CAでアジャイルを拡張

少数の開発チームを超えてアジャイル・プラクティスを拡張することで、チームを結び付け、コラボレーションを向上させ、生産性を最大化できます

eBookを読む 無料トライアル

Related Videos


企業全体にわたる拡張の方法

コラボレーション、コミュニケーション、生産性、スピード、効率性、品質を向上させ、チーム間にまたがりアジャイルを拡張することで、ビジネス・チャンスと顧客価値を最大化できます。アジャイルの拡張を成功させるには、重大な変革を行う必要があります。単にアジャイルを実行するだけでなく、部門の枠を超えた多数のチームにまたがりアジャイル化を進める必要があるのです。一堂に会してのプランニングと呼ばれる、アジャイル拡張の鍵となる方法を通じてチーム間を連携させる方法を、ビデオでご覧ください。

アジャイル・フレームワークとは

企業全体にアジャイルを拡張するのは簡単ではありませんが、適切なアジャイル・フレームワークを使用すれば、それほど難しくはありません。アジャイル・フレームワークは、どのようにアジャイルを採用し、企業全体に広げるかを示す青写真です。各フレームワークは組織と手続きに関する一連のパラメータを提供し、チームが準備をしてアジャイル化をよりスムーズに進むために役立ちます。最も多く使用されているアジャイル・フレームワークはSAFe(CAのパートナーであるScaled Agile Inc.が確立し所有)、DAD(Disciplined Agile Delivery、現在はDisciplined Agile 2.0、Disciplined Agile Consortiumが確立し所有)、LeSS(Large Scale Scrum、The LeSS Company B.V.が確立し所有)です。

戦略と実行を拡張する方法をご覧ください

アジャイルの拡張には複数の役割と部門、特にサイロにまたがる調整が必要です。

少数のチームだけがアジャイルを習得しても、企業はアジャイルのメリットを大規模に実現できません。よりコラボレーティブな顧客中心の企業になるためには、実行作業をビジネス戦略に結びつけ、調整された拡張と完璧なビジネス・プランニングのための計画を策定する必要があります。そのために、作業に適切なアジャイル・ソフトウェアを選択する必要があります。

アジャイル拡張の大改革

特に変化しやすく競争の厳しいグローバル・エコノミーにおいて、すべての企業はアジャイル・アプローチからメリットを得ています。ただしアジャイルの取り組みや採用、拡張を行うには同時に、それに見合うガバナンスと管理も必要になります。最新のIDC MarketScapeでは、CA Project & Portfolio ManagementとCA Agile Central(旧Rally)の統合がこうした問題の解決に役立つこと、そしてCAがアジャイルPPM市場のリーダーである理由について、説明されています。

アジリティへの移行はここから始まります

企業全体のアジリティを進化させ拡張させるCAのアジリティ・ソリューションについて、詳細をご覧ください

CA Agile Central

チームを強化してビジネス・アジリティを推進する、エンタープライズ向けSaaSプラットフォーム

CA Agile Coaching

CAのコーチがあらゆるレベルの組織を、目標とするアジリティの実現に導きます。

CA Agile Transformation Consulting

アプリケーション・エコノミーにおけるリーダーの迅速な意思決定をサポートする、協力関係的な指導とアドバイスをご体験ください。

アジャイル マネジメント

計画、実行、サービスの方法を再定義して、より多くのビジネス・バリューをより迅速に提供します。

アジャイル・プランニング関連資料

事例と実際の成果

Heartland Payment Systems: Building a Strong Framework for Enterprise Scale Agile(英語)

CA Technologies Increases Customer Satisfaction and Repeat Business by Scaling Agile for Mainframe Development

Philips Release Planning Simulation: Building the Home of the Future for the Elderly

アジャイル マネジメント ブログ

モダン・ビジネスを形づくるタイムリーなトピックとトレンド

モダン・ソフトウェア・ファクトリ・ハブ

アジャイル・ビジネスの構築方法についてのヒント、ツール、洞察に関する資料

TEL
0120-702-600
お問い合せ