントの「リーダー」として位置づけられています。

CAは、仮想化の事業価値を最大化するエンタプライズIT管理ソリューションの統合製品群を発表しました。大企業顧客やクラウドコンピューティング・プロバイダー各社は、同製品群の導入により、ITの機敏性とサービス品質の向上、効率の向上、ITのリスクや事業のリスクの低減を促進することができます。

CAは、最大の独立系メインフレーム・ソフトウェア・ベンダーとして、メインフレームの管理手法を変革するプロジェクト「Mainframe 2.0」を発表しました。

CAは、研究開発、技術サポート、ITインフラストラクチャ管理、アプリケーション開発、コンサルティング・サービスなどのチームの拡張に対応するため、インドのハイデラバードにある「インディア・テクノロジ・センター(ITC)」に3000万ドルを投資して、研究開発施設を増設する計画を発表しました。

コーポレート・ガバナンスに対する持続的活動をサポートするため、CAは企業の持続可能性に関する「Connected」と題するグローバルな調査報告書を発表し、環境と持続可能性を考慮しつつ企業を成長させる取り組みを今後も継続する決意を示しました。

2007年

CAは、顧客ニーズに応えるため、メインフレーム事業部門を立ち上げました。

CAのテクノロジ・ビジョン“EITM”(Enterprise IT Management)戦略をビジネス・イニシアチブに整合させる革新的な“統合化サービスモデル”を開発し、ビジネスの成長に貢献できるITを実現するソリューションを提供し、企業がITでガバナンスを実践し、マネジメントを強化しながら、セキュリティを確保する方法に革新をもたらしました。

CAは、インドのハイデラバードに最新設備の「インディア・テクノロジ・センター(ITC)」をオープンしました。

2006年

社名をCA, Inc.(シー・エー・インク)に正式に変更し、 CAの強み、すなわち、IT環境の統合(Unify)と簡略化(Simplify)を表現する為、 スローガンに"Transforming IT Management"(ITマネジメントの未来を変える)を掲げています。

2005年

事業の業績を向上させるために確実な方法で企業全体のITの管理を統一および簡略化させる、というCAの将来のITのビジョン、エンタプライズITマネジメント(EITM)を発表しました。

2004年

CAは、ルイス・S・ラニエリを重役会長に、Vivendi Universalの前会長兼CEOのケネス・D・クロンを仮CEOに、Compaq Compの前最高財務責任者であるジェフ・クラークを最高執行責任者兼最高財務責任者に任命して、重役会と経営陣を増強しました。

2003年

CAは、新しい究極のISO認定であるISO 9001:2000を受けました。世界中の事業運営にわたり、1つのシステムを使って品質を管理する唯一の企業となっています。

2002年

26年間CAのCEOを勤めた、創業者のチャールズ・B・ワングが退職しました。

2001年

品質への取り組みを象徴するように、CAは、ISO 9002グローバル認定の厳格な基準を満たした最初で唯一のエンタプライズ開発業者となりました。

CAは、パーソナライズされた複数のワークプレースを特徴とする、初のマルチプラットフォームエンタプライズポータルを発表しました。 現在、ポータルソリューションはCleverPath製品ファミリの1つとして販売されています。

1996年

CAは、Cheyenne Software Incを買収し、エンタプライズストレージ製品を強化しました。これは現在、BrightStor製品ファミリの1つとして販売されています。

その結果、CAは最初で唯一のエンドツーエンドのストレージ管理ソリューションを提供することになりました。

1995年

グローバルプレゼンスを強化するために、CAは極東、アフリカおよびラテンアメリカへ事業拡張しました。

1993年

CAは、UNIX向けUnicenterのラウンチによりオープンシステムのためのシステム管理、セキュリティ管理およびストレージ管理を提供する最初の会社になりました。

1992年

Unicenterが、クロスプラットフォームでのセキュリティ管理、ストレージ管理およびUnixのスケジューリングを実行する、最初のソフトウェアソリューションとなりました。

1989

CAは、10億万ドルの収益を達成した最初のソフトウェア会社となりました。

CAは、すべてのマルチプラットフォームのエンタプライズソリューションに対して統合開発戦略を提供するために設計されたソフトウェアアーキテクチャである、CA90sを発表しました。

1985

CAは、フラッグシップシステム管理ソフトウェアであるUnicenterを発表しました。現在でもCAはこの市場のリーダーとなっています。

1984

CAは、初のリレーショナルデータベース管理および応用システムを発表しました。これは現在、Advantage製品ファミリの1つとして販売されています。

1983

CAは、初のエンタプライズセキュリティ管理ソリューションを発表しました。これは現在、 eTrust製品ファミリの1つとして販売されています。

1981

CAは、最初の株式上場で、320万ドル以上に相当する、500,000株を販売しました。 その後、ニューヨーク株式取引所に上場されることになっていました。

1977年

互換性と統合に継続的な重点を置く前触れとして、CAは、マルチプラットフォーム製品を提供する最初のエンタプライズソフトウェア会社となりました。

1976年

素晴らしいことを実現するためのアイデアがありました。数人の同僚とともに、チャールズ・B・ワングは、ニューヨークを本拠地とするコンピュータ・アソシエイツ・インターナショナル・インク(CA)を創立しました。

CAは最初の製品、CA-SORTを発表しました。これは、OS/390市場に完全機能ソート、マージ、およびコピー機能を提供するものでした。

TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing