アジャイル・プロジェクト管理

アジャイル・プロジェクト管理はビジネス・アジリティのメリットを実現する最初の一歩です

Related Videos


アジャイル・プロジェクト管理で始まるアジャイルの価値実現

現在は、従来の手法からアジャイルまで、さまざまな手法を使用して製品やサービスを提供する複雑な時代です。アジャイルの手法を採用する企業は増え続け、プロジェクト・マネージャはスクラム・マスターのトレーニングを受けています。 しかし、それでもまだ、多くの企業はアジャイルに期待していたメリットを実現していません。

調査対象組織の95%が、CA Agile CentralによるSAFeのサポート、拡張の手法およびカンバンは競合製品よりも優れていると評価しています。

出典:TechValidate、TVID: F3F-95B-B1E

調査対象組織の97%が、CA Agile Centralのポートフォリオとシナリオのプランニングは競合他社よりも優れていると評価しています。

出典:TechValidate、TVID: 6C2-023-F64

アジャイル・プロジェクト管理とは

アジャイル・プロジェクト管理は一般的に、従来のウォーターフォールの環境からアジャイル環境、またはハイブリッド環境へ移行するときに採用されます。アジャイル・プロジェクト管理では、コラボレーション、顧客主義、迅速な価値提供が強化されます。また、チームの作業と戦略的な事業達成目標を連携させて、従来の役割と新しい働き方を組み合わせることができます。

アジャイル・プロジェクト管理の目的

スクラム・チームが迅速に作業を行っても、ビジネスや顧客に価値を提供できなければ意味がありません。開発チームの作業は重要ですが、ビジネス戦略の実行とデリバリに連携させる必要があります。そうすれば、適切なタイミングで適切な製品を構築できるようになります。

ポートフォリオの項目を階層化して開発とビジネスの優先度を整合

CA Agile Centralでは、独自の機能によって作業項目を適切に体系化し、完全かつ正確に表示できます。そのため、チームの作業がビジネスの優先度に対応しているか確認できます。また、ユーザの事例に対する機能とイニシアチブの整合性を確認しながら、リアルタイムで進捗を追跡できます。

ポートフォリオ・カンバンでチームの作業を効率化

CA Agile Centralのポートフォリオ・カンバンを使用すると、ビジネス分析から実装までの作業の流れの優先度を判断しながら、進行中の作業やボトルネックを確認できます。独自の機能によってポートフォリオ・カンバンビューの設定をカスタマイズすることで、あらゆるレベルで意思決定のニーズに対応できます。

チームプランニングによる事例や欠陥を含めた機能の検討

優先度を決めて機能を可視化し、推測を排除します。また、機能を事例に分解し、反復作業に組み入れます。依存性を特定し、リスクを軽減して、低リスクで最適な価値を提供する現実的なリリース計画を作成します。

CA製品は、アジャイル・プロジェクト管理を始めるには最適です。アジャイルのメリットを実現する方法の詳細をご覧ください。

アジリティ・サービス

CA Agile Coaching

アジャイルのプロセスのすべての段階でチームを導き、自立したアジリティの実現をサポートします。

CA Agile Academy

アジャイル・エキスパートとのコラボレーションと対話を通して知識を習得します。

TEL
0120-702-600
お問い合せ