CA Technologies、アジア・パシフィック・ジャパン地域において、企業は迅速 なデジタル・ビジネスへの変革が重要であると強調


~APJメディア&アナリスト・サミットにおいて企業が今日のアプリケーション・エコノミーで成功する要因を発表~

CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は本日、CA Technologiesのアジア・パシフィック&ジャパン地域(APJ)プレジデント兼ジェネラル・マネージャであるケネス・アレドンドが、CA Technologies APJメディア&アナリスト・サミットにおける基調演説の中で、今日のデジタル化が進む世界においては最も力が強く最も革新的な企業のみが生き残ると述べました。このメッセージは本会議の基本的なメッセージとして発表され、他の講演者や業界の専門家からも賛同を得ました。

代金の支払いから健康状態の管理、映画チケットの予約にいたるまで、ほぼすべてのことをスマートフォンやタブレットなどのデバイスで簡単に済ませることができるようになりました。今日アプリケーションは進化し続け、シームレスな取引を実現し、多くのビジネスにとって主要な顧客接点となっています。このデジタル化された世界をCAではアプリケーション・エコノミーと呼んでいます。

アプリケーション・エコノミーが世界的な広がりを見せており、特にAPJでは広く普及していることを強調しつつ、アレドンドは企業がいかにイノベーションのスピードと破壊のスピードを合わせ、厳しい時代の中で変革し成長する機会を活かすべきということを説明しました。

APJの厳しい状況下でチャンスをつかむ
経済の不確実性は2016年も続くと見られていますが、APJには見過ごすことのできない明るい兆しが見受けられます。アレドンドは、APJが力強い若年人口を含む世界人口の半数以上を抱えているという面で成長の可能性があり、今後もいかにグローバルの成長をけん引するリーダーであり続けることができるかについて次のように述べました。

「今日のデジタル化された世界は、クラウド、モビリティ、ビッグデータ、IoTなどの魅力的な将来を構築できる革命的な技術が重なり合うことによって形成されています。デジタル・トランスフォーメーション(デジタル化による変革)を早いうちに受け入れなければならないという意識はますます強まり、政府やビジネスリーダーは新たな現実に適応する世界において、変革し成長することを可能とするために、自らの議題に上げるまでになっています。」

「ディスラプター(創造的破壊者)となるのは新しい企業やスタートアップだけではありません。創造的破壊は生産性を向上させる新しい手段を模索している企業で起こります。デジタルの進化はすでに起きています。歴史的に見ても、企業が次の革新の波に乗ることは非常に重要です。特に、この波に乗ることができるチャンスの期間が短ければ、乗り遅れはリスクになります。これまで数十年にわたり市場を支配してきた業界でも、この流れに乗るか飲まれるかの重大な岐路に立たされています。」

現在の複雑なビジネス状況において、企業は俊敏かつ革新的で、経済的に健全でなければなりません。このことは、今回のサミットでも重要な要素として強調され、企業がアイデアを素早く生み出し、新しい製品やサービスをいち早く市場に投入し、ビジネスの成長に合わせて経営を容易に拡大するために必要なことです。

今日のアプリケーション・エコノミーにおけるCAの戦略的アプローチ
アレドンドは、CAが顧客のデジタル・ビジネスへの変換を支援するソリューションのポートフォリオをいかに設計しているか示しました。

「ソフトウェアはこれまで数十年間存在しています。しかし現在、ソフトウェアの見方は変わり、単なる技術製品ではなくなりました。ビジネスやITのリーダーは、ソフトウェアを企業の基本的な組織化の原理として扱う必要があります。これはソフトウェアによって成長することが可能となり、摩擦の軽減、ビジネスの加速化、反復可能な自動化された取引を実現できるためです。ソフトウェアはこのレベルで利用されることで、ビジネスモデルを革新、成長させ、特に重要な全く新しいビジネスモデルを作ることを可能とする手段となります。私たちはAPIに注力し、DevOpsの実装、セキュリティへの投資、そして真にアジャイルとなることで、今日のアプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネスを保護、進化、成長させることを支援しています。」

今回のサミットでは、第1回CA Technologies (APJ) Application Economy Index (AEI) 2016も公開されました。本調査では今日のデジタル化された世界において、成功を収めるためのAPJ10カ国の対応力を明らかにしました。ランキングではシンガポールが首位となり、オーストラリアと韓国が続く結果となりました。しかし将来的な市場潜在力の促進要素に基づく結果では、中国、インド、インドネシアがこれらの国を抑え、上位にランクインしました。本調査の詳細はこちらをご覧ください。

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<www.ca.com>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/#!/ca_japanをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ