CA Technologies、ポートフォリオ全体にインテリジェンスを提供、 モダン・ソフトウェア・ファクトリ実現を支援

~新リリースと拡張機能が、あらゆる規模の企業のアプリケーション開発とデリバリの質、速度を向上~

(2017年11月16日、ラスベガス、CA World '17発)
CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州、マディソン・アヴェニュー、CEO:マイケル・グレゴア)は本日、これまでにない程、最も幅広い製品群を発表しました。20種類以上におよぶ新製品と重要な機能強化を公開し、お客様がAgileの手法、インテリジェント・オートメーション、エクルペリエンスによるインサイト、包括的なセキュリティを導入し、自社のモダン・ソフトウェア・ファクトリを実現できるよう支援します。

CA Technologiesの最高経営責任者(CEO)Mike Gregoire

モダン・ソフトウェア・ファクトリは、敏しょう性、自動化、インサイト、そしてセキュリティを活用して、企業組織が変化を進めるための枠組みを示します。CAは、企業が自身の変化の道筋を描くのに役立つエクスペリエンスとソリューションを提供しています。企業のファクトリは、会社が確実に変化に対応し、益々加速するデジタルの世界に適応できるようにしてくれるのです。

拡充されたCAのポートフォリオは、あらゆる規模の企業向けに高度なアナリティクスと機械学習を統合し、それによって得られるインテリジェンスをテクノロジとツールに適用することで、より高速かつ高品質のソフトウェア開発とデリバリを可能にします。

Fox News デジタル担当シニア・バイス・プレジデント John Fiedler氏

メディア環境が劇的に変わってゆく中、新しいデジタル戦略を実際に推進することができ、とても興奮しています。CAとの提携によって、当社の開発ワークフローに敏しょう性、自動化、そして持続的テストが加わることになります。私たちはデジタル製品を完全に再考し、既存のバックエンド・システムを置き換えることで、ニュースの配信方法を最先端に切り替えています。こうした取り組みで、最終的にはあらゆるデジタル・プラットフォームにわたり最新のニュースを迅速かつ効率的に配信できるようになるのです。

本日、CA World '17で紹介した新しいイノベーションは、企業を支援する以下の技術を含みます。

最新鋭のアーキテクチャによるビジネス・アジリティの構築

CA Worldの会場では最新のCA Microgatewayを展示しています。CA Microgatewayは、軽量なモジュール型のサービス手法でモノリシックなアプリケーション・アーキテクチャを近代化するもので、既存のシステムを活用して、迅速かつセキュアに新しいアプリケーションを構築することができます。企業は、複数のアーキテクチャに対して分単位のわずかな時間でマイクロサービスを導入し管理できるようなり、また即座に利用できるセキュリティ、大規模なサービス・ディスカバリ、そしてインテリジェントなトラフィック管理などの機能でモバイル・アプリやモノのインターネット(IoT)システムをサポートすることができます。

インテリジェントな自動化で、より高速かつ信頼性の高いソフトウェアを実現

CA Automic One Automation Platformは、アプリケーション、プラットフォーム、テクノロジで構成される複雑かつ多様な環境全体をオーケストレートするデータ・アナリティクスが牽引するプラットフォームです。自動化によって効率化を実現し、イノベーションを生み出します。また、インテリジェント・オートメーションでDevOpsの拡張性を支援します。プロセスを簡素化し、スクリプトを少なくしてOpsチームの負荷を減らします。開発チームはゼロタッチのセルフサービス機能を使用することができます。これらの機能がモダン・ソフトウェア・ファクトリとしてお客様の競争優位性の確保につながります。

ビジネス・データ間の関連性からインサイトを獲得、すべての顧客体験を向上

既存のシステムから得られるビジネス・データと運用データにはそれぞれに固有の価値があります。新しいCA Digital Experience Insightsは、インフラの運用、アプリケーション、およびユーザに関するインサイトを得るためにデータを相互に関連付ける機能を持つ、SaaSベースのデジタル・エクスペリエンス・モニタリング&アナリティクス・ソリューションです。企業は高度なアナリティクス機能でデジタル・プラットフォームのカスタマ・エクスペリエンスの全体像を得て、顧客のデジタル・エクスペリエンスを50-70%以上改善[1]することができます。 

リスクと露出を減らすため最初からセキュリティを組み込む

開発者は、無償の試用版を公開中のCA Veracode Greenlightにより、高品質かつ短期間で開発を進めることができます。統合開発環境(IDE)のもとでセキュリティ上の欠陥があれば瞬時にフィードバックを得られるため、脆弱性のないコードを作成することができます。コーディングの最中にチェックや訂正できるため、セキュリティを犠牲にすることなくソフトウェアの開発とデリバリのプロセスをスピードアップでき、DevSecOpsの世界が生まれます。

CA Technologies 最高製品責任者(CPO) Ayman Sayed

すべての企業は、モダン・ソフトウェア・ファクトリになり、適切なインテリジェンスの活用でより迅速により良い事業成果を上げることができます。最新のCAのポートフォリオは、アナリティクスと機械学習をお客様の既存の技術投資に追加し、急速に変化する市場で競争に勝ち抜くためのツールとテクノロジで構成されています。

CA World ‘17では、ポートフォリオ全体にわたり20種以上の技術革新と機能拡張を展示しています。これらのソリューションは、企業の将来の成功のために、これまでの技術投資をさらに進化させるだけでなく、変化への対応・適応能力を提供します。オンプレミスからクラウド、そしてその間に存在するすべてにいたるまで、CAは市場での競争に打ち勝ち成功する上での障壁を取り除く、業界最先端の製品、ソリューション、専門的知識を提供しています。

CA World‘17にて発表されるすべてのニュースの詳細については、CA World Newsroomをご覧ください。CA World ‘17の基調講演の録画をご覧いただくには、こちらをクリックしてください。

CA Technologiesについて

CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<http://www.ca.com/us.html>(米CA Technologies)、<http://www.ca.com/jp> (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/ca_japanをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Highlight – CA Technologies Blog

The world of enterprise IT is changing, fast. Keep up.

TEL
0120-702-600
お問い合せ