ソフトウェア資産管理

ソフトウェア・ライセンスのコンプライアンスを超えて

アナリストレポートを読む(英語)

Related Videos


ソフトウェア資産管理の定義とその重要性

ソフトウェア資産管理とは物理上、財務上、契約上のライフサイクルの管理と調整を行うことです。コスト・パフォーマンスに優れたタイムリーなビジネス・ナレッジを提供できるようにして、ITのビジネスと運用の側面を効果的に管理しコントロールします。ソフトウェア資産管理には、組織内のソフトウェア・アプリケーションの購入、デプロイ、保守、利用、廃棄が含まれます。

適切なソフトウェア資産管理ソリューションを使用すれば、ソフトウェア資産の管理に関するコスト、複雑さ、およびコンプライアンスに伴う問題を簡略化できます。その結果、日常的な運用にかかる労力を減らし、ビジネスにより多くの価値を集中できます。

ソフトウェア資産管理の現状

大半のITソフトウェア資産管理の取り組みは、ビジネスを持続させている何千というアプリケーションを監督することを中心としています。しかし実際にはビジネスを持続させるだけではなく、もっと多くの重要な側面があります。ところが残念なことに以下のような理由で、多くの組織が効果的なソフトウェア資産管理に対応できていません。

  • スプレッドシートまたは静的な履歴レポートのみを使用している
  • 「誰が何を実行しているか」について把握できていない
  • ソフトウェア・ライセンスの過剰や過少が無視されている
  • 全体的な資産ライフサイクル、ベンダ履歴、契約上の要素、ライセンスの割り当て、原価要素などを把握せず、プロアクティブに管理できていない
  • ビジネス・コンシューマが資産を把握できないため、新しい資産の導入や交換を要求することが難しい
  • 拡大し変化する複雑なライセンス・モデル、多すぎるベンダや契約、仮想サービスやクラウド・サービスの普及に苦慮している

ソフトウェア資産管理:正しく理解する

適切なアプローチをとり、正しい順序で対応していけば、ソフトウェア資産管理の成功につながります。デバイスとユーザに関連する適切なデータ、組織内のソフトウェア製品、そしてソフトウェアを統制するライセンスをまとめることで、適切な要素がそろいます。そこで、堅牢なテクノロジ・ソリューションにこれらを統合すれば、ソフトウェア資産管理を成功させる準備が整います。

コンプライアンスと監査の手間を軽減

動的でパーソナライズされたソフトウェア資産管理ダッシュボードが、ソフトウェア・ライセンスの監査上の最大のリスクや、最もコストの高いライセンス、最も重要な発行元、最大の契約などの主要な指標を提供します。組織が監査を受ける際、この情報によってレポート作成やライセンス・ベンダとの交渉に必要な労力を大幅に減らせます。また、コンプライアンス違反の罰金を課されるリスクも減らします。

コンプライアンスを超えて:最適化とシミュレーション

最適化とシミュレーションによって、ソフトウェア資産管理は静的なレポーティング作業から動的なプロセスへと変化しました。これによって膨大なライセンスの選択肢を分析し、インフラストラクチャの変更がライセンスの需要に与える影響を、コストとメリットの分析を念頭に判断できます。ソフトウェア資産管理は企業のアーキテクチャ、ベンダとの交渉、調達計画、ポートフォリオ管理において、アクティブな戦略的役割を果たせる可能性があります。

CA IT Asset Manager によって、ソフトウェア資産管理がどのように改善するかご覧ください

CAソフトウェア資産管理ソリューションはIT資産の包括的な管理を可能にします。どの資産が利用可能か使用中かを判断でき、これらの資産の組織内での配分を改善できます。また、ライセンス報告の生産性と監査への対応を向上させることができます。その結果、ライセンスに関するコンプライアンスのリスクを低減でき、現在および将来のソフトウェア資産のコスト、管理、配布を最適化できます。

適切なIT資産管理ソフトウェアでIT資産への投資効果を改善

CAのソフトウェア資産管理ソリューションはピア・レビューで高い評価を獲得

TEL
0120-702-600
お問い合せ