{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Technologiesにおける持続可能性

持続可能性レポート

Related Videos


CA Technologiesでは持続可能性とは、自らが及ぼす影響を認識し、その影響を減らしながら会社を成長させる方法を見つけることを意味します。ビジネス全体で持続可能性を統合することで、CAはレポートを改善し、エネルギー消費の見積もり方法を強化し、透明性を高め、外部にレビューを依頼して、プロセスの良識性とデータの有効性を確保してきました。また、持続可能性を製品に統合し、生産性を向上させることで、顧客の効率性向上にも役立っています。

CAは情報を収集してそれに基づき行動し、イノベーションの機会を模索し、戦略的提携によってさまざまな取り組みを結びつけることで、環境フットプリントを減らすよう継続的に取り組んでいます。多くの場合、こうした取り組みは運用コストの削減にも役立ちます。

CAにおける持続可能性とは、年に1度発表される単なるレポートではなく、絶えず進化する社内のイニシアチブに影響を与える顧客との継続的なエンゲージメントを意味します。

このレポートについて


この持続可能性レポートは、2016年初めから焦点を当てた2015年の暦年を通じた持続可能性における進捗について取り上げています。主要部分はGRI(Global Reporting Initiative)G4ガイドラインに従っています。したがって、物質環境、社会、経済上の影響について分析し、それに沿ってレポートを作成しました。 また、このレポートは国連グローバル・コンパクトの10原則を組み込んでいます。ベストプラクティスの持続可能性レポート作成という目標に合わせて、本書はCAの温室効果ガス(GHG)排出についての外部の保証を含めた、連続して5回目のレポートとなります。

利害関係者エンゲージメント


CAは利害関係者といろいろな方法で関わりを持っています。 取締役会と経営管理チームのメンバーのリーダーシップとサポートを通じて、CA Technologiesは国連グローバル・コンパクト(UNGC)への参加を継続し、Ceresとそのポリシー部門であるBICEP(Business for Innovative Climate & Energy Policy)に引き続き関与しています。UNGCとCeresの両方によってCAは、持続可能性の課題に取り組む企業や投資家、環境団体、公益団体、政府機関のネットワークとの交流を増やしています。Ceresネットワーク企業としての参加は、持続可能性のリーダーシップとベストプラクティスの推進に信頼性、専門技術、経験の深さを継続的にもたらします。CAはCeresとともに、私たちのビジネスに価値ある知識と知恵をもたらす多様な視点を持つ主要な利害関係者を特定しました。私たちの行動のレベルを向上させるために、今後も継続してこれらの利害関係者からのご提案をいただくことを期待しております。

目的と範囲による利害関係者エンゲージメントの概要

{{item.title}}

{{item.subTitle}}

持続可能性おける重要課題の分析


CAは持続可能性戦略について通知し、CA Technologiesと利害関係者にとって最も重要な持続可能性のトピックを特定し優先順位を決めることで将来の持続可能性レポートの基礎を築くために、2016年初めに新しい重要課題の分析を行いました。

重要課題の更新の一部として、手法も新しくし、分析の開始点として2013年に特定されたたトピックの領域を使用しました。また、主要なサプライヤ、顧客、業界のインフルエンサーのピア・レビュー分析を実施しました。このアプローチにより、課題について変化する優先事項を把握できました。

最近は人材の問題がより顕著になっており、人材の引き付けと定着、多様性と受容、STEM教育などの問題が、ビジネスや業界にとっての重要性を増しています。また、サイバーセキュリティとプライバシーの問題も、前回の分析以来あらゆる利害関係者にとって最優先事項となっています。

重要課題の分析の一部として、持続可能性の課題の相対的な重要性を分析するために、CA全体の主要な社内利害関係者にインタビューを行いました。また同じ参加者が、ビジネスに対する各トピックの重要性についての各自の判断に基づき、トピック分野のサブセットをランク付けし、アンケートに答えました。インタビューでは参加者は、アンケートの短いリストには含まれていなかったトピック領域に焦点を当てることができました。2015年の主要な社内利害関係者へのインタビューでは、環境問題の重視が増えていることに加え、CA Technologiesの持続可能な将来の成長に大きく重点が置かれました。これは顧客が自社のIT環境を保護し、アプリケーション・エコノミーで成功するためにプロアクティブなサポートとなる点です。

CAは引き続き利害関係者や業界全体と関わり、重要課題に関連する戦略を更新し、最も差し迫った課題に重点を置いていきます。

目標と実績


環境

取り組み:

  1. スコープ1および2の温室ガス排出量を2020年までに35%削減する(2006年を基準として)
  2. 水管理プログラムを実施する
  3. 出張を減らすためにテレプレゼンスを増やす、ハイブリッド車や代替燃料車の使用を拡大するなど、より持続可能性の高い移動を実現する
  4. 本年度の新規リースと再交渉されるリースについては、グリーン・リース・ポリシーを採用する

実績:

  1. 部門間のコラボレーションを通じて、2006年以降、二酸化炭素排出量を35%以上削減しました。
  2. 自社の世界中の不動産敷地において水使用量の測定を継続して行っています。
  3. 26のビデオ会議ユニットをアップグレードし、品質と使用率が向上しました。米国の指定の場所に充電所を設置し、代替燃料者の使用を奨励しています。
  4. CAは約470,000平方フィートのオフィス・スペースがグリーン・リースで、新規のリースにも持続可能性の要素を組み込むよう世界各国の不動産業者と協力しています。

環境

取り組み:

  1. スコープ1および2の温室ガス排出量を2020年までに35%削減する(2006年を基準として)
  2. 水管理プログラムを実施する
  3. 出張を減らすためにテレプレゼンスを増やす、ハイブリッド車や代替燃料車の使用を拡大するなど、より持続可能性の高い移動を実現する
  4. 本年度の新規リースと再交渉されるリースについては、グリーン・リース・ポリシーを採用する

実績:

  1. 部門間のコラボレーションを通じて、2006年以降、二酸化炭素排出量を35%以上削減しました。
  2. 自社の世界中の不動産敷地において水使用量の測定を継続して行っています。
  3. 26のビデオ会議ユニットをアップグレードし、品質と使用率が向上しました。米国の指定の場所に充電所を設置し、代替燃料者の使用を奨励しています。
  4. CAは約470,000平方フィートのオフィス・スペースがグリーン・リースで、新規のリースにも持続可能性の要素を組み込むよう世界各国の不動産業者と協力しています。

ガナバンス

取り組み:

  1. プロセス、技法、データの保証も含めて、将来の持続可能性に関するレポートの監査を第三者に依頼する
  2. Ceresと共同で、広範な利害関係者エンゲージメント・プログラムを開発する

実績:

  1. 2015年度温室効果ガス排出量レポートに示したように、KPMG LLPはCAの2015年度のスコープ1、2、3(出張のみ)の温室効果ガス排出量についてレビューし、独立会計士レポートを発行しました。
  2. CA Technologiesは引き続きCeresとBiCEPのメンバーです。

     

ガナバンス

取り組み:

  1. プロセス、技法、データの保証も含めて、将来の持続可能性に関するレポートの監査を第三者に依頼する
  2. Ceresと共同で、広範な利害関係者エンゲージメント・プログラムを開発する

実績:

  1. 2015年度温室効果ガス排出量レポートに示したように、KPMG LLPはCAの2015年度のスコープ1、2、3(出張のみ)の温室効果ガス排出量についてレビューし、独立会計士レポートを発行しました。
  2. CA Technologiesは引き続きCeresとBiCEPのメンバーです。

     

従業員

取り組み:

  1. 社員意識調査で、社員エンゲージメント率を維持する
  2. 世界的なGreen Teamプログラムを継続する

実績:

  1. 最新の社員意識調査で、社員エンゲージメント率を継続して維持しました。
  2. 文化グループにグリーン・チームを組み込むよう取り組み、環境に良いプラクティスに焦点を当て、多様でグローバルな社員から新しい機会を模索します。

従業員

取り組み:

  1. 社員意識調査で、社員エンゲージメント率を維持する
  2. 世界的なGreen Teamプログラムを継続する

実績:

  1. 最新の社員意識調査で、社員エンゲージメント率を継続して維持しました。
  2. 文化グループにグリーン・チームを組み込むよう取り組み、環境に良いプラクティスに焦点を当て、多様でグローバルな社員から新しい機会を模索します。

企業の社会的責任

取り組み:

  1. 科学、技術、エンジニアリング、および数学(STEM)教育に重点を置いた社会貢献の強化を継続する
  2. 世界的なボランティア・プログラムを継続して拡張していく
  3. IT分野での女性の活躍をサポートする

実績:

  1. CA Technologiesは100Kin10、Anita Borg Institute for Women and Technology、Boys & Girls Clubs of America、Change the Equation、Citizen Schools、the Clinton Global Initiative、Code for America、DonorsChoose.org、Iridescent、IT-ology、NPower、PENCIL.などの組織とのメンバーシップやパートナーシップを通じて、STEM学習の促進への注力を拡大しています。
  2. 社員ボランティアへの参加が世界的に増加し続けており、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チリ、中国、コロンビア、フィンランド、フランス、香港、インド、イスラエル、イタリア、メキシコ、オランダ、シンガポール、スペイン、イギリス、米国などの各国で活動が行われています。
  3. CA Technologiesは、Anita Borg Institute for Women and Technologyなどの組織とのパートナーシップや、Boys & Girls Clubs of AmericaとのTech Girls Rockイニシアチブを通じて、性別多様性の促進に取り組んでおり、技術分野での女性の活躍を支援しています。

企業の社会的責任

取り組み:

  1. 科学、技術、エンジニアリング、および数学(STEM)教育に重点を置いた社会貢献の強化を継続する
  2. 世界的なボランティア・プログラムを継続して拡張していく
  3. IT分野での女性の活躍をサポートする

実績:

  1. CA Technologiesは100Kin10、Anita Borg Institute for Women and Technology、Boys & Girls Clubs of America、Change the Equation、Citizen Schools、the Clinton Global Initiative、Code for America、DonorsChoose.org、Iridescent、IT-ology、NPower、PENCIL.などの組織とのメンバーシップやパートナーシップを通じて、STEM学習の促進への注力を拡大しています。
  2. 社員ボランティアへの参加が世界的に増加し続けており、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チリ、中国、コロンビア、フィンランド、フランス、香港、インド、イスラエル、イタリア、メキシコ、オランダ、シンガポール、スペイン、イギリス、米国などの各国で活動が行われています。
  3. CA Technologiesは、Anita Borg Institute for Women and Technologyなどの組織とのパートナーシップや、Boys & Girls Clubs of AmericaとのTech Girls Rockイニシアチブを通じて、性別多様性の促進に取り組んでおり、技術分野での女性の活躍を支援しています。
TEL
0120-702-600
お問い合せ