{{search ? '閉じる':'検索'}}

リリース時の「うっかりミス」で アプリケーションが台無しに

システム開発と運用において致命的な損害をもたらすポイントの一つが、開発環境から本番環境へシステムを反映させるフェーズである。大量のモジュールがある場合、手作業ではミスが発生しやすい。

Related Videos


開発後の落とし穴「うっかりミス」

このような状況の中で、厳しいスケジュールをクリアしてせっかく開発したアプリケーションが、開発後のうっかりミスで台無しになった経験はないだろうか。うっかりミスの原因は、担当者の勘違いや操作ミス、記憶違いが挙げられる。最新バージョンではなく古いバージョンをリリースしてしまい、後で気づくケースも多い。

世界中のベストプラクティスの集大成であり、課題解決の道しるべとなる方法論である「ITIL」においても、リリースの計画立案から構築とテスト、配布までの「リリース管理」プロセスについて規定されている。ここでの「リリース管理」とはリリースのポリシー、スタッフのトレーニング、手順書・指示書の標準化や名前付けのルールを統一し標準化することで、うっかりミスを減らし、サービスの改善やリリースの迅速化につながることを意味している。しかし実際にリリース管理をきちんと行うことは単純ではない。



手順書の形式を統一化し、リリースの高頻度化に備える

開発と運用の職務分掌が明確な企業では、複雑な手順書に従い手作業で難しいコマンドを打って本番環境への移行作業を行っている。これだけでもミスが生じやすいのに、しかも手順書の形式は開発SIによりバラバラなことが多い。開発のスピード向上が求められるなか、膨大で複雑かつ形式がバラバラな手順書を見ながらの人海戦術によるリリースは限界がある。

これらの状況を解決するためには、一元管理で業務効率を高め、ガバナンスを向上させなければならない。ここで重要なのが自動化である。このリリースプロセスに特化した自動化により、ミスなく品質を向上させられる 。

実際、最近はリリースの自動化に注目する企業が増えている。手順書の形式を統一化し、定型的なリリース業務を自動化することで、うっかりミスの撲滅とリリース業務の効率化を図ることができる。そこで活用が進むソリューションが、手順書の形式も統一できるリリース・オートメーションだ。うっかりミスをなくす有力な選択肢となるだろう。

TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing