{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Technologies、スケーリングに対応した CA Agile Centralをより使いやすく、強力に


~ユーザーの管理作業時間を短縮し、より重要なタスクへの集約が可能に~
本資料は2016年11月16日 CA World'16にて米CAが発表した情報の抄訳です

(2016年11月16日、ラスベガス発 ― CA World '16)
CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は、SaaSプラットフォーム専用の先進的なスケーリングに対応したアジャイル・プラクティス、CA Agile Centralの最新版をリリースしました。今回、新しく追加された機能により、開発チームは戦略を素早く実行に移し、企業全体の敏しょう性を向上させ、顧客価値を創出するまでの時間を短縮することができます。

CAの後援によりColeman Park Research社が実施した調査によると、高度なアジャイル・プラクティス(アジャイルのスケーリングや企業全体における変革)を採用すれば、従来よりも良好な結果が得られということが明らかになりました。例えば、敏しょう性、成長、顧客フォーカス、運用効率などのカテゴリにおける事業への影響は33% 上昇したという結果が示されています。複数のチームやプログラムにまたがる作業を調整するよう設計されているCA Agile Centralには、今回のアップデートによってパーソナル・ナビゲーションやクイック・ディテールなどの機能が追加されました。ユーザーが日々の業務に最も関連している情報に素早くアクセスし、企業の幅広い戦略を考慮して調整するための中核的能力を維持し、企業内でのアジャイルの採用や適応をよりスピードアップさせます。

CA Technologies Agile Management 担当 ゼネラル・マネージャ Angela Tucci
スケーリングが可能なアジャイル環境で成功するためのカギは、従業員に権限を与えることです。CAが提供するツールによって、彼らは仕事を素早く効率的に行いつつ、それが事業戦略全体と統合されていることを理解できます。これまで企業は、企業対応のアジャイル・プラットフォーム、又はチーム・レベルの機能に特化した軽量ツールのどちらかの選択を常に迫られていました。しかし今後は、CA Agile Centralによって両方の選択が可能となるため、企業は使いやすさを重視した機能を諦める必要はなくなるのです。

CA Agile Centralはチームのハブとなり、チーム・メンバーが協働で業務の計画、優先順位設定、追跡を行います。新たに追加されたパーソナル・ナビゲーション機能は、最も頻繁にアクセスされるページを簡単に発見し使用できるようにすることで(滅多に使用されないページはバックグラウンドに移動)、ユーザーと遂行する業務との間の距離を縮めます。また、新しいクイック・ディテール機能は、ユーザーがその業務をサポートする最も重要な情報へのアクセス方法やその情報の使用方法を効率的にします。このため、ユーザーは現在作業中のページを離れることなく、そのコンテキスト内で作業項目のすべての関連詳細事項を更新することができます。また、ユーザーは自身およびチームにとって最も重要なフィールドへ簡単にアクセスできるようカスタマイズすることができます。

DigitalGlobe Geospatial Could Services担当 リリース・トレイン・エンジニアJen Provance氏
タスク管理について毎週実施されるチーム会議で共有したり、個人で日々管理したりする方法を取っていますが、パーソナル・ナビゲーション機能とクイック・ディテール機能を利用することで、現在のタスクの最も重要な情報を簡単にチームで共有できます。わたしの場合、チームだけでなく主要な関係者を召集して複数の会議を行っています。そのような場合でも議論したい項目をクリックするだけで、議論の流れを切ることなく、必要な情報を見ることができるので、とても便利です。たいていの場合、クイック・ディテールのビューを通して質問に答えるだけで会議が進んでいきます

CA Agile Centralのその他の追加機能を以下に示します。

  • 拡張フィルタリング/保存ビュー: クイック・フィルターと強力な拡張フィルターにより必要なものを簡単かつ正確に検出。ユーザーは後で簡単にアクセスできるようフィルターを保存・共有することができます。
  • ウェブフック(Webhook): CA Agile Centralでデータが変更されたときにトリガーされる軽量インテグレーションを構築。ユーザーはデータをその変化に応じてリアルタイムに取得し(自動化されたインスタント更新のように)、チーム全体でプロジェクトを追跡できます。
  • スクリプション・アプリ・カタログ: CA Agile Centralではカスタマイズ機能が再定義され、ユーザーはカスタム・アプリを追加して、ビジネス・インサイトのレポート作成やワークフロー自動化といった機能を利用できます。

CA Agile Centralを導入した企業は、市場の変化や運用上のニーズを感知、反応、適応することができるようになり、その結果として競合他社を上回る敏しょう性を得ることができます。CA Worldで発表されたすべてのニュースの詳細については、こちらをご覧ください。

Keeping Score: Why Digital Transformation Matters, Coleman Parkes Research, 調査日2016年5-6月。

参考資料

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<http://www.ca.com/us.html>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/ca_japanをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing