{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Service Virtualization の特長

エンタープライズ ソフトウェア開発ライフサイクルの制約条件の最適化と排除を行い、複雑さと変化を克服します

Related Videos


複雑化するアプリ開発の「コスト短縮」「工期短縮」「品質向上」を実現!

次々と湧きあがるビジネスニーズにタイムリーに呼応させていくためには、アプリケーション開発サイクルをこれまで以上に加速させる必要があります。限られたIT投資のなかで品質を担保しつつ、開発速度を加速するには、とりわけテスト工程の生産性向上が大きな鍵となります。
CA Service Virtualizationは「サービスの仮想化」という新たなテクノロジにより、テスト工程を含むアプリケーション開発サイクルの効率を飛躍的に向上させます。
これにより、サービスの早期市場投入、工数削減、更なる品質向上を実現します。

kadai-1

テストの実施を阻害する「制約」

kaiketsu-1

サービスの仮想化

「サービスの仮想化」とは、アプリケーションの連携相手の振る舞いを記憶し、シミュレーションするテクノロジです。この仕組みにより、テストの実行を阻害する「制約」を解消することが可能です。つまり「サービスの仮想化」により、いつでも誰でも好きなようにテストを実行することができるようになります。

「仮想サービス」簡単生成
「仮想サービス」は連携先システムを利用できるのであれば録画して再生するように生成することができます。 連携先システムを利用できない場合でも、インタフェース仕様や通信データから簡単に作成することが可能です。 アプリケーションの構築ではなくサービスの仮想化のため、コーディングは不要です。

アイドリング時間の圧縮
開発テスト工程には、実は「待ち」時間が多く含まれています。待ち時間は開発したアプリケーションをすぐにテストできないために生じます。この制約をサービスの仮想化によって解消することが可能です。もう待つ必要はありません。

さらなる品質の向上
連携先システムの完成を待たずにテストを開始できるので、早期の問題の検出、テストのバリエーションの充実、結果として品質の相対的な向上が見込めます。

kadai-2

アプリケーションの複雑化によるテストの負荷増大

kaiketsu-2

テストの自動化

限られた時間内に一通りのテストを完了させるには、どうしても数に頼る必要があります。多くの場合、それはテスト要員の増員につながります。人手に頼るとミスも起こります。テストの作成から実行、結果の評価までを自動化することで、人的、時間的工数の削減だけでなく、品質の向上にも役立てます。

各種テスト実行の前倒し
リリース間際のテストは「問題」のないことを確認するためのものであるべきですが、その段階で初めて問題が発覚し、その修正に要する時間を伴うことも少なくありません。 早め早めに問題に対処するために、様々なテストデータによるテストの実行や、負荷テストの実行を強力に支援します。

ca-service-virtualization-features_img2

テストシナリオを広くカバレッジ

一度生成した仮想サービスに対して、容易にデータを追加投入でき、1つの仮想サービスをベースに様々なテストシナリオをカバレッジできます。また、CA が提供するインテリジェントなロジックを使用することにより、全てのデータパターンを静的に追加することなく、テストシナリオを充分に網羅する仮想サービスを極めて短時間で生成できます。

kadai-3

再現できない…

kaiketsu-3

再現ではなく修正に時間を!

「再現」できないのは、多くの場合、問題発生時の条件を記録できていないことによります。アプリケーション内の個々のロジックの関係や利用しているデータを含めて可視化することで、時間を再現ではなく修正のために使えるようになります。

テスト要員と開発者の連携
CA Service Virtualization はテスト実行時の条件を収集、蓄積するため、テスト実行者が見た問題をアプリケーション開発者も直接確認することができます。もう両者に喧嘩はありません。

 

 

TEL
0120-702-600
お問い合せ