{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Subsystem Analyzer for DB2 for z/OS の特長

DB2アプリケーションのパフォーマンス分析における様々な課題を解決します

Related Videos


DB2オブジェクトビューでパフォーマンスの問題を分析します

CA Subsystem Analyzer for DB2 for z/OSはDB2オブジェクトやDASDボリューム、バッファプールなどがどのように使用されているかを特定し、すぐに修正しなければならないパフォーマンスの問題や将来的に発生する恐れがあるパフォーマンスの問題を回避するための情報を示すため、データベース管理者(DBA)は推量で分析を行うことがなくなり、分析にかける時間を大幅に節約できます。情報は明快で簡潔な画面表示に集約されるため、容易にパフォーマンスの問題を突き止めて修正することができます。 サンプリング・テクノロジーを利用するため、DB2リソースへの要求を制限することができ、クリティカルなパフォーマンス情報を収集するためのオーバーヘッドを最小に抑えることができます。

kadai-1

パフォーマンス悪化原因の特定

kaiketsu-1

パフォーマンス悪化の原因をオブジェクトの視点から分析

頻繁にアクセスされるテーブルの把握やインデックスが使用されているかどうか、バッファプールの使用状況等を理解することでパフォーマンス悪化の原因を分析します。

高頻度でアクセスされるオブジェクトを特定
どのオブジェクトが最も頻繁にアクセスされていて、競合を避けるために互いに隔離すべきかを判断するための面倒な処理を単純化します。テーブル、インデックス、ページセットそれぞれのアクティビティをレポートし、CA Detectorと一緒にご利用の場合はオブジェクトへアクセスしているSQLテキストまで追跡することができます。

kadai-2

調査のためのオーバーヘッドが高く、問題発生後に情報を収集することになる

kaiketsu-2

パフォーマンスデータ収集のオーバーヘッドが小さいため、常時収集可能

パフォーマンス・データの収集を行う場合に、SQLトレースを使用すると大きなオーバーヘッドが発生するため、本番環境での実施は非常に困難です。しかしオーバーヘッドが小さなデータ収集ならば本番環境でも常時収集が可能になります。

低オーバーヘッドでパフォーマンスデータを収集

CA Subsystem Analyzerはz/OSサブシステムインターフェース、DB2やz/OSの制御ブロックからデータを収集します。DB2に負荷をかけず非常に小さなオーバーヘッドでパフォーマンスデータを収集することが可能なため、DB2サブシステムやお客様のシステム環境への影響を最小限に抑えます。

 

広範囲にサブシステムの統計を収集
GETPAGE要求や、データベース、テーブルスペース、テーブル、インデックス、バッファプール、DASDボリューム等に対する物理I/Oアクティビティといった詳細かつ広範囲なデータを収集しています。これらの情報を元にロックや競合のアクティビティ、スレッドからDB2への接続情報、DASDパフォーマンスやDB2ログのアクティビティ等を分析することができます。

TEL
0120-702-600
お問い合せ