製品

ソリューション

研修サービス

サービスとサポート

パートナー

会社概要

 

{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Technologies のメインフレーム・リソース・インテリジェンス(MRI)

隠れたコストとキャパシティの意外な事実を明らかにすることで、ビジネスを変革できる機会がわかります

Related Videos


リソースを最適化し、資金をデジタル・ジャーニーへ振り向ける

プラットフォームの最適化によるコスト削減

メインフレームについてステークホルダーと話をすると、話題の中心になるのはコストの抑制です。MRIスキャンを行って環境を分析し、コスト削減すべき場所や既存のリソースを最大限に生かすデプロイ方法を正確に示せるパートナーがいるとしたらどうでしょうか。継続的最適化、安定性の向上、リスクの低減のために設計されたソリューションをご利用ください。

ビデオ

Click to watch video

環境の簡略化と効率化。ビデオをご覧ください。(英語音声)



キャパシティの最適化

無償のMLC制限分析で、コスト削減の可能性を理解できます。ワークロードの計画、最適化、解放、選択を行い、予測できないMLCの急増をなくすようCAのエキスパートがお手伝いします。

  • どのワークロードが最も多くのリソースを消費しているか、どのワークロードがキャパシティ管理のバランスをとりキャパシティを自動管理するための候補となるかを明らかにします。
  • 調整と最適化に最適なアプリケーションを明らかにします。
  • 最善のMLC価格設定モデルを選択できます。

専用プロセッサとJavaの活用

ご使用のツールがzIIPのような専用プロセッサを十分に活用し、月次ライセンス料金を低減できるようにします。設定のヒントとベスト・プラクティスを使用して最新の状態を保ち、チームの生産性を向上させて、安定した環境を維持できます。

CAメインフレーム・ソリューションは専用プロセッサをサポートし、月次ライセンス料金を低減します。

時流に遅れずに、最適な性能を推進

ソフトウェアの標準化

不要なコストにつながる冗長性を検出して排除し、望ましいツールへの転換を自動で迅速に実行できます。

合理化が本物の成果を推進:

  • 300以上の顧客
  • 24%のポートフォリオ削減
  • 14%のベンダ削減
  • 140万ドル – OPEXの平均削減額

簡略化への4つの段階

分析 – 目標とその理由を教えてください。

評価 – 自動検出ツールを利用し、現在どの機能があるかを明らかにし、合理化できる機会を示します。

デリバー – クラウドベースのユーティリティと自動化を活用し、移行と採用を簡単にして、チームの混乱を最小限に抑えます。

フォロー – すべてが順調に機能しており、予想したビジネス成果を達成していることを、監査で示せます。

We're here to help move your business forward.

メールでお問い合せ >

View more ways to contact us >