CA Mainframe Application Tuner の特長

アプリケーション精度の指標確立やチューニングにおける様々な課題を解決します

Related Videos


開発プロセス全体を自動化、ソフトウェアの一貫性を確保し完全な制御を可能にします

CA Mainframe Application Tunerは、アプリーケーションパフォーマンス最適化のために、処理状況を実測し、問題の詳細をドリルダウン操作で特定します。アプリケーション改修において、ソースコードレベルで問題個所を指摘し、煩雑な分析作業を効率的に行えます。様々な開発言語やバッチ環境、各種サブシステムトランザクションおよびパラレルSYSPLEX環境もサポートしています。

kadai-1

分析に要する時間とスキル

kaiketsu-1

豊富な分析の切り口を分かりやすいメニューで提供

プログラム見直し等に必要な、プログラム処理の遅延や資源消費内訳等を見るための情報を確認するための分析メニューが用意されています。バッチ、オンライン共にソースコードレベルで自動的に問題個所を指摘することができます。

分析メニューから詳細分析データへの画面自動遷移
詳細な指定により収集したパフォーマンスデータを、用途に応じた分析オプションを選択するだけで、詳細な分析結果を得ることができます。プログラム上の問題やデータベースの課題等を分析します。

kadai-2

データ収集の指標が不明瞭

kaiketsu-2

潜在的な問題を含め、課題を持つアプリケーションの洗い出し

アプリケーションの詳細分析に先立ち、事前調査として対象システム全体の過去の処理データから問題のありそうなアプリケーションを特定のうえ、アプリケーションパフォーマンス分析タスク起動を自動化することができます。

PMA(Performance Management Assistant)オプションによる分析補助
過去のSMFデータを抽出し、各種スコープによる調査にて、分析対象アプリケーションやプログラムステップを特定します。

 

kadai-3

ボトルネックの切り分けが困難

kaiketsu-3

ビジュアル化されたグラフを多用し、直感的に問題個所を判断

アプリケーション処理にて、モジュール、CSECT、オフセットのレベルで、どういうイベントが発生していたかを可視的に確認できます。システム制御と実プログラムの処理が個別な項目でグラフ化されて表示されます。

プログラム詳細レベルのイベント分析
時間を費やした順、あるいは時系列にて、メジャーカテゴリーおよびマイナーカテゴリー別にアクティブおよび待ち時間の内訳が分析できます。

TEL
0120-702-600
お問い合せ