CA Application Performance Management の特長

ビジネスに重要なアプリケーション・パフォーマンスの向上と優れたエンドユーザ・エクスペリエンスを確保します

Related Videos


お客様視点でアプリケーションの性能を監視

CA Application Performance Managementは、アプリケーションやネットワークで性能が劣化したことをその場で検知し、お客様に迷惑をかける前に問題を対処できることを約束します。障害の原因は、リアルタイムで管理者に通知され、必要に応じて、アプリケーションのメソッドや、バックエンドシステム、ネットワークなど、修正すべき箇所をピンポイントで指摘します。お客様に負担をかけない運用管理を行うことで、御社のビジネスを加速させます。

kadai-1

システムの性能問題でビジネスに影響をおよぼしたことがある

kaiketsu-1

アプリケーションの性能を「見える化」して管理

予兆を検知し、ビジネスに影響する前に性能問題を解決
CA Application Performace Managementでは、リアルタイムで本番環境のアプリケーション性能を監視することが可能です。そのため、ミッションクリティカルなアプリケーションでは、性能劣化の状況をビジネスに影響を及ぼす前に管理者に通知し、性能障害を未然に防ぐことが可能です。

 

性能の可視化により、ビジネスに貢献できる具体的な目標を設定
CA Application Performace Managementでは、定常的にアプリケーション性能を「見える化」できます。そのため、ビジネスニーズに合ったアプリケーションの性能指標(処理速度、SLAなど)を定義し、機能拡張やユーザの増加時などにも、正しく動いていることを管理し続けることが可能となります。

 

kadai-2

安定したシステム性能を維持するために多大なリソースがかかっている

kaiketsu-2

ダッシュボードと最適なサイジングでコストを削減

シンブルなダッシュボードと監視の自動化によるコストの削減
CA Application Performace Managementでは、特別なトレーニングを受けなくてもすぐにわかるダッシュボードにて、システム性能を監視します。そのため、無駄なコスト(トレーニングにかかる受講費や時間)を費やすことなく、誰でも簡単に性能を確保するための運用を行うことができます。

無駄を省いた最適なサイジングを実現
CA Application Performance Managementを使うことにより、アプリケーションの性能問題がリソースによるものか、コードのバグなのかを即座に見分けることができるようになります。そのため、最適なリソース(サーバのキャパシティ)を定義することができ、無駄なハードウェアコストを削減することができるようになります。

 

 

kadai-3

お客様からのクレームで初めて性能問題に気が付くことが多い

kaiketsu-3

リアルタイムでお客様の体感状況を把握

リアルタイムで常にお客様の体感状況を把握
CA Application Performance Managementでは、お客様が体感している性能(リクエストのボタンを押してから、応答が返ってくるまでの時間)を監視し続けることができます。そのため、何度もお客様が「遅い」と感じる前に、問題の個所を見つけ、対応することが可能となります。

お客様の契約内容や会員レベルにより、優先度をつけることが可能CA Application Performance Managementを使うことにより、ユーザのリクエストをビジネスの重要度(契約内容や会員レベル)にあった優先度付けをして、監視することが可能になります。優先度をつけることにより、ビジネスニーズに応じた性能問題への対応が可能になります。

 

TEL
0120-702-600
お問い合せ