{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Strong Authentication の特長

特許技術に守られたソフトウェア証明書による強固な認証を提供し、ユーザ・アイデンティティの確認を強化します

Related Videos


ソフトウェアベースのワンタイムパスワード、証明書で認証を強化

CA Strong Authenticationにより、幅広い強力な認証機能を効率用よく導入できます。「CA ArcotID PKI」は、ソフトウェア証明書として提供され、ユーザの利便性を損なうことなく、高度なセキュリティを実現します。また、ソフトウェアベースのワンタイムパスワード「CA ArcotID OTP」も提供、ニーズに応じた認証強化方式を選択することが可能です。PCのみならず、スマートデバイスにも導入することが可能です。

kadai-1

在宅勤務やリモートアクセスが進むが、アクセスは本当に本人なのか

kaiketsu-1

リモートアクセスの本人確認を強化し、不正アクセスを防止

CA Strong Authenticationソリューションは強力な二要素認証を実現するソフトウェア・トークン、ワンタイムパスワードを提供、VPN、VDI 、クラウドサービス利用におけるログインプロセス自身のセキュリティの脆弱性を解消します。ログイン時における従来のユーザ名およびパスワードの認証を行う単純な方法を改善し、よりセキュアな二要素認証方式を容易に導入することを可能にします。「ArcotIDを持っている」ことと「ArcotIDを利用するためのパスワードを知っていること」で2要素認証を実現することになります。

複数の認証方式に対応 ソフトウェア証明書とOTPを提供
CA ArcotID PKI は、セキュアなソフトウェア・クレデンシャルで、ハードウェアを購入するコストや不便さを伴わずに、多要素認証を実現します。ユーザ認証をソフトウェアのみで提供する公開鍵基盤(PKI)ベースの多要素認証にアップグレードすることで、ユーザ名/ パスワード認証プロセスを強化できるようにします。 CA ArcotID OTP は、あらゆる目的に対応するセキュアなソフトウェア・パスコード・ジェネレータで、 スマートフォン、iPad、その他の PDA を便利な認証デバイスにします。pin を入力し、ワンタイム・パスコードを読み取り、それをアプリケーションの認証プロンプトに入力するだけです。

実証された二要素認証連携
CA Strong Authenticationは、F5ネットワークス(F5 FirePass)、シトリックスシステムズ(Citrix Access Gateway)、ジュニパーネットワークス(Juniper SA)、シスコシステムズ(Cisco ASA)をはじめ、様々なベンダー連携の実績を豊富に持ち合わせています。また、SaaSへの認証の際の連携実績も豊富です。セールスフォース・ドットコム連携では、株式会社セールスフォース・ドットコムよりCertifyを受けた製品として、salesforce.comへのアクセス認証強化を実現します。

マルチデバイスに対応
事業継続のため、BYODでリモートから社内へアクセスできる環境を構築検討する際、さまざまなデバイスの利用が考えられます。その中にはスマートデバイスも含まれます。CA Strong Authenticationは、マルチデバイスに対応しているため、運用デバイスを制限することなく、企業に必要なリモートアクセスをセキュリティ面でサポートします。

kadai-2

オンラインサービスの安全性は大丈夫なのか

kaiketsu-2

インターネット上のオンラインサービスの安全性を向上

CA Strong Authenticationが提供するソフトウェア証明書は、特許で守られておりセキュアな本人特定の仕組みを提供します。慣れた環境からの脱却を嫌う消費者に、ハードウェアトークンを持たせたり、パスワード以外にもう一つパスワードを入力させたりするのはサービスからの離脱者を生む要素であり避けるべきです。CA Strong Authenticationならそんな心配はありません。

CAのソフトウェア証明書は簡単運用でセキュア
CA ArcotID PKIを利用すれば、今までのユーザ操作を変えることなく本人確認を強化できます。証明書が入っているデバイスを利用して、ID/パスワードを知っていることが本人特定の決め手となります。

MITB、MITM対応
CA Strong AuthenticationからCA ArcotID PKIを使用すると、中間者攻撃(MITM 攻撃)を防止できます。 CA ArcotID PKI は、発行されたドメインでのみ認証を行い、OTP トークンやGrid Pad では対応できない、Phisher(フィッシャー)やPharmer(ファーマー)からユーザを保護します。また、特許申請中のVirtual Private Session は、セッション中のデータを改ざんまたはハイジャックするMITB 攻撃を防止します。

kadai-3

そもそもハードウェアトークンを採用した二要素認証がベストだったのか

kaiketsu-3

トークン“ソフトウェア”という選択肢

ソフトウェアトークンはPCやスマートデバイスに導入されているので、ユーザは特別な意識をしなくとも高度な認証を実現。ユーザはIDとパスワードを入力するだけでアクセスできるので、管理者やヘルプデスクの負担も低減できます。

導入および運用コストを低く抑え二要素認証を実現
100%ソフトウェアにて高強度の2要素認証を実現するため、高価なハードウェアを必要としません。またソフトウェアのため、従来のようなデバイスの調達、在庫やユーザへの配布方法を考慮する必要がありません。 CA ArcotID PKIが入っている端末を紛失した場合でも、管理者がそのCA ArcotID PKIを無効化することが可能です。ユーザ自身での証明書再発行もでき、運用コストを低く抑えることが可能です。

ユーザ利便性を確保
個別に持ち運ぶ必要がない、常にアクセスに必要なデバイスに格納されているので気にする必要もないので、忘れてしまいアクセスできないということもありません。ユーザは今まで通りユーザIDとパスワードを入力するだけで利便性を損ねません。また、紛失してしまうと再発行に手間も時間もかかるハードウェアと違い、 CA Strong Authenticationで提供している証明書もワンタイムパスワードもソフトウェアなので配布も容易、再発行も素早く簡単に行えます。

特許に守られた、ソフトウェア証明書
ソフトウェアトークンは盗まれてしまう、盗用されすぐに不正アクセスにつながるというのはCA ArcotIDには当てはまりません。CA ArcotIDはセキュアなソフトウェアクレデンシャルで、多要素認証を実現。先進的な特許技術(Cryptgraphic Camoufrage)を駆使してハードウェアトークンと同等以上のセキュリティ強度を提供します。

 

TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing