CA SYSVIEW® Performance Management の特長

メインフレームシステム管理における様々な課題を解決します

Related Videos


OSおよびサブシステムのパフォーマンスを効率的かつパワフルに管理

CA SYSVIEWは、メインフレーム z/OSと稼働するサブシステム全般を網羅して監視・管理、問題分析および解決を行うためのソリューションです。監視対象システムの健康状態を単一画面で関連性も可視化して表示され、対応判断を容易にします。また、多様なアラート項目が標準提供され、特定の事象が発生した際の通知やアクションを自動化することもできます。効率的で確実な管理を実現することで、人手を介する管理を最小化してコスト削減にも寄与しています。

kadai-1

システム管理の複雑性

kaiketsu-1

管理画面の可視化におけるイメージを各管理画面で統一

システム管理に際しては多様な側面からの情報確認や分析を行う必要のある場合が少なくありません。CA SYSVIEWでは、いくつもの画面をいったりきたりする事なく、ドリルダウン形式で必要な情報をタイムリーに得られる仕組みになっています。

一元化されたアラート画面
CA SYSVIEWでは、OS、各サブシステムのアラートを一つの画面で監視することができます。

容易な操作性
メニューやコマンドが豊富で、監視対象が異なっても統一された操作画面で使い易く、また初心者にも習得しやすい画面を提供します。

ホワイトペーパー

CA SYSVIEW をお勧めする10の理由

ホワイトペーパーを見る >

kadai-2

低負荷でのパフォーマンス管理

kaiketsu-2

リソース消費を少なく抑えながら幅広いパフォーマンス情報を提供できる製品設計

CA SYSVIEWでは、基本的にOS、各サブシステムのデータ収集コレクターが単一アドレス空間のサブタスクとして稼働し、収集データの重複を防ぐ設計になっています。

リソース消費の最小化

一般的にCPUオーバーヘッドは通常3%~4%程度であり、システム管理オペレータも小人数ですみます。

zIIPの活用
データベース処理エンジンであるzIIPを活用することができます。これにより、汎用プロセッサをより有効な活用が可能となります。

 

kadai-3

導入やメンテナンスの容易性

kaiketsu-3

導入やメンテナンスに関する次世代ソリューションを提供

ソフトウェアの管理簡素化を実現するCA Chorus Software Managerにより、ソフトウェア管理の簡素化を実現することができます。

ソフトウェア管理作業の迅速化と確実性
製品導入とメンテナンスをより速く、またケアレスミスの危険を減らし、ソフトウェア管理におけるベストプラクティスを提供します。

各種作業の簡易化
メインフレームのエキスパートであるか新人であるかに関わらず、インストール、実装におけるプロセスを劇的に簡素化し、TCOの削減を通じて重要なビジネスバリューを提供することを可能とします。

TEL
0120-702-600
お問い合せ