{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Technologies、 エンタープライズ・モビリティ管理ソリューション「CA Enterprise Mobility Management」を発表


BYOD、COPE、CYODを現実のものにする包括的エンタープライズ・モビリティ管理ソリューションを日本市場に新規投入

(2015年2月10日、東京発)

CA Technologies(東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、エンタープライズ・モビリティ管理ソリ ューション「CA Enterprise Mobility Management (CA EMM)」を日本国内で販売開始することを発表します。

CA EMMはモバイル端末に必要とされる管理機能(デバイス管理、アプリケーション管理、コンテンツ管 理、Email管理)を包括的に提供するソリューションです。顧客は、CA EMMの中から必要な機能だけを 選択することもできるため、すでに使用している類似製品と組み合わせて使用することが可能です。また、 本製品を既存のセキュリティ・ソリューション「CA Single Sign-On」と連携することで、モバイル・アプ リケーションからクラウド・プロバイダーへのフェデレーションやイントラネットへのアクセスを安全か つシームレスに繋ぐことが可能になります。

モバイル端末の従来の利用用途は、メールやスケジュール管理が中心で、外出先での使用が主な目的となっていました。 しかしながら、今日ではアプリケーション・エコノミーと呼ばれるほど、多くの機能的で魅力的なアプリケーションが存在し、 企業でも独自アプリが開発されるようになり、モバイル端末の利用シーンも企業内の一部から企業全体へと広い範囲での 使用が検討されています。このような状況においては、従来のようにモバイル端末を管理するだけでなく、より柔軟性の高 いモバイル管理ソリューションが必要になります。

CA EMMが提供する包括的な管理機能は、企業が求めるモバイル全体の管理に対するニーズに合致し、BYOD(Bring Your Own Device:自身のデバイスを持ち込む)やCOPE(Corporate Owned, Personally Enabled:会社支給のデバイ スだが個人使用もできる)、CYOD(Choose Your Own Device:会社指定のデバイスの中から自分のデバイスを選ぶ)の実 現、推進をサポートします。

本日発表の「CA Enterprise Mobility Management」 は4つの製品群で構成されています。製品概要は下記の通りです。

CA Enterprise Mobility Management

  • CA Mobile Application Management (CA MAM): モバイル・アプリケーションに対しアクセス・ポリシーや使用条件 等を定め管理することが可能です。独自技術であるラッピング方式はモバイル・アプリケーションだけでなく、Webサイトに も適応可能であり、URLのポリシーを設定することができます。
  • CA Mobile Content Management (CA MCM): ポリシー・ベースでドキュメントを管理し、ユーザーがドキュメントを不正 にコピー・ダウンロードする行為を制御することができます。
  • CA Mobile Email Management (CA MEM): 企業電子メールへのセキュアなアクセスや、機密メールなどを保護するグ ループおよびポリシー・ベースの制御をします。
  • CA Mobile Device Management (CA MDM): モバイル・デバイスのプロビジョニングやセキュリティの確保、管理を行い ます。また端末登録時にモバイル・アプリケーションを自動的に配信します。

ライセンスモデルは、一人あたり2台以上のモバイル端末を保有する昨今の現状を踏まえ、端末数での課金モデルではなく、ユ ーザー単位での課金モデルを採用しているため、コストを抑えることが可能になります。

◆ 出荷開始日:2015年2月10日

◆ 参考価格(税抜)

  • CA MAM
  • ◆ オンプレミス: 7,800,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

    ◆ サービス:サブスクリプション 3,432,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

  • CA MCM
  • ◆ オンプレミス: 11,700,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

    ◆ サービス:サブスクリプション 5,148,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

  • CA MEM
  • ◆ オンプレミス: 10,920,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

    ◆ サービス:サブスクリプション 4,836,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

  • CA MDM
  • ◆ オンプレミス: 11,700,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

    ◆ サービス:サブスクリプション 5,148,000円/年~(1,000ユーザーの場合)

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおい て企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。 プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・ クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもた らしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<www.ca.com>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp/default.aspx> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/#!/ca_japanをご覧ください。 

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing