{{search ? '閉じる':'検索'}}

【CA World 2014】2日目の基調講演でソフトウェアが支える将来像を提示


本資料は、2014年11月11日にCA World 2014にて米CAが発表した情報の抄訳です

(2014年11月11日、ラスベガス CA World 2014発)
CA Technologies (本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)が開催するCA World 2014 2日目において、エンタープライズ・ソリューションズ&テクノロジー担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントAmit Chatterjeeが、世界中から参集した多数の顧客とパートナーに向けて基調講演を行いました。

企業の競争力と成功は今やソフトウェアによって決まる

ソフトウェアの利用にその将来を託す企業が同業他社に打ち勝つと指摘するChatterjeeは、アプリケーション・エコノミーについて理解している企業が手にすることができる膨大な機会について語りました。

「まさにソフトウェア時代の幕開けです。エンタープライズ・ソフトウェアはその根底から変わろうとしています。もはやパッケージ・アプリケーションを語るときではありません。ワン・サイズですべてが賄われます。それは、既存のアプリケーション、企業が保有しているデータ、そして新しいコンテンツを取り込み、さらに個々のニーズを満たし、企業の力となるカスタマイズされたアプリケーションを作成することなのです。」

「自社の未来にとって原動力となるソフトウェアを使用している企業は、収益が増大しています。各社の部門長に彼らの最優先事項を挙げてもらったところ、94%の回答者が新しい強力なアプリケーションの立ち上げが欠かせないと回答しています。何故なら、商品を届けることができれば、それが自社の成功に貢献することになるからです。」

新しい破壊的な力がアプリケーション・エコノミーにおける企業の競争力を定義する

世界中でアプリケーションが満ち溢れる状況の中、新しい破壊的な力の出現によって企業がテクノロジーを利用して競争優位を築く手法に変革がもたらされることになります。Chatterjeeは基調講演の中で、それらの力、それらが提示する課題、それらが企業にもたらす潜在的で膨大な成長機会について語りました。

1.    Unwired Enterprise(アンワイヤード・エンタープライズ)
「今から5年ほど前から"Internet of Things"(モノのインターネット)という言葉が聞かれるようになりました。今、それが次のレベル(パラメータも、オンオフ・スイッチも、ログオンやWi-Fiへの接続も不要なレベル)に進んでいることに気がつき始めています。常に接続している時代の到来が、機会の拡大をもたらします。」

「BYODの動きとそれがもたらした痛みを思い出しましたか? たしかに、『アンワイヤード・エンタープライズ』は対数的に複雑さを増大させるでしょう。生み出されるデータ量はあっという間に膨大になるでしょう。ネットワーク上を驚異的なスピードと量でデータが流れ、組織の中にデータの渦が生まれ、インフラストラクチャには巨大な圧力がかかるようになるでしょう。」

2.    周囲を取り巻くデータ
「『アンワイヤード・エンタープライズ』では、データはもはやモバイル端末、クラウド、あるいはサイロや構造化データベースには存在しなくなります。データは単にそこに存在し、自分でコントロールできる範囲内外のソースから次々と生み出されます。企業が捕捉し変換する必要があるデータ量は60億テラバイトにも達します。」

「この成長の結果、もはや1つの巨大なデータ・リポジトリを保有するという状況ではなく、それをいくつも持つことになります。今日、当社のソフトウェア・ラボには新しい強力なソリューションを開発するエンジニア・チームがいくつも存在し、異種混在のビッグデータをより良く管理する手段を提供しようとしています。」

3.    API組み立て式アプリケーション
「我々は今や、パッケージ・アプリケーションは重要ではなく、一時的なアプリケーションが必要に応じて自動的に素早く構築される、そんな世界に入ろうとしているのです。APIを使用してこれらのアプリケーションを組み立てる方法により、我々は市場の需要に応え、新たなビジネス機会を切り開くことができるようになるでしょう。」

「社内のシステム間に存在するデータを使ってアプリケーションを構築する必要があります。自社のインフラストラクチャを超えて存在する自由に流れる情報に加えて、ソーシャル・ネットワーク、検索エンジン、パートナー・アプリケーション、その他利用可能なデータ全てです。APIが統一のためのプラットフォームとなり、これによって、アプリケーションを短期間で効果的に生み出し、新たな体験を促進し、新しい収益ストリームを切り開き、アプリケーション・エコノミーの未来が築かれます。」

「CAは、貴社が今日、そして将来に必要としている能力を提供します。」

「明日が来ることは疑いようのない事実であり、これまでにない発展とイノベーションがそこにあります。運命には逆らえません。まったく新しいカテゴリと市場のリーダーが生まれるでしょう。そして、それは今、皆様が行っていることによってすべて実現するのです。CAはいつでも皆様のお力になります。我々はアプリケーション・エコノミーのあらゆる環境とエコ・システムに渡って明日を実現するツールを開発しています。この部屋におられるすべての方が今日の機会を掴むことができるよう、皆様のイノベーションのお力になりたいと願っています。」

Chatterjeeはまた、CA Worldにて発表されたDevOps、セキュリティおよびマネジメント・クラウド関連のソリューションについても言及しました。これらのリリースはCAホームページですべてご覧いただくことができ、CA World 2014にて展示されています。

本基調講演の再生映像をご覧いただくためには、ご登録をお願いします。

CA World 2014は11月10日~12日までの間、ラスベガスのマンダレイ・ベイホテルで開催されました。会場では、アプリケーション・エコノミーにおいて企業が競争優位を築くために欠かせない、DevOps、セキュリティ、およびマネジメント・クラウド関連の画期的なソリューションが展示されました。

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<http://www.ca.com/us.html>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/ca_japanをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ