CA Threat Analytics for Privileged Access Manager

重要な企業と顧客のデータの侵害の防止と保護

eBookを読む

Related Videos


KuppingerColeのオンデマンド・ウェブキャスト: ユーザ動作分析(UBA)によるリスク低減。
今すぐ見る(英語)

 

侵害からの保護の強化

CA Threat Analytics for Privileged Access Managerでは、侵害の試行の検出が大幅に改善されます。ユーザの行動を分析し、そのユーザの過去の類似の動作と比較することで、通常よりもリスクの高い活動を特定できます。

特権IDアクセスの保護と侵害の防止

特権IDアクセスを保護し、違反を防止するには、まず、特権ユーザとその典型的な動作を知る必要があります。それによって、異常を識別して、内部関係者が攻撃を開始する前に阻止できます。脅威分析がプロアクティブな違反の防止にどれほど役立つか、4つの手順でご紹介します。

銀行のセキュリティに学ぶデータ保護

クレジット・カード業界は、分析を効果的に活用してセキュリティを強化している組織の模範的な例です。クレジット・カード会社は、すべてのトランザクションの監視、異常な動作のフラグ、制御の自動化に積極的に行動分析を活用して不正行為を防止しています。このeBookでは、脅威分析がビジネスにどれほど役立つか説明しています。



主なメリット

リスクの低減

ユーザの動作を継続的に分析して、リスクの高い操作を効果的に検出できます。

自動緩和

不審なイベントをログに記録するのではなく、即座に修復を開始して、脅威を排除または無効します。

短期間での価値実現

侵害検出機能、制御の強化、ユーザの行動に関する詳細な洞察によって、すぐにメリットが得られます。また、ソフト・アプライアンスとして提供され、迅速にデプロイできます。

TEL
0120-702-600
お問い合せ