運用効率

持続可能性レポート

Related Videos


事業を効率的に運用することは、持続可能性の取り組みの中心となる要素です。CAは運用効率に結びつくエネルギーの使用量管理、スマート・ファシリティの開発と維持、温室効果ガス排出量の削減、ビジネス・パートナーとの戦略的提携関係の確立に重点を置いています。

温室効果ガス(GHG)排出量


2012年にCAは、2020年までに温室効果ガス排出量を基準年の2006年から35%削減するという野心的な目標を掲げました。当時私たちはこれが大胆な目標であると認識しており、部門間と戦略的パートナーとの連携が必要になると予測していました。2015年のGHG排出量は61,214メートル・トンで、基準の2006年から35.7%の削減となり、削減目標を4年前倒しで達成できたことをご報告します。2015年にはGHG排出量は2014年から5.8%の削減となりました。

CAはスコープ1と2の排出量が重要課題であると考えていますが、これは主として世界のオフィスのフットプリントとサーバ依存が重要であるためで、また、民間航空機と鉄道での移動を意味するスコープ3の排出量も同様に重要です。

Below is our historical greenhouse gas data.

エネルギーの管理とIT


データセンタからモバイル・デバイスまでITデバイスは、企業のエネルギー消費で最も急速に増えているコンポーネントの1つです。サーバ管理とネットワーク最適化機能の使用を通じて、CA Technologiesと顧客の企業の両方で効率性を推進しています。また、ハードウェアを追加するのではなく仮想サーバへ移行することで、エネルギー使用量を削減しています。

グリーン電力証書


CAは継続的にエネルギーの調達戦略を改善し、商用電力供給者からグリーン電力証書(REC: Renewable Energy Certificate)を購入しています。これは風力発電所で生成され、米国の再生可能エネルギーの大手独立認証プログラムであるGreen-e Energy認証を受けています。Green-e Energyは再生可能電力製品に関する消費者保護と環境の基準を設定しています。

スマート・ファシリティ


施設は環境に最も大きな影響を及ぼすため、運用効率への取り組みにおける重点項目です。

グリーンビルとグリーンリース

CA Technologiesはインドのハイデラバードに、自社で開発した200,000平方フィートのSICIグリーン・ビルディング(LEED認証に相当するインドの認証)を所有し占有しています。さらに、全米で約470,000平方フィートのオフィス・スペースがLEED認証を受けたビル内にあり、つまりグリーン・リースを利用しています。

CA Technologiesは世界中の不動産サービス業者と連携して、すべての新規リース契約に持続可能性要素を組み込む取り組みを続けています。これには、効率的かつ定期的なビル整備システムの使用、グリーン・シール認証を受けた清掃用品の使用、建物リサイクル・プログラム、共用領域の照明センサ、雨センサ装置によって水使用量を最小限に抑える庭の潅漑システムを要求する条項が含まれます。

マサチューセッツ州フラミンガムとニューヨーク州アイスランディアにあるCA Technologiesの施設は、2015年に米国環境保護庁(EPA)のエネルギー・スターに選出されました。この自主プログラムはエネルギー消費量の削減、エネルギー安全保障の改善、汚染の削減のために、エネルギー効率に優れた製品や建物を特定および奨励し、最高レベルのエネルギー効率基準を満たした製品や建物を奨励しています。CAのフラミンガムのオフィスは97点というスコアを達成し、アイスランディアのオフィスは92点でした。

グリーンビルとグリーンリース

CA Technologiesはインドのハイデラバードに、自社で開発した200,000平方フィートのSICIグリーン・ビルディング(LEED認証に相当するインドの認証)を所有し占有しています。さらに、全米で約470,000平方フィートのオフィス・スペースがLEED認証を受けたビル内にあり、つまりグリーン・リースを利用しています。

CA Technologiesは世界中の不動産サービス業者と連携して、すべての新規リース契約に持続可能性要素を組み込む取り組みを続けています。これには、効率的かつ定期的なビル整備システムの使用、グリーン・シール認証を受けた清掃用品の使用、建物リサイクル・プログラム、共用領域の照明センサ、雨センサ装置によって水使用量を最小限に抑える庭の潅漑システムを要求する条項が含まれます。

マサチューセッツ州フラミンガムとニューヨーク州アイスランディアにあるCA Technologiesの施設は、2015年に米国環境保護庁(EPA)のエネルギー・スターに選出されました。この自主プログラムはエネルギー消費量の削減、エネルギー安全保障の改善、汚染の削減のために、エネルギー効率に優れた製品や建物を特定および奨励し、最高レベルのエネルギー効率基準を満たした製品や建物を奨励しています。CAのフラミンガムのオフィスは97点というスコアを達成し、アイスランディアのオフィスは92点でした。

排水管理

CAの業務は大量の水を消費せず、排水は主にオフィス・ビルの生活用水に起因しています。CAの施設の大部分は雑居ビルにあるため完全にコントロールすることはできませんが、データセンタは冷却水に閉ループ式の水処理装置を使用し、水の使用量を最小限に抑えています。さらに、インドのハイデラバードにある施設では、地表に降った雨水を100%回収して造園に利用しています。

排水管理

CAの業務は大量の水を消費せず、排水は主にオフィス・ビルの生活用水に起因しています。CAの施設の大部分は雑居ビルにあるため完全にコントロールすることはできませんが、データセンタは冷却水に閉ループ式の水処理装置を使用し、水の使用量を最小限に抑えています。さらに、インドのハイデラバードにある施設では、地表に降った雨水を100%回収して造園に利用しています。

廃棄物管理

廃棄物埋め立てへの影響を最小限に抑えるために、世界中で会社を挙げて廃棄物の削減、再利用、リサイクルに努めています。たとえばコロラド州ボールダーのオフィスでは、地元のごみ運搬業者と協力し、電子機器や自転車のタイヤとチューブ、バッテリー、軟質プラスチックなどのリサイクル困難な物を再利用可能な材料に転換する機会を社員に提供しています。このオフィスでは、備品購入時に材料の製造元や内容物についても考慮しています。

廃棄物管理

廃棄物埋め立てへの影響を最小限に抑えるために、世界中で会社を挙げて廃棄物の削減、再利用、リサイクルに努めています。たとえばコロラド州ボールダーのオフィスでは、地元のごみ運搬業者と協力し、電子機器や自転車のタイヤとチューブ、バッテリー、軟質プラスチックなどのリサイクル困難な物を再利用可能な材料に転換する機会を社員に提供しています。このオフィスでは、備品購入時に材料の製造元や内容物についても考慮しています。

戦略的なパートナーシップによる効率改善

2010年以来CAは10人のEnvironmental Defense Fund(EDF) Climate Corps Fellowのホストを行いました。このフェローシップはEDFのエキスパートやコンサルタントによる訓練を受けた優秀な大学院生を大手組織に配属し、企業の持続可能性イニシアチブの推進を支援するものです。フェローの知識と知恵はエネルギー効率、水と廃棄物の管理、社員エンゲージメントの機会について外部の視点を提供するため貴重で、彼らの推奨によって多数のプロジェクトが実施され、CAは数十万ドルの節約を実現できました。

戦略的なパートナーシップによる効率改善

2010年以来CAは10人のEnvironmental Defense Fund(EDF) Climate Corps Fellowのホストを行いました。このフェローシップはEDFのエキスパートやコンサルタントによる訓練を受けた優秀な大学院生を大手組織に配属し、企業の持続可能性イニシアチブの推進を支援するものです。フェローの知識と知恵はエネルギー効率、水と廃棄物の管理、社員エンゲージメントの機会について外部の視点を提供するため貴重で、彼らの推奨によって多数のプロジェクトが実施され、CAは数十万ドルの節約を実現できました。

サプライ・チェーン・マネジメント


コラボレーションの力を活用してベンダと協力し、ベンダが持続可能で倫理的なプラクティスに注力していることを確認でき、CAは誇りに思っています。サプライ・チェーンを通じて関連する問題を継続的に監視し、すべてのサプライヤについて実質的な影響があれば判断を行います。CAはパートナーとしての期待を定義したパートナー行動規範の遵守を求めており、人権、労働基準、腐敗防止策、環境をサポートする国連グローバル・コンパクトに加盟しています。CAのすべてのサプライヤ契約には人権条項が含まれています。


また、CAは米国のオフィス製品サプライヤであるStaplesに、再生紙の厳密なガイドラインに従うよう求めています。米国外ではCA Technologiesのパートナーのオンボーディングのために、独立のサードパーティ・エージェンシーにグローバルな適正評価を依頼しています。サードパーティ・エージェンシーはForeign Corrupt Practices Act(FCPA; 連邦海外腐敗行為防止法)の要件に従い、個人と会社の両方に対してバックグラウンド・チェックを行います。これによってCAは取引の相手と、ビジネス関係にともなうリスクを明確に把握できます。

今後も引き続き、エンタープライズ・サプライヤ管理プログラムを分析し発展させる予定です。このプログラムは評判に関するリスクや規制違反の罰金、顧客へのインパクトについてCAが主要なサプライヤを管理するために役立ちます。また、州、連邦および国際的な公表のための測定基準に緊密に沿っており、サードパーティの利用の価値の最大化とリスクの低減に役立ちます。

TEL
0120-702-600
お問い合せ