製品

ソリューション

研修サービス

サービスとサポート

パートナー

会社概要

{{search ? '閉じる':'検索'}}

CA Mainframe Operational Intelligence

組み込みのインテリジェンスでプロアクティブに問題を防止し、問題の修復を迅速化し、効率性を向上

ビデオを見る(英語音声)
データシートを読む

Related Videos


第2の機械時代

次なる機械時代がそこまで迫っています。すべてがスマート化され、データ分析は毎日のショッピング・エクスペリエンスの一部となっています。Netflixはユーザの好みを覚え、リアルタイムで提案を行っています。車も自動運転が実現しつつあります。要するに、機械学習は次なる目玉なのです。CAは組み込みの運用インテリジェンスによって機械学習をメインフレームに導入しているところです。これによって、卓越した顧客エクスペリエンスを実現し、効率性を向上させて全体的なITコストを低減できます。

ハードワークからスマートワークへ

ITにハードワークではなくスマートワークを導入するなら今が絶好のチャンスです。企業はすでに、膨大なトランザクションの重圧に崩壊し始めています。管理しなければならないアプリケーションやデータが毎日増えています。変更点やツールも増え、それらに適切に対処しなければならないというプレッシャーも増しています。

チームはもはや対応しきれていません。データを減らし情報を増やすことが必要です。診断と修復を自動で行えるシステムが必要です。

早期の予測

組み込みの分析機能によって運用の異常なパターンを検出できるため、早期の対策が可能です。

効率的なコラボレーション

チーム全員が連携し、複数ソースからデータに関する洞察を得て、根本原因を切り分けることができます。

修復の迅速化

CAの運用インテリジェンスによってパターンを捕捉し、自動化された確実な問題修復を開始します。

継続的改善

運用フィードバックを使用する機械学習が、将来のイベントに対して次に取るべき最善のアクションを推薦します。

自己学習するメインフレーム

ITチームが運用インテリジェンスと自動修復を活用できるようにし、ビジネスに影響を及ぼす前に問題を修復してMTTR を短縮できます。

Click to watch video

問題がある場合、1か所を見るだけで済みます

問題を予測し、修復を迅速化し、生産性を向上させるために、より詳細な洞察を提供する方法についてご覧ください。

インテリジェンスと自動化

CA Technologiesは機械学習の導入と、運用インテリジェンスの向上、メインフレームの自動化を支援しています。

「高度な分析、組み込みインテリジェンス、そしてコラボレーション向上のために設計された、モダナイズされたUIを活用することで、当社のチームはコストのかかるダウンタイムを回避でき、問題が発生しても迅速に解決できます。」

Pavel Kanak氏, メインフレーム自動化部門テクニカル・アーキテクト, Tieto

関連製品

すべてにおいて重要なのはエクスペリエンスであり、優れたエクスペリエンスはメインフレームの運用インテリジェンスに依存しています。

オンライン・トランザクションの70%はメインフレーム上で実行されています。

企業データの80%はメインフレーム上に常駐しています。

2秒の遅れが、放棄率87%につながっています。

関連資料

メインフレーム性能管理ソリューションの評価における5つの重要な考慮点(英語)

メインフレームの運用インテリジェンスのシナリオのメリット(英語)

機械学習がIT運用の課題解決の鍵である3つの理由(英語)

CA Dynamic Capacity Intelligenceによって、予期しないコストの急増を回避