CAを利用したアジャイルのメリットについてもっと知る

アジャイルとは何かを知り、企業にとって有効な方法でカルチャと運用を変革しましょう

無料トライアル ホワイトペーパーを読む

Related Videos


アジャイルを始める

目標達成は重要ですが、簡単ではありません。品質の問題や予算の不足、製品デリバリの遅れに悩まされていませんか? アジャイルを導入することで課題を解決し、顧客が必要とするものを必要とされるときに提供できる組織を確立できます。

アジャイルとは?

アジャイルは単なる手法ではありません。顧客に価値を届ける方法を変える考え方で、市場戦略を需要のある革新へと変革します。アジャイルを実現すると適切な人材が適切な情報に、かつてないほど迅速にアクセスできるようになります。チーム間を隔てる障壁も取り除けます。また、アプリケーション・デリバリを単なる成果ではなく、進化する継続的なビジネスの一部へと変革します。その結果、変化に対応するだけでなく、変化を生み出す態勢を整えることができます。

アジャイルがビジネスにもたらすメリット

ビジネスの成長推進

運用効率の向上

社員の生産性の向上

顧客満足度の向上

インフォグラフィック「ビジネスをより早く成長させる新たな方法(英語)」

仕事の方法を変えるソリューション

スクラム、カンバン、リーンはすべてアジャイル開発手法で、通常、ソフトウェア開発のプロジェクト管理に関連しています。

CA Agile Centralはエンタープライズクラスのプラットフォームで、アジャイル開発手法とアジャイル開発プラクティス向けに設計されています。CAの標準化されたプラットフォームを使用すれば、チームが同期したリズムで連携して作業を計画し、優先順位を判定し、追跡するためのハブを確立できます。

アジリティへの移行はここから始まります

CAのアジリティ・ソリューションはビジネスを進化させ、革新、採用、変革を可能にします。

CA Agile Central

チームを強化してビジネス・アジリティを推進する、エンタープライズ向けSaaSプラットフォーム

アジャイル マネジメント

計画、実行、サービスの方法を再定義して、より多くのビジネス・バリューをより迅速に提供します。

CA Agile Coaching

CAのコーチがあらゆるレベルの組織を、目標とするアジリティの実現に導きます。

最適なアジャイル開発手法を選ぶには

アジャイルの導入には、最初は不安があるかもしれません。まず、どの手法が最適か選ぶことから始めましょう。導入を始めたばかりのチームが最も多く使用しているのは、スクラムとカンバンの2つです。

スクラムとは?

スクラムは多くのアジャイル・チームの間で非常によく使用されています。スクラムはコラボレーションと作業のインクリメントを重視しており、その点ではカンバンと同じです。異なるのは、スクラムでは作業が時間枠(タイム・ボックス)に分けられることです。また、スクラムは一連のルールに従い、チームの全メンバーが役割と責務を持ちます。一般的なスクラム・チームは5~9人で構成され、製品オーナー、スクラム・マスター、および数人のチームメンバーが含まれます。チームは一定の期間に取り組むべき作業にコミットし、部門間で連携して作業し、特定の時間枠で完了させます。

カンバンとは?

「視覚的な表示」や「板」を意味する日本語に由来するカンバンも、作業をより小規模で管理しやすい塊に分割します。スクラムと異なるのは、作業を特定のタイム・ボックスに分けるのではなく、作業の優先順位を判定し管理しやすい部分に分割する点です。カンバンはボードを使用し、チーム全体の作業とそのフローを視覚化して追跡し、進行中の作業量も減らします。カンバン・チームがどの作業にコミットするかは任意で、時間枠も任意に決定できます。一般的にカンバンはより流動的で、厳密なガイドラインやルールは多くありません。

スクラムかカンバン化の選択は、実行する作業の種類によって異なります。

スクラムとカンバンの違いについて、まだ不明な点がありますか?

アジャイル・プランニング関連資料

アジャイル マネジメント ブログ

アプリケーション・エコノミーにおけるタイムリーなトピックとトレンド

モダン・ソフトウェア・ファクトリ・ハブ

アジャイル・ビジネスの構築方法についてのヒント、ツール、洞察に関する資料

TEL
0120-702-600
お問い合せ