{{search ? '閉じる':'検索'}}

【CA World 2015】 CA Technologies、新たなDevOpsポートフォリオでソフトウェア開発サイクル全体における課題を解決


新たなAPI管理ツールでアプリ開発期間を短縮し、業界初のモニタリング機能を提供

本資料は、2015年11月18日にCA World 2015にて米CAが発表した情報の抄訳です

(2015年11月18日、ラスベガス CA World 2015発)

CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は本日、短期間の開発・試験に加えて、より深いネットワーク可視性を通じてビジネスのアジリティと競争優位を促進する新製品をCA DevOpsポートフォリオに追加したことを発表しました。

新しいCA API Management製品は、APIやモバイルアプリの開発を加速させ、CA Service Virtualization(現在はMicrosoft® Azure™ Marketplace 経由で入手可能となっている)はアプリケーションのシミュレーションと試験を合理化します。この包括的なポートフォリオには、有機的に開発された2種類のモニタリング・ソリューションも含まれています。ひとつはCA Virtual Network Assurance。動的な仮想ネットワークとレガシー・インフラストラクチャに対する保証を業界で初めて業務チームに提供するものです。もうひとつはCA Unified Infrastructure Management for z Systemsで、モバイルからメインフレーム・システムまで網羅する包括的なサービスの可視性をひとつのビューで提供する唯一の統合インフラストラクチャ管理ソリューションです。

ソフトウェア開発のライフサイクル全体にわたるエンタープライズ組織独特の要件を解決するこれらのソリューションにより、開発、試験、運用、および業務の各チームは、そのエンタープライズDevOpsの手法を問題なくスケーリングし進化させることができる一方、組織的および理論的に難しいDevOpsへの移行プロセスを容易化します。

CA Technologies DevOps担当 ジェネラル・マネージャー   Mike Madden
今日、DevOpsで優れた実績をあげている組織を持つ企業は、将来のデジタルの世界でリーダーとなるのは明らかです。CAは、高品質のソフトウェアのイノベーションとサービスの継続的提供を駆動するこの拡張され強化されたポートフォリオによって顧客がそのデジタル・トランスフォーメーションを加速できるようコミットし続けています。

企業がDevOpsを採用してアプリケーション・エコノミーにおけるアプリケーションとITサービスの配信を加速させようとする傾向は依然として持続しています。CAの委託で実施された新しい調査により、DevOpsの実装者は新アプリの市場投入期間を24%短縮し、新アプリの配信コストを29%削減したことが明らかになりました。

開発、試験、運用を加速させる使いやすいソリューション
CAは、API Managementポートフォリオに、APIの所有者とモバイルアプリの開発者が製品の市場投入期間を短縮し、アプリ開発プロセスを加速させるための新機能を追加することを発表しました。そのうちのひとつはCA Live API Creatorで、データの値を瞬時にアンロックし、APIをデータベースへのシームレスなアクセスにより短時間で作成できるようにしてくれます。もうひとつはCA Mobile App Servicesで、コアモバイルアプリやIoTのバックエンド機能(ユーザー管理や信頼性の高いメッセージングなど)を短期間で開発できるようにするソフトウェア開発キットとオープンAPIを備えています。これらによって、開発者は複雑なバックエンド・コードを作成する代わりに、魅力的なモバイルアプリのインターフェイスの作成に集中することができます。さらに、新たなビジネス・アナリティクスによってAPIのパフォーマンス・レポートが得られるため、企業組織は開発しているAPIが経済的に成功するかどうかを、売上ベース(APIのマネタイズ)あるいはAPI利用量ベースで評価することができます。CA API Managementポートフォリオへのこれらの新しい追加機能により、開発者の作業がシンプルになるとともに、APIの作成・展開からモニタリング、分析、そして廃止までに至るAPIのライフサイクル管理プロセスが改善されます。

開発・試験チームは、CA Service VirtualizationをMicrosoft Azure Marketplaceで入手できるようになり、Azure認定のホスト型仮想マシン上に完全にインストールし、時間単位で購入することができるようになっています。チームは、CA Service Virtualizationへの即時のオンデマンドでのアクセスが可能であるため、アジリティを維持し継続的にプロジェクトを推進していくために必要とする制約のある、あるいは利用不能なシステムやサービスをシミュレートすることによって、開発遅延を回避することができます。

Microsoft Cloud + Enterprise Partner Marketing責任者   Bob Baker氏
Microsoft AzureでCA Service Virtualizationが入手できるようになったことを歓迎します。当社のMicrosoft Azure Marketplaceはこれで、Microsoft Azureに事前設定済みの何千もの認定、オープンソース、およびコミュニティのソフトウェア・アプリケーションが手に入る選り抜きのオンライン・ストアとなりました。開発者やテスト機関では、現在使用しているAzureクラウド・ベースのアプリケーション試験プロセスを最適化できるもうひとつのソリューションにアクセスが可能となったのです。

CA Unified Infrastructure Management for z Systemsは、メインフレームと分散型システムにまたがり統一ビューを提供して問題解決を加速します。この包括的な視認性機能を提供する唯一のベンダーとして、CAは顧客がエンドユーザ・エクスペリエンスを向上させ、また増大を続けるメインフレームとモバイルをつなぐアプリをサポートする、収益性の高いシステムのダウンタイムを低減できるよう支援します。

BHI USA IT Infrastructure担当 アシスタント・バイス・プレジデント  Scott Brod氏
CA UIM for z Systemsで我々は、メインフレームと分散型環境におけるインフラストラクチャのパフォーマンス上の問題をひとつのビューで素早く特定し診断できるようになります。このため、当行のメインフレーム専門家を会社の事業にとってより重要な業務に集中させ、最終的には事業の成長に貢献してもらえるようになるため、結果的に費用の節約が実現されることになります。

ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)の技術は、次世代の電気通信、データセンター、エンタープライズ・ネットワーキングにおいて不可欠な役割を果たすことになりますが、その一方で、ネットワークの視認性や計画策定を大幅に複雑化させ、アプリケーションのトラフィック・パフォーマンスに脆弱性をもたらします。

451 Research バイス・プレジデント  Jennifer Clark氏
SDNとNFVの実装は複数のデータセンターと複数のネットワークに拡大するため、オペレータはその仮想化インフラストラクチャの最も戦略的なコンポーネントとしてネットワーク(およびサービス)のオーケストレーションを受け入れることになるでしょう。(*)

CAのAgile Operationsソリューションの最新の追加コンポーネントであるCA Virtual Network Assuranceは、運用チームが視認性を確保し、セルフサービス駆動型の動的ネットワークの信頼性を維持できるよう考慮された唯一のSDN/NFV Assuranceソリューションです。CA Virtual Network Assuranceは、仮想および物理ネットワーク・スタックにまたがる動的な変化を単一ビューで確認できるよう視認性を向上させており、これによってパフォーマンス、生産性、アジリティを向上させつつ、新しいサービスの展開を加速します。

*451 Research: 「Orchestration and OSS: Beauty, Meet Beast」 2015年9月16日発行。

リソース
追加情報、画像等に関しては、CA Worldオンライン・プレスルーム(英語)をご覧ください。

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<www.ca.com>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/#!/ca_japanをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing