{{search ? '閉じる':'検索'}}

【CA World 2015】 CA Technologiesの CEO、ビジネス・リーダーに 破壊的イノベーションの活用を呼びかける


ソフトウェアの時代にビジネスのアジリティと成長を顧客にもたらすことが可能に

本資料は、2015年11月18日にCA World 2015にて米CAが発表した情報の抄訳です

(2015年11月18日、ラスベガス CA World 2015発)

CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は本日、CA World 2015の基調講演において、今日のビジネス環境におけるイノベーションの変化の速さに焦点を当て、急速に変化を続ける世界との関係を維持するためには顧客企業がその事業の基本的な組織原理としてソフトウェアを活用することが必要であると述べました。

新世界での課題はスピード

「企業はイノベーションの波を、目の前を過ぎ去ってしまう前に正しく読み取り、活用するようソフトウェアを利用することが肝要であり、『アプリケーション・エコノミー』において、企業には、アジャイル(俊敏)であること、アプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を使用すること、DevOpsを実装しセキュリティに大きな投資を行うことが求められます。イノベーションの波を捉え、破壊的イノベーションの力を引き出すことで、新しいデジタルの世界で最速のソリューションを提供できる人々が、繁栄するのです。」

「パーソナル・コンピュータが出現したのは1973年、そして最初のインターネット・ブラウザが現れたのは1993年で、その間15年が経過しました。そして、インターネット・ブラウザからFacebookまでは9年しかかかりませんでした。この「圧倒的な技術革新」の速度はさらには加速されています。最初のスマートフォンの登場は2000年代の中頃でした。それからわずか5年でシェアリング・エコノミーが現れました。このような波には、それがヒットする前に乗らなければなりません。そうでなければ時代に取り残されるリスクを抱えることになります。この波に乗ることができるチャンスの時間は益々短くなっているのです。歴史書には、かつて一時代を築いた大企業が、圧倒的な技術革新の速度を見誤った物語にあふれています。今日の技術革新はきわめてオープンであり、さらに急速に進みます。それは比例したペースで拡散していきます。」

組織の原則としてのソフトウェア

グレゴアは、「技術革新の力、結合力を取り込み、それをより良い製品やサービスに転化するにはどうしたらよいのでしょうか?」という問いに対して、「ソフトウェアだ」と強調して答えました。

「ソフトウェアは単なる技術製品ではありません。ソフトウェアは皆さんの組織における基本的な原則となるのです。ソフトウェアにはイノベーションと成長を促すレバーとなる能力があります。ソフトウェアは拡大縮小が可能であり、摩擦を減らし、スピードを促進します。ソフトウェアはまったく新しいビジネス・メソッドを生み出します。」

アジャイルの力

デジタル化による変革(デジタル・トランスフォーメーション)の重要な一つとして、CA Technologiesはアジャイル開発に大きな期待を寄せています。

「当社ではアジャイルが成功のための中心的存在であると考えています。それは開発者のみならず、すべての企業が今日のアプリケーション・エコノミーで成功するために必要と見ています。アジャイルはデジタル・トランスフォーメーションの中心なのです。」

CAのフォーカスと戦略的アプローチの刷新

グレゴアは、HBOから最高技術責任者としてオットー・バークスを、シスコから最高製品責任者としてアイマン・サイードをそれぞれ戦略的に招聘することによって業界をリードする製品提供へのフォーカスを刷新したことを詳しく説明しました。

「今日、アナリストは競合他社と競っている多くのカテゴリーで当社の製品をリーダーと位置付けています。我々は研究開発にかける投資を増大させていますが、それと同時に、現行の保有ソリューションを強化するために最良の技術を買収によって手にしてきました。これによって得られた前進には強い誇りをもっていますが、しかし満足しているわけではありません。ゲームはまだまだ続きます。顧客サービスの向上の努力に最終ゴールはありません。」

CA Worldにおいて、CAはDevOps、アジャイル管理、セキュリティ、およびメインフレームまでそのポートフォリオに新たな製品や機能強化を発表しましたが、その内容は、顧客が俊敏な事業運営を行い、デジタル化による変革のペースを加速させることができるよう支援するソリューションを提供しようとするCAの意気込みを反映したものです。

基調講演に続いて、グレゴアは特別ゲストであるファリード・ザカリア、スティーブン・コトラー、ピーター・ディアマンディスの各氏とともにステージ上で破壊的イノベーションとそれが今日の世界にもたらす影響につい公開討論を行いました。基調講演のライブ映像またはその録画をご覧いただくには、こちらに登録をお願いします。

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<www.ca.com>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/#!/ca_japanをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ