CA Technologiesで働く

持続可能性レポート

Related Videos


CAのビジネスおよび文化的な目標を達成するために、CAのHR組織は専門技術人材育成センターを含む一元的な体制へと移行しました。この体制によって、企業研修ソリューションの一貫した標準的な提供が可能になりましたが、内容は柔軟にローカライズして地域の目標や地元の顧客に合わせることができるため、すべての社員にとって意味のあるものになっています。地域の人材育成リードと地域のHRビジネス・パートナーが、プログラムの実行をサポートします。

人材育成戦略はCA Technologiesが組織の持続可能性とスケーラビリティのために必要とする人材を引き付け、育成し、定着させられるようにすることに主眼を置いています。会社全体で人材管理、能力育成、優れた人材の動機付けと定着のための統合アプローチによって、選ばれる職場としてのCAの市場における位置を強化することを目指しています。CAのビジネス戦略に直接整合させることで、人材育成チームは会社の成果ベースの文化を推進し支援します。

グローバル・ジョブ・アーキテクチャ


CAは世界中の業務組織、職務明細書、職位を、戦略的に以下の項目に沿ったものにしています。

  • 既存のCA Technologiesの業務組織に関する社員調査のフィードバックに対応し、個人のキャリア・プランニングにおける明確性、透明性、公平性を向上させる
  • 役割の明確性と定義を通じ、CA Technologiesにおける柔軟性、生産性、説明責任を向上させる
  • CA Technologiesの役割と位置を業界および市場の確立された標準に合わせる
  • 社内の職務と外部の給与や賃金の標準や基準とのより直接的で明白な比較を示し、公平性と客観性を向上

CAはまた、このグローバル業務組織を管理し維持するための意思決定手順を確立しました。この管理プロセスは、CA Technologiesのグローバル業務組織の変更に、一貫した構造的な、公平で透明な方法を提供することを目的として構築されました。

CA Technologiesでは、すべての社員が勤務評価を受けます。そこから、上層部は3つのリーダーシップ開発プログラムに参加する優れた人材を見きわめます。これらのプログラムは世界中の優秀な将来のリーダーたちを結ぶパイプラインを構成します。シニアVPやエグゼクティブVPのレベルについては、研修と育成を外部のコンサントに依頼しており、CAのCEOおよび経営管理チームによってサポートされています。

CAの受賞歴のあるLeaders at all Levels(LaaL; あらゆるレベルのリーダー)プログラムは、社員が主要なスキルを伸ばすために必要なツールや資料を提供しています。
 

Leaders at all Levels


1年を通じて、受賞歴のあるLeaders at all Levels(LaaL)プログラムとWebサイトに大幅な改善を行い、社員が主要なスキルを伸ばすために必要なツールや資料を提供しています。特に自己の育成、組織を率いる能力、他者を通じた指導というリーダーシップ特性に焦点を当てています。これらのリーダーシップ特性とそれに関連する能力についてはすべての内容を十分に分析し、最善の人材への適切な整合性を確保しました。

リーダーシップ開発プログラム


CAのリーダーシップ開発プログラム(LDP)は、組織全体の優秀なあらゆるレベルのリーダーのパイプラインを確立することを目的としています。対象となる参加者は、中間管理職と、リーダーシップ能力の向上を希望する一般社員です。このプログラムで参加者は自己認識を高め、現在の考え方を顧み、成功の機会を最適化する新しい取り組み方を経験し、シニア・リーダーおよびその他の人々から学びます。プログラムを通じて社員が成長することで、組織の前進と、豊富なリーダー人材層の形成につながります。

12か月間のプログラムで社員は戦略および主要パフォーマンス指標に関してビジネス上の意思決定を行うために役立ち、また、意思決定やコラボレーション、リスクを負う姿勢などにおけるリーダーシップ・スキルを訓練できる学習機会が得られます。プログラムには直接面談する3日間のセッションが2回あり、補助学習としてライブのファシリテーション付きWebキャスト、読書、チームおよび個人の課題、ビジネス・シミュレーションなどがあります。

会社に対する社員エンゲージメント・スコアとLDPの修了生は一致していますが、2015年の社員意識調査では、LDPの参加者と修了者は管理職およびリーダーとしての有効性、文化、人材管理のスコアがより高いという結果が示されました。また、LDPの参加者や修了者は、LDPの参加経験がない社員と比較して、職務満足度とエンゲージメントが高く、育成、成長の機会や資料、サポートに対してより好意的に反応することがわかりました。

2015年度のLDPの主要な結果:

LDP参加者のマネージャとの関わりは2015年に15%上昇し、LDP参加者の61%がプログラム参加前に上司と話し合い学習目標を設定したと答えています。また、76%の参加者は、プログラムで学んだことを自らの役割にどう適用するか上司と話し合う予定だと答えました。

研修の平均所要時間


CA Technologiesは契約社員から管理職まで、長期的な成功に不可欠な専門技術とスキルを伸ばすための複数の研修プラットフォームを用意しています。進化するITエコシステムを管理し、クライアントのために革新的なソリューションを構築するCAの能力は、社員にかかっています。そのため、社員を支える職場環境と幅広い専門能力の開発プログラムの提供に力を入れています。2015.年には、CAの社内研修プログラムで社員が研修を受けた時間は、すべての社員レベルで平均21時間となりました。

報酬


報酬に対するCA Technologiesの考えは、市場を重視しバランスのとれた、成果に基づく賃金体系を採用しており、これによって年間および長期の成果に適切につながるインセンティブを提供します。賃金体系の目標は以下のとおりです。

  • ビジネス戦略に沿った、成果に基づく報酬にすること
  • 適切で公正な職務評価、業務実績、市場で支払われている賃金に基づく支払いレベルを確立し維持すること
  • 会社の継続的成功に不可欠な努力と判断を行える優秀な社員を引き付け定着させること
  • 世界的な一貫性と地域での柔軟性のバランスをとること

仕事と生活のバランス


CA Technologiesでは、社員の職務上の目標と個人としての目標の両方を支援することが、効率的で競争力の高い持続的な労働力を形成するための鍵だと考えています。この考えはCAのFlexible Workplace Programと、社員とその家族のための包括的な健康サポートに反映されています。

フレックス・プログラム

社員のほぼ全員の業務スケジュールは非常に柔軟です。2015年には、北米の社員の約31%と世界の社員の20%が、フルタイムのFlexible Workplace Programに参加しました。9年前は、フレックス社員は社員全体の5%未満にすぎませんでした。

柔軟な勤務スケジュールの選択肢を提供することで、社員の士気や職務満足度、生産性が向上し、優秀な人材の採用と定着に役立ち、常習的な欠勤が減りました。フレックス関連プログラムは二酸化炭素排出量や不動産コスト、サポートスタッフの必要性も低減されました。会社提供の技術ツールやテレビ会議機能によって、フレックス社員は生産性を高く維持し、チームとの良好な関係を保つことができます。

フレックス・プログラム

社員のほぼ全員の業務スケジュールは非常に柔軟です。2015年には、北米の社員の約31%と世界の社員の20%が、フルタイムのFlexible Workplace Programに参加しました。9年前は、フレックス社員は社員全体の5%未満にすぎませんでした。

柔軟な勤務スケジュールの選択肢を提供することで、社員の士気や職務満足度、生産性が向上し、優秀な人材の採用と定着に役立ち、常習的な欠勤が減りました。フレックス関連プログラムは二酸化炭素排出量や不動産コスト、サポートスタッフの必要性も低減されました。会社提供の技術ツールやテレビ会議機能によって、フレックス社員は生産性を高く維持し、チームとの良好な関係を保つことができます。

休暇取得促進のポリシー

CAは社員が最大の資産であることを認識しています。そのため、柔軟な勤務環境と職場文化を強化する方法を継続的に模索しています。たとえば、育児介護休暇(FML) ポリシーでは子供が生まれたり養子を迎えた女性社員および男性社員のための 段階的な職場復帰プロセスを実施しており、社員は2週間をかけて徐々に職場復帰できます。1週目(5営業日)は通常の勤務時間の50%の業務を行い、2週目には75%の業務を行うことが可能です。段階的復帰の期間中、社員は通常の給与の100%を付与され、復帰日には通常の勤務状態に戻ります。

 

休暇取得促進のポリシー

CAは社員が最大の資産であることを認識しています。そのため、柔軟な勤務環境と職場文化を強化する方法を継続的に模索しています。たとえば、育児介護休暇(FML) ポリシーでは子供が生まれたり養子を迎えた女性社員および男性社員のための 段階的な職場復帰プロセスを実施しており、社員は2週間をかけて徐々に職場復帰できます。1週目(5営業日)は通常の勤務時間の50%の業務を行い、2週目には75%の業務を行うことが可能です。段階的復帰の期間中、社員は通常の給与の100%を付与され、復帰日には通常の勤務状態に戻ります。

 

生活とのバランス

バランス・ユア・ライフ健康プログラムは、資格を満たす社員、配偶者、同居パートナーに適用されます。CAは保健サービスの大手、CareAlliesとの提携プログラムを提供しています。その目的は、参加者が健康管理を行って仕事、家庭、余暇のバランスの取れた生活を送れるようサポートすることです。バランス・ユア・ライフには以下が含まれます。

  • 個人の健康リスクの特定に役立つ健康評価
  • より健康的な食事と体重管理のサポート
  • 参加者の健康に関する疑問や懸念に個別に対応する健康アドバイザー
  • ストレスの管理と軽減のサポート
  • 禁煙サポート
  • 慢性的な健康障害の管理のサポート

フィットネス・センターや無料のエクセサイズ・クラスなど新しい健康アメニティを、各地のCA Technologiesに継続的に追加しています。

生活とのバランス

バランス・ユア・ライフ健康プログラムは、資格を満たす社員、配偶者、同居パートナーに適用されます。CAは保健サービスの大手、CareAlliesとの提携プログラムを提供しています。その目的は、参加者が健康管理を行って仕事、家庭、余暇のバランスの取れた生活を送れるようサポートすることです。バランス・ユア・ライフには以下が含まれます。

  • 個人の健康リスクの特定に役立つ健康評価
  • より健康的な食事と体重管理のサポート
  • 参加者の健康に関する疑問や懸念に個別に対応する健康アドバイザー
  • ストレスの管理と軽減のサポート
  • 禁煙サポート
  • 慢性的な健康障害の管理のサポート

フィットネス・センターや無料のエクセサイズ・クラスなど新しい健康アメニティを、各地のCA Technologiesに継続的に追加しています。

CAモンテッソーリ保育園

指定の大規模なCA施設で、生後6週間~6歳の子供向けにオンサイトのモンテッソーリ子供センターを開設し、社員とその家族を支援しています。

 

CAモンテッソーリ保育園

指定の大規模なCA施設で、生後6週間~6歳の子供向けにオンサイトのモンテッソーリ子供センターを開設し、社員とその家族を支援しています。

 

Instagramで#LifeAtCAをチェックしてください

TEL
0120-702-600
お問い合せ