製品

ソリューション

研修サービス

サービスとサポート

パートナー

会社概要

{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Productivity Accelerator

ユーザによる採用の促進は、ソフトウェア・ロールアウトの防御の最前線

動画を見る(英語音声)
デモを予約する

Related Videos


| 概要

採用に関する課題

ビジネスを変革するにはソフトウェアがあるだけでは十分ではないことを、業界エキスパートは認識しています。エンタープライズ・ソフトウェアはパワフルなツールですが、そのパワーを生かすには、実際の技術がどういうものであっても、社員はそのソフトウェアを採用し、正確にインテリジェントに使用する必要があります。

調査対象のIT企業の77%が、ソリューションの採用が重要な問題または重大な問題であることに同意していますが*、採用に関する課題を回避し、チームのポテンシャルと生産性を最大限に引き出すには、どうすればよいでしょうか?

出典:TechValidate、TVID:E16-DFF-148

ユーザ採用戦略を成功させるための鍵

ユーザによる採用で基本的に必要なのは、受講者が全体的なプロセスにおける自身の役割を認識することです。主題がシステムでもシステム以外のものでも、コンプライアンスやガバナンスなど何であっても、受講者が期待するのは、学習が業務上の役割に特化しており、学習者の好みの学習スタイルに対応し、1つの総合的なソースから学習できることです。

CA Productivity Accelerator とは?

CA Productivity Accelerator Output

CA Productivity Accelerator(CA PA)は、企業が社員のポテンシャルと生産性を最大限に引き出せるよう支援します。 CA PAは広義の社員全体をサポートし、正式なトレーニング、非公式なトレーニング、3種類のパフォーマンス・サポートなど、多様なユーザ支援資料を迅速かつ効率的に作成できるようにします。

| バージョン13の新機能

CA Productivity Accelerator 13の新機能

CA Productivity Accelerator 13は新しいユーザ・インタフェースと開発およびデプロイ・エンジンで構成されています。ツールセットが改善され、どんな技術もサポートします。また、学習とサポートに関する最新のトレンドを反映した機能によって、学習とサポートが強化されています。

CA PA 13には無制限のライセンス、広範な翻訳機能、新しいeBook機能、広範なパフォーマンス・サポートなど、素晴らしい新機能が豊富に導入され、受講者は将来のコンテンツの設計や開発の最前線のスキルを学べます。

| サービス

当社のエキスパートが、迅速な立ち上げと稼働を支援します

CA Productivity Acceleratorのクイックスタート・サービスは、計画、設計、開発、実装、サポートなどの主要な要素が組み込まれています。このプログラムは社内リソースを使用したいと考える組織が、コンテンツ開発プロジェクトの学習面に関連するリスクを管理する必要がある場合に役立つよう設計されています。

CA PAクイックスタート・サービスには以下が含まれます

  • インストール前の技術的な調査、助言、テスト
  • 要件の計画と設計のためのディスカバリ・ワークショップ
  • 環境の設定と構成
  • 開発者と管理者のトレーニング
  • 共同開発とサポート
  • ドキュメンテーション
  • 継続的な技術サポート

| コンテンツ・モジュール

チームのニーズに合わせてコンテンツをカスタマイズ

CA Productivity Acceleratorのコンテンツ・モジュールには、チームがCA Productivity Acceleratorエディタにアップロードできるユーザ・トレーニング・レッスンとアクティビティが含まれ、価値あるトレーニング・コンテンツのライブラリを提供します。

チームはそこからすべての利用可能なコンテンツを評価でき、関連性のないものを削除できます。導入構成図を確認したり、エキスパートと問題を詳細に協議したりする必要はなくなります。

CA Productivity Acceleratorのコンテンツ・モジュールによって、チームは標準的なコンテンツを再記録してそのアプリケーション構成を反映できるため、各アクティビティを一から構築する必要がなくなります。また、導入構成図やテスト・スクリプトを確認したり、エキスパートの支援に頼ったりする必要もなくなります。

リリース前またはコンテンツ・モジュールに関する詳細情報をご希望ですか? 研修サービス・セールス・マネージャ(03-6272-8140)までお問い合わせいただくか、このフォームに必要事項を記入してください。

アプリケーション開発:

CA Endevor Software Change Manager v15向けCA PA:クイック編集オプション200

このCA PAのコンテンツは、エレメントの管理とパッケージ化、エレメントの重要情報の表示、Parallel Development Manager(PDM)を使用したエレメントのバージョンの比較と結合、一般的なエラーのトラブルシューティングおよびメッセージなど、ソフトウェア開発ライフサイクル全体に関連するスキルにつてトレーニングを行います。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

アプリケーション開発:

CA Endevor Software Change Manager v15向けCA PA:クイック編集オプション200

このCA PAのコンテンツは、エレメントの管理とパッケージ化、エレメントの重要情報の表示、Parallel Development Manager(PDM)を使用したエレメントのバージョンの比較と結合、一般的なエラーのトラブルシューティングおよびメッセージなど、ソフトウェア開発ライフサイクル全体に関連するスキルにつてトレーニングを行います。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

アプリケーション性能管理:

CA APM 10.5向けCA PA:性能監視の基礎200

このコースでは、CA APMを使用してエンタープライズJavaアプリケーションを適切に管理するための基本的なスキルとナレッジを取り上げます。サービスに不具合が起きる前に問題を迅速に検出し解決できるように、IT環境全体でアプリケーションとトランザクションを監視、分析、レポートするための方法を学べます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA APM 10.5向けCA PA:管理者向け基礎200

このコースでは、受講者はCA Application Performance Management(CA APM)を適切に管理するための基本的なスキルとナレッジを習得します。作業の効率化や、パワフルな製品機能の実装などを可能にする多様な機能について学びます。カリキュレータによる利用可能なメトリクスからの新しいメトリクスの生成、レポートするメトリクスのエージェント別カスタマイズ、Enterprise Team Centerの使用、非標準カスタムJavaおよびJ2EEコンポーネントの可視性を向上させるためのProbeBuilderディレクティブ(PBD)ファイルの使用など、製品機能について取り上げます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

アプリケーション性能管理:

CA APM 10.5向けCA PA:性能監視の基礎200

このコースでは、CA APMを使用してエンタープライズJavaアプリケーションを適切に管理するための基本的なスキルとナレッジを取り上げます。サービスに不具合が起きる前に問題を迅速に検出し解決できるように、IT環境全体でアプリケーションとトランザクションを監視、分析、レポートするための方法を学べます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA APM 10.5向けCA PA:管理者向け基礎200

このコースでは、受講者はCA Application Performance Management(CA APM)を適切に管理するための基本的なスキルとナレッジを習得します。作業の効率化や、パワフルな製品機能の実装などを可能にする多様な機能について学びます。カリキュレータによる利用可能なメトリクスからの新しいメトリクスの生成、レポートするメトリクスのエージェント別カスタマイズ、Enterprise Team Centerの使用、非標準カスタムJavaおよびJ2EEコンポーネントの可視性を向上させるためのProbeBuilderディレクティブ(PBD)ファイルの使用など、製品機能について取り上げます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

自動化:

CA Client Automation r12.8向けCA PA:管理200

このコースでは、CA Client Automationと、デプロイをサポートするために必要なアーキテクチャの実装に使用できる各種オプションについて示します。また、一般的なコンポーネントをデプロイして設定し、会社全体にソフトウェア・パッケージを効果的かつ効率的にデプロイするために必要な手順を学びます。会社のITアセットを効果的に管理するために必要なインベントリ情報の収集方法も示します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

自動化:

CA Client Automation r12.8向けCA PA:管理200

このコースでは、CA Client Automationと、デプロイをサポートするために必要なアーキテクチャの実装に使用できる各種オプションについて示します。また、一般的なコンポーネントをデプロイして設定し、会社全体にソフトウェア・パッケージを効果的かつ効率的にデプロイするために必要な手順を学びます。会社のITアセットを効果的に管理するために必要なインベントリ情報の収集方法も示します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

継続的デリバリ:

DevTest Solutions 10向けCA PA:基礎200

このコースでは、CA Service Virtualization、CA Application Test、CA Continuous Application Insightの3つのDevTest Solutions製品に共通する基本的な考え方について学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Service Virtualization 10向けCA PA:基礎200

このコースではCA Service Virtualizationを使用して仮想サービスを記録、編集、デプロイするために必要な基本的な考え方を学びます。ライブ・サービスおよびサービス利用不可時にWebサービスの仮想化を使用する考え方についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Application Test 10向けCA PA:基礎200

このコースでは、CA Application Testの使用を開始するために必要な基本的な考え方とプロセスについて学びます。プロパティ、フィルタ、アサーション、データ・セット、サブプロセスを使用するために設計されたテストケースを使用し、起動してテスト対象のシステムの結果を検証します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Release Automation 6.x向けCA PA:基礎200

CA Release Automationの基礎向けコンテンツはCA Release Automation、Automation Studio、Release Operation Center(ROC)を使用して一から統合プロセスを構築するために必要なナレッジを提供します。このコースではCA Release Automationの基本的な考え方と作業パターンについて学びます。受講者はラボや、実際のプロセスのシミュレーション演習を通じて、製品を体験できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Release Automation Continuous Delivery Edition 6.x向けCA PA:リリース管理200

CA Release Automation Continuous Delivery Editionは複数チーム、複数アプリケーションのリリースにおけるアジャイル開発から本番までのプロセスとコンテンツを計画し方向付けるための、簡単に設定できる視覚的で戦略的な制御ポイントを提供します。これは継続的デリバリの成熟度の次のフェーズへと移行する上で役に立ちます。また、アプリケーションの自動デプロイから完全に管理され最適化されたリリース・パイプラインへと移行する上で、CA Release Automationがどのように役立つかを学べます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:概要100

このコースではアプリケーションの各機能についての主要な考え方を学びます。ソフトウェア開発のためのテスト・データを管理し、変換、生成するために使用するCA Test Data Managerの基本ツールについて理解できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ・プロファイリング200

このコースでは、アプリケーションの各機能の主な考え方について学びます。受講者はCA Test Data Manager(CA TDM)がソース・データをどのように収集、管理、プロファイリングし、テスト・データ管理のための構造化され一元化されたアプローチを提供するかについて理解できます。また、ビジネス要件とテストのニーズに応じてデータの関係性を定義しカスタマイズできるようになります。CA TDMのツールやレポートも使用して、テスト用データをさらに理解し定義できるようになります。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ・サブセット化200

このコースでは、データベースのサブセット化の基本的な考え方について説明します。受講者は開発またはテストの多数のデータ・ソースから、ネイティブのデータベースやメインフレーム・ユーティリティを使用して、本番データのサブセットのより小規模でインテリジェントなバージョンを移行する方法を学びます。また、必要なデータを洗練させるための駆動表の選択についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ・マスキング200

このコースでは、CA Test Data Manager(CA TDM)のマスキング・ツール(Fast Data Masker)の主な考え方と用途について説明します。受講者は、ツールをフラット・ファイルおよびデータベース・マネジメント・システムの両方と結合させることで、機密データや個人情報(PII)をマスクする方法を学びます。また、組み込みおよびカスタマイズされた自動マスキング機能について理解します。さらに、実際の一貫した代替可能な値を使用してデータをマスクし、参照整合性を維持するために、それらの機能を使用する方法についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ生成200

本コースでは、CA Test Data Manager(TDM)のデータ生成ツール内の各機能の主な考え方について説明します。受講者は、既存データに基づいてシード・データのカスタム・セットを構築し、パラメータと関数を他のパラメータ内に埋め込み、複数行の複雑なデータを構築してテスト網羅率を確保する方法を学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:テスト・マッチ200

このコースでは、CA Test Data Manager(CA TDM)テスト・マッチ・ツールの各機能の主な考え方について説明します。受講者は、厳密で効率的なテスト・サイクルを実行するために、完璧な状態で各テストに独自のデータ・セットを割り当てる方法を学びます。これらのマッチされたテストはその後、自動テスト・ツールに直接フィードされ、さらに堅牢で安定した自動テストの実行を可能にします。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Agile Requirements Designer 1.x向けCA PA:基礎200

このコースでは、CA Agile Requirements Designer(CA ARD)の使用を開始するために必要な基本的な考え方について説明します。受講者は、基本的な視覚的フローと機能を理解し、コストや複雑性など、さらに高度な技法に取り組みます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

継続的デリバリ:

DevTest Solutions 10向けCA PA:基礎200

このコースでは、CA Service Virtualization、CA Application Test、CA Continuous Application Insightの3つのDevTest Solutions製品に共通する基本的な考え方について学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Service Virtualization 10向けCA PA:基礎200

このコースではCA Service Virtualizationを使用して仮想サービスを記録、編集、デプロイするために必要な基本的な考え方を学びます。ライブ・サービスおよびサービス利用不可時にWebサービスの仮想化を使用する考え方についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Application Test 10向けCA PA:基礎200

このコースでは、CA Application Testの使用を開始するために必要な基本的な考え方とプロセスについて学びます。プロパティ、フィルタ、アサーション、データ・セット、サブプロセスを使用するために設計されたテストケースを使用し、起動してテスト対象のシステムの結果を検証します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Release Automation 6.x向けCA PA:基礎200

CA Release Automationの基礎向けコンテンツはCA Release Automation、Automation Studio、Release Operation Center(ROC)を使用して一から統合プロセスを構築するために必要なナレッジを提供します。このコースではCA Release Automationの基本的な考え方と作業パターンについて学びます。受講者はラボや、実際のプロセスのシミュレーション演習を通じて、製品を体験できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Release Automation Continuous Delivery Edition 6.x向けCA PA:リリース管理200

CA Release Automation Continuous Delivery Editionは複数チーム、複数アプリケーションのリリースにおけるアジャイル開発から本番までのプロセスとコンテンツを計画し方向付けるための、簡単に設定できる視覚的で戦略的な制御ポイントを提供します。これは継続的デリバリの成熟度の次のフェーズへと移行する上で役に立ちます。また、アプリケーションの自動デプロイから完全に管理され最適化されたリリース・パイプラインへと移行する上で、CA Release Automationがどのように役立つかを学べます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:概要100

このコースではアプリケーションの各機能についての主要な考え方を学びます。ソフトウェア開発のためのテスト・データを管理し、変換、生成するために使用するCA Test Data Managerの基本ツールについて理解できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ・プロファイリング200

このコースでは、アプリケーションの各機能の主な考え方について学びます。受講者はCA Test Data Manager(CA TDM)がソース・データをどのように収集、管理、プロファイリングし、テスト・データ管理のための構造化され一元化されたアプローチを提供するかについて理解できます。また、ビジネス要件とテストのニーズに応じてデータの関係性を定義しカスタマイズできるようになります。CA TDMのツールやレポートも使用して、テスト用データをさらに理解し定義できるようになります。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ・サブセット化200

このコースでは、データベースのサブセット化の基本的な考え方について説明します。受講者は開発またはテストの多数のデータ・ソースから、ネイティブのデータベースやメインフレーム・ユーティリティを使用して、本番データのサブセットのより小規模でインテリジェントなバージョンを移行する方法を学びます。また、必要なデータを洗練させるための駆動表の選択についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ・マスキング200

このコースでは、CA Test Data Manager(CA TDM)のマスキング・ツール(Fast Data Masker)の主な考え方と用途について説明します。受講者は、ツールをフラット・ファイルおよびデータベース・マネジメント・システムの両方と結合させることで、機密データや個人情報(PII)をマスクする方法を学びます。また、組み込みおよびカスタマイズされた自動マスキング機能について理解します。さらに、実際の一貫した代替可能な値を使用してデータをマスクし、参照整合性を維持するために、それらの機能を使用する方法についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:データ生成200

本コースでは、CA Test Data Manager(TDM)のデータ生成ツール内の各機能の主な考え方について説明します。受講者は、既存データに基づいてシード・データのカスタム・セットを構築し、パラメータと関数を他のパラメータ内に埋め込み、複数行の複雑なデータを構築してテスト網羅率を確保する方法を学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Test Data Manager 3.x向けCA PA:テスト・マッチ200

このコースでは、CA Test Data Manager(CA TDM)テスト・マッチ・ツールの各機能の主な考え方について説明します。受講者は、厳密で効率的なテスト・サイクルを実行するために、完璧な状態で各テストに独自のデータ・セットを割り当てる方法を学びます。これらのマッチされたテストはその後、自動テスト・ツールに直接フィードされ、さらに堅牢で安定した自動テストの実行を可能にします。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Agile Requirements Designer 1.x向けCA PA:基礎200

このコースでは、CA Agile Requirements Designer(CA ARD)の使用を開始するために必要な基本的な考え方について説明します。受講者は、基本的な視覚的フローと機能を理解し、コストや複雑性など、さらに高度な技法に取り組みます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

プロジェクト&ポートフォリオ管理:

CA PPM 15.4向けCA PA:コア・コンポーネント200

このコンテンツでは、ページ上のリンクやボタン、タブを使用してプロジェクト関連の作業を簡略化し、ナビゲーションを容易にする方法を学びます。コンテンツはユーザの好みに合わせてパーソナライズまたはカスタマイズできます。個人のニーズに応じてページ上でデータを追加したり整理したりすることが可能です。また、データ・ポートレットをアセンブルおよび整理したり、個人用ダッシュボードを作成したり、使用頻度の高いリンクをナビゲーション・ペインのセクションに配置したりすることも可能です。フィルタ・フィールドを強化して、ユーザが開始した検索が詳細なデータを返すよう設定することもできます。また、レポート機能を使用して、レポート・データを改良できます。ユーザは、チーム・メンバにプロジェクトの活動を自動で割り当てるために実行できる、事前定義済みのプロジェクト・プロセスについても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA :時間管理200

このコンテンツはプロジェクト・チームのメンバとマネージャ向けで、タイムシート関連の機能のすべての側面について取り上げます。タイムシートの提出に関連するプロシージャについて、アクセス、入力、保存、送信、および必要な変更の仕方について説明します。また、提出したタイムシートのレビューと承認に関連するプロシージャについても学べます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:プロジェクトおよび投資管理200

このコンテンツは、CA PPMを使用してプロジェクトを管理するユーザ向けです。プロジェクトの設定、プロジェクト・チームの結成、プロジェクトのリスクや問題の管理、変更管理、プロジェクトの完了など、プロジェクト管理プロシージャについて最初から最後まで説明します。プロジェクトの進捗管理に関連するプロシージャについても取り上げます。プロジェクトのベースラインの設定、依存性の識別、ガント・チャートの使用についても学習します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:リソース管理200

このコンテンツは、CA PPMを使用したキャパシティ・プランニングの担当者向けです。リソースと役割のプロファイルを作成して管理し、データ要素を取得し定義する方法について示します。リソースについて理解した後、人員配置の方法(正式な方法と非公式な方法)、リソース検索機能、リソース要求ツールの実演を行います。また、割り当て画面とキャパシティ・プランニング機能についても取り上げます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:デマンド管理200

このコンテンツでは、最初からプロジェクトの作成まで、アイデアとインシデントを作成し管理する方法について説明します。受講者は、スケジュールと予算を構築しアイデアにリソースを割り当て、最終的にアイデアをプロジェクトに変換する方法を学びます。また、インシデントを作成し、取り組みを識別して追跡し、インシデントをプロジェクトまたはタスクに変換する方法についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:ポートフォリオ管理200

このコンテンツでは、CA PPMの性能分析およびウォータ・ライン機能を使用して組織のイニシアチブの真のコストとメリットを確立、維持、分析する方法を学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:財務管理200

このコンテンツでは、CA PPMを使用してOBSと計画を定義し、この定義された構造に合わせてプロジェクトのコストを割り当て、記録する方法を示します。原価率関連の表を作成し、コスト計画の作成、承認、調整や、財務トランザクションのポストについても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.x向けCA PA:Microsoftプロジェクトの統合200

このコンテンツではプロジェクト・マネージャとプロジェクト・チームのその他のメンバを対象に、CA PPMでMicrosoft Projectを使用してプロジェクトを作成し管理する方法について説明します。作業計画の日常の管理技法を使用して、統合環境でプロジェクト、タスク、リソースを設定することに焦点を当てます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.x向けCA PA:Open Workbenchを使用したプロジェクト・スケジューリング200

このコンテンツはプロジェクト・マネージャを対象に、Open Workbenchのスケジューリング・ツールを使用してプロジェクトを作成し管理する方法について説明します。Open Workbenchはオープンソースのデスクトップ・プロジェクト・スケジューリング・アプリケーションで、世界中のプロジェクト・マネージャやリソース・マネージャに使用されています。このコースでは、プロジェクト作成プロセス、プロジェクトの定義、作業の分割構造の構築、リソースの割り当て、依存性の確立、見積もりの定義、スケジューリングの詳細などについて取り上げます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.x向けCA PA:一時的なビュー、レポート、ダッシュボード200

Jaspersoftを使用することで、会社独自のレポートを迅速かつ効率的に作成しデプロイできます。このクラスでは、組織の知識を向上させるために、プロジェクトやその他の投資データに関する一時的なビュー、レポート、ダッシュボードを構築するための実用的な経験が得られます。このコースではJaspersoft Studioの使用方法は取り上げません。 また、クラシックCA PPMのインタフェースを使用します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.3向けCA PA:レポーティング管理200

このクラスでは、CA PPM、高度なレポーティング・アクセス権、データ・ウェアハウスの設定とロードのためにJaspersoftを実装する方法について詳しく学びます。また、このコースでは一時的なビューに追加するカスタム・フィールドを作成するための実用的な経験が得られます。このトレーニングではクラシックCA PPMのインタフェースを使用します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15向けCA PA:カスタム・レポートの構築300

このコースではレポート作成プロセスを簡略化し、レポートの性能を改善します。CA PPMに接続するようJaspersoft Studioを設定する手順を示します。また、クエリ作成方法についてもいくつか学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:基本コンテンツ200バンドル

このコンテンツ・バンドルは6つの基本的なCA PPMコンテンツのパックで構成されます。コア・コンポーネント、時間管理、プロジェクトおよび投資管理、リソース管理、デマンド管理、およびポートフォリオ管理が含まれます。お客様はこれらの6つのコンテンツ・パックが提供するすべてのコンテンツを活用できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:プレミアム・コンテンツ200バンドル

このコンテンツ・バンドルは7つの基本的なCA PPMコンテンツのパックで構成されます。コア・コンポーネント、時間管理、プロジェクトおよび投資管理、リソース管理、デマンド管理、ポートフォリオ管理、および財務管理が含まれます。お客様はこれらの7つのコンテンツ・パックが提供するすべてのコンテンツを活用できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4 On Demand向けCA PA:13.xユーザ・ライセンス・バンドル

このコンテンツ・バンドルにはエディタ・ライセンス1個と、必要とされる標準ユーザ・ライセンスがすべて含まれます。また、6つの基本的なCA PPMコンテンツ・パックであるコア・コンポーネント、時間管理、プロジェクトおよび投資管理、リソース管理、デマンド管理、およびポートフォリオ管理が含まれます。お客様はこれら6つのコンテンツ・パックが提供するすべてのコンテンツを活用できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

プロジェクト&ポートフォリオ管理:

CA PPM 15.4向けCA PA:コア・コンポーネント200

このコンテンツでは、ページ上のリンクやボタン、タブを使用してプロジェクト関連の作業を簡略化し、ナビゲーションを容易にする方法を学びます。コンテンツはユーザの好みに合わせてパーソナライズまたはカスタマイズできます。個人のニーズに応じてページ上でデータを追加したり整理したりすることが可能です。また、データ・ポートレットをアセンブルおよび整理したり、個人用ダッシュボードを作成したり、使用頻度の高いリンクをナビゲーション・ペインのセクションに配置したりすることも可能です。フィルタ・フィールドを強化して、ユーザが開始した検索が詳細なデータを返すよう設定することもできます。また、レポート機能を使用して、レポート・データを改良できます。ユーザは、チーム・メンバにプロジェクトの活動を自動で割り当てるために実行できる、事前定義済みのプロジェクト・プロセスについても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA :時間管理200

このコンテンツはプロジェクト・チームのメンバとマネージャ向けで、タイムシート関連の機能のすべての側面について取り上げます。タイムシートの提出に関連するプロシージャについて、アクセス、入力、保存、送信、および必要な変更の仕方について説明します。また、提出したタイムシートのレビューと承認に関連するプロシージャについても学べます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:プロジェクトおよび投資管理200

このコンテンツは、CA PPMを使用してプロジェクトを管理するユーザ向けです。プロジェクトの設定、プロジェクト・チームの結成、プロジェクトのリスクや問題の管理、変更管理、プロジェクトの完了など、プロジェクト管理プロシージャについて最初から最後まで説明します。プロジェクトの進捗管理に関連するプロシージャについても取り上げます。プロジェクトのベースラインの設定、依存性の識別、ガント・チャートの使用についても学習します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:リソース管理200

このコンテンツは、CA PPMを使用したキャパシティ・プランニングの担当者向けです。リソースと役割のプロファイルを作成して管理し、データ要素を取得し定義する方法について示します。リソースについて理解した後、人員配置の方法(正式な方法と非公式な方法)、リソース検索機能、リソース要求ツールの実演を行います。また、割り当て画面とキャパシティ・プランニング機能についても取り上げます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:デマンド管理200

このコンテンツでは、最初からプロジェクトの作成まで、アイデアとインシデントを作成し管理する方法について説明します。受講者は、スケジュールと予算を構築しアイデアにリソースを割り当て、最終的にアイデアをプロジェクトに変換する方法を学びます。また、インシデントを作成し、取り組みを識別して追跡し、インシデントをプロジェクトまたはタスクに変換する方法についても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:ポートフォリオ管理200

このコンテンツでは、CA PPMの性能分析およびウォータ・ライン機能を使用して組織のイニシアチブの真のコストとメリットを確立、維持、分析する方法を学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:財務管理200

このコンテンツでは、CA PPMを使用してOBSと計画を定義し、この定義された構造に合わせてプロジェクトのコストを割り当て、記録する方法を示します。原価率関連の表を作成し、コスト計画の作成、承認、調整や、財務トランザクションのポストについても学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.x向けCA PA:Microsoftプロジェクトの統合200

このコンテンツではプロジェクト・マネージャとプロジェクト・チームのその他のメンバを対象に、CA PPMでMicrosoft Projectを使用してプロジェクトを作成し管理する方法について説明します。作業計画の日常の管理技法を使用して、統合環境でプロジェクト、タスク、リソースを設定することに焦点を当てます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.x向けCA PA:Open Workbenchを使用したプロジェクト・スケジューリング200

このコンテンツはプロジェクト・マネージャを対象に、Open Workbenchのスケジューリング・ツールを使用してプロジェクトを作成し管理する方法について説明します。Open Workbenchはオープンソースのデスクトップ・プロジェクト・スケジューリング・アプリケーションで、世界中のプロジェクト・マネージャやリソース・マネージャに使用されています。このコースでは、プロジェクト作成プロセス、プロジェクトの定義、作業の分割構造の構築、リソースの割り当て、依存性の確立、見積もりの定義、スケジューリングの詳細などについて取り上げます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.x向けCA PA:一時的なビュー、レポート、ダッシュボード200

Jaspersoftを使用することで、会社独自のレポートを迅速かつ効率的に作成しデプロイできます。このクラスでは、組織の知識を向上させるために、プロジェクトやその他の投資データに関する一時的なビュー、レポート、ダッシュボードを構築するための実用的な経験が得られます。このコースではJaspersoft Studioの使用方法は取り上げません。 また、クラシックCA PPMのインタフェースを使用します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.3向けCA PA:レポーティング管理200

このクラスでは、CA PPM、高度なレポーティング・アクセス権、データ・ウェアハウスの設定とロードのためにJaspersoftを実装する方法について詳しく学びます。また、このコースでは一時的なビューに追加するカスタム・フィールドを作成するための実用的な経験が得られます。このトレーニングではクラシックCA PPMのインタフェースを使用します。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15向けCA PA:カスタム・レポートの構築300

このコースではレポート作成プロセスを簡略化し、レポートの性能を改善します。CA PPMに接続するようJaspersoft Studioを設定する手順を示します。また、クエリ作成方法についてもいくつか学びます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:基本コンテンツ200バンドル

このコンテンツ・バンドルは6つの基本的なCA PPMコンテンツのパックで構成されます。コア・コンポーネント、時間管理、プロジェクトおよび投資管理、リソース管理、デマンド管理、およびポートフォリオ管理が含まれます。お客様はこれらの6つのコンテンツ・パックが提供するすべてのコンテンツを活用できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4向けCA PA:プレミアム・コンテンツ200バンドル

このコンテンツ・バンドルは7つの基本的なCA PPMコンテンツのパックで構成されます。コア・コンポーネント、時間管理、プロジェクトおよび投資管理、リソース管理、デマンド管理、ポートフォリオ管理、および財務管理が含まれます。お客様はこれらの7つのコンテンツ・パックが提供するすべてのコンテンツを活用できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA PPM 15.4 On Demand向けCA PA:13.xユーザ・ライセンス・バンドル

このコンテンツ・バンドルにはエディタ・ライセンス1個と、必要とされる標準ユーザ・ライセンスがすべて含まれます。また、6つの基本的なCA PPMコンテンツ・パックであるコア・コンポーネント、時間管理、プロジェクトおよび投資管理、リソース管理、デマンド管理、およびポートフォリオ管理が含まれます。お客様はこれら6つのコンテンツ・パックが提供するすべてのコンテンツを活用できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

サービス管理:

CA Service Management 14.1向けCA PA:要求およびカタログ管理200

このコンテンツはユーザとマネージャが職務を実行するための効果的なトレーニングを提供します。ユーザおよびマネージャの役割に関連するツールやプロシージャ、プロセスに関してこのコンテンツが提供するナレッジは、ビジネス環境における要求とサービス・カタログの管理に関する問題への対応に役立ちます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Service Desk Manager 17.0向けCA PA:変更および設定の管理200

このコースでは、CA SDMを効率的に使用して変更オーダを迅速に処理する方法について学びます。これによって受講者は変更の実装が原因で発生する可能性がある関連インシデントが組織に与える影響を、最小限に抑えることができます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Service Desk Manager 17.0向けCA PA:インシデントおよび問題管理200

このコースでは、社員およびレベル1とレベル2のサービスデスク・アナリストを対象に、効率的に職務を実行するために役立つ効果的なトレーニングを提供します。このコースで役割に関するツールやプロシージャ、プロセスに関して提供されるナレッジは、ビジネス環境におけるインシデントおよび問題の処理や、ユーザへの対応をより効果的に行うために役立ちます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

サービス管理:

CA Service Management 14.1向けCA PA:要求およびカタログ管理200

このコンテンツはユーザとマネージャが職務を実行するための効果的なトレーニングを提供します。ユーザおよびマネージャの役割に関連するツールやプロシージャ、プロセスに関してこのコンテンツが提供するナレッジは、ビジネス環境における要求とサービス・カタログの管理に関する問題への対応に役立ちます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Service Desk Manager 17.0向けCA PA:変更および設定の管理200

このコースでは、CA SDMを効率的に使用して変更オーダを迅速に処理する方法について学びます。これによって受講者は変更の実装が原因で発生する可能性がある関連インシデントが組織に与える影響を、最小限に抑えることができます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Service Desk Manager 17.0向けCA PA:インシデントおよび問題管理200

このコースでは、社員およびレベル1とレベル2のサービスデスク・アナリストを対象に、効率的に職務を実行するために役立つ効果的なトレーニングを提供します。このコースで役割に関するツールやプロシージャ、プロセスに関して提供されるナレッジは、ビジネス環境におけるインシデントおよび問題の処理や、ユーザへの対応をより効果的に行うために役立ちます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

ワークロード自動化:

CA Workload Automation ESP Edition r11.4向けCA PA:基礎200

このコンテンツでは、CA WA ESP Editionで作業するために必要な基本的なタスクについて説明します。受講者はアーキテクチャとハイレベルな機能セットについての理解、アプリケーションとイベントの作成、カレンダの定義などを通じて、会社のニーズに応じてCA WA ESP Editionをカスタマイズできるようになります。CA Workload Automation Workstation ESP Edition(CA WA Workstation)、TSO(Time Sharing Option)、ISPF(Interactive System Productivity Facility)を使用してワークロードを視覚的に定義、監視、制御するために必要な基本的なスキルも習得できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Workload Automation AE r11.3.6向けCA PA:運用200

このコンテンツでは、CA Workload Automation AEソリューションを使用して運用を効果的に行うために必要なスキルを学びます。実際の、ユースケースに基づく演習では日常的に起きる活動に焦点を当てます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

ワークロード自動化:

CA Workload Automation ESP Edition r11.4向けCA PA:基礎200

このコンテンツでは、CA WA ESP Editionで作業するために必要な基本的なタスクについて説明します。受講者はアーキテクチャとハイレベルな機能セットについての理解、アプリケーションとイベントの作成、カレンダの定義などを通じて、会社のニーズに応じてCA WA ESP Editionをカスタマイズできるようになります。CA Workload Automation Workstation ESP Edition(CA WA Workstation)、TSO(Time Sharing Option)、ISPF(Interactive System Productivity Facility)を使用してワークロードを視覚的に定義、監視、制御するために必要な基本的なスキルも習得できます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Workload Automation AE r11.3.6向けCA PA:運用200

このコンテンツでは、CA Workload Automation AEソリューションを使用して運用を効果的に行うために必要なスキルを学びます。実際の、ユースケースに基づく演習では日常的に起きる活動に焦点を当てます。

詳細については担当の研修サービス・セールス・マネージャまでお電話(03-6272-8140)でお問い合わせいただくか、またはこのフォームに必要事項を記入してください。

CA Productivity Accelerator に関する詳細をお求めでしょうか?

詳細についてはお電話(03-6272-8140)でお問合せいただくか、ライブ・デモを予約してください。

開催地

トレーニングセンターの開催地の確認、CA研修サービスのセールス部門、アドバイザ、および技術サポートまでお問い合わせください。

開催地を確認する >

購入方法

学習形式と購入オプションに関する詳細

詳細 >

ポリシー

CA研修サービスおよびトレーニングの利用条件を見る

ポリシーを見る >