CA Endevor® Software Change Manager の特長

アプリケーション開発における様々な課題を解決します

Related Videos


開発プロセス全体を自動化、ソフトウェアの一貫性を確保し完全な制御を可能にします

CA Endevor Software Change Managerは、アプリケーション開発のための工程管理、ソース管理、モジュール構成管理、並行開発支援、承認管理、およびリリースの自動化により、メインフレーム環境に関連するあらゆるソフトウェア開発業務をサポートします。

kadai-1

メインフレーム上のプログラム開発管理を自動化したい

kaiketsu-1

ソフトウェアの変更管理を一元管理、自動化します

CA Endevorは、開発・運用のライフサイクル全体を管理するツールです。
提供する主な機能には、ライフサイクル・移行管理、変更管理、構成管理、並行開発管理などがあります。
CA Endevor SCMを利用する事で、ソフトウェア導入のスピードを低下させる手作業の手順が排除されるため、アプリケーション開発者の生産性を最大化することが可能となります。包括的な監査により、効率の向上とエラーの低減を可能にします。

ソースコードの変更情報を管理することができ、平行開発の管理も行えます
CA Endevorは、ソースの変更情報を管理します。 誰が、いつ、どのステートメントを、どのように変更したのかといった情報を保持することができるので、ソフトウェア変更に対する監査にも対応することが可能です。 また、この情報を利用し、任意の変更レベルを復元する事も可能です。 そして同一メンバーに対する、複数の異なる修正内容を管理する事もでき、ソースの変更箇所と、変更された内容の判断を容易に行うことができます。自動マージ機能により、最終成果物の信頼性もたもつことができます。



開発・運用工程の管理と、各工程に関連するライブラリの管理
開発から運用までの移行ルートを管理します。また、どこにどのようなリソースがあるのかの管理も、CA Endevorが行います。

開発環境から本番運用環境など、ライフサイクル管理・移行管理に関わる部分をシステム化、リソースの移動に関する承認管理機能も提供します。

 

構成管理を実現することができます
ロードモジュール等、ソースから生成されたリソースを構成する情報を管理する事ができます。
どのソースを、どのJCLを使用して、どのようなCOPY句を使って、どのライブラリに出力したかの情報をCA Endevorが管理します。

このフットプリントにより、モジュールからソースプログラムの格納先を探したり、逆参照ができます。
また、構成情報は、変更時の影響分析で活用することが可能です。

 

kadai-2

アプリケーション開発に関する事項をトータルに改善、管理したい

kaiketsu-2

トータルなアプリケーション開発管理を実現

CA Endevor SCMは、CA Technologiesのテスト・ツールと統合することで、ライフサイクルを通してテストに必要なID、ストレージ、およびソフトウェア・リストの調整を容易にします。手動による作業が削減されることで、アプリケーションの変更やテストのスピードが上がるだけでなく、手動作業によるエラーやアプリケーションの停止を回避することもできます。

プログラム開発の変更やテストのスピードを向上し、手動作業によるエラーやアプリケーションの停止を回避
CA Lifecycle Management製品(CA Endevor SCM、CA Librarian®、CA Panvalet®)で統合管理することにより、変更のたびに正しいバージョンのプログラムリストを使用していることが確認できるようになります。

デバック、障害分析、ファイル/データ操作、品質保証などをトータルに実現
CAソリューションは、単体製品を提供するだけではなく、それぞれの製品が連携して稼働する事で、多くの効果を生む様設計されています。CA Endevorを含むライフサイクル管理ソリューションをアプリケーション品質管理、テストツールなどと統合的に使用することで、アプリケーション開発に関する多くの作業、課題に取り組むことができます。

 

 

TEL
0120-702-600
お問い合せ