{{search ? '閉じる':'検索'}}

社員の能力の強化

持続可能性レポート

Related Videos


信頼と能力の強化は、CAの社員が新しいアイデアを表明し個人の能力を示せるようになるための鍵です。それが変化をもたらすのです。イニシアチブが促進され、サポートされた環境で社員が容易にアイデアを出し合えるとき、スピード、実行、問題解決が実現すると私たちは考えています。企業としての私たちの役割は、アイデアを生み出すきっかけを作ることです。それによって、社員が組織的にイノベーションを推進するための道筋をつけることができます。


選ばれる企業になるため努力し、優秀な人材を引き付け、育成し、定着させ、刺激できれば、きわめて効果的なソリューションを構築し顧客に提供するために役立ちます。この目的に向かって、CAは競争力の高いグローバルな賃金体系、優れた医療給付、社内の託児所、健康プログラムを確立しています。
 

社員調査


CAでは包括的な社員意識調査(EOS)を18~24か月ごとに実施しています。EOSとEOSの間には動向調査を行い、進捗をモニタしています。以下は2015年に行った調査の主な結果です。

強み:調査で最も良好な結果が出たのは、80%以上のスコアを達成したマネージャとチームの効果、組織の使命および目標の理解と整合性、良好な職場環境、全体的な報酬、全体的な職務満足度でした。社員エンゲージメントの数値も高いままで、他のハイテク企業とも一致していました。

改善点: 全体的な職務満足度、CAで働くことに対する自負、CAの成功のために期待される以上のことをしようとするやる気において改善が見られました。

成果:社員が効果的に業務を行うために役立つ情報の提供や、学習と成長の機会、意思決定への社員参加、社員が重んじられていると感じること、説明責任などの点で、 CAは他のハイテク企業をリードしています。

CAコミュニティ


CAコミュニティは、日常的にメンバーが訪れCA Technologiesの製品に関して協力しあう場です。顧客、パートナー、CAの社員はコミュニティで製品関連の疑問への回答を見つけたり、製品のアイデアを出したり、製品のヒントを見たりできます。メンバーは顧客が毎日使用する製品の専門知識を得られるよう支援するほか、製品の機能強化の要望を出したり、別のコミュニティ・メンバーのアイデアに投票するなどして、CA Technologies製品の将来の方向付けにも役立ちます。CAコミュニティのメンバーは170か国以上に所在しており、40以上あるコミュニティで何十万件という会話に参加できます。

CAコミュニティのメンバーは、170か国以上に所在しており、40以上あるコミュニティで何十万件という会話に参加できます。

CA Sustain


このWebベースのプラットフォームは、社員が環境や社会に対してもっと責任を持つ方向に進むために役立ちます。社員はサイト内で交流するとき、関心を持つ行動に取り組むと評価されます。ソーシャル・ネットワークを通じて社員は自分の取り組みを共有し、他の人にも参加するよう誘うことができ、環境や地域社会、職場の文化に対するポジティブな影響を増やすことができます。

グリーン・チーム


グリーン・チームは社員主導のグループで、ローカル・オフィスの緑化活動を管理したり環境にやさしい行動を奨励したりして、社員が持続可能性のために自発的に自分の時間を費やすものです。グリーン・チームは社員のエネルギーとアイデアを活用し、持続可能性戦略を推進する社員の能力を高めます。

スライブ:社員の多様性と受容


アプリケーション・エコノミーの世界で躍進を目指すCAは、変化のペースに合わせて競争力を維持するために絶えず自己改革を行う必要があります。そのためには、優れた人材 - さまざまに異なる発案者、実行者、チームが協力して変革と実践を迅速に実現する必要があります。スライブ—CAの人材戦略の大黒柱—は、社員のために受容性に富んだ柔軟な職場環境を実現することを目的としたプログラムです。

ゴール

ビジネスに最適の場を作り上げる:多様な働き手を惹き付け、育成し、定着させることで、世界中の市場、職場、およびコミュニティで勝利する

最高の職場を作り上げるユニークさを評価して活かし、社員を励ましてやる気を引き出し潜在能力をフルに発揮させる、受容性に富んだ柔軟な職場環境を実現する

この目標を達成するために、スライブは地域主導の活性化のための方法を統合し、以下のことに集中します。

  • 人材の獲得とポリシー: 的を絞った求人活動、インターンシップ、人材パイプラインの構築、最先端のポリシー、手順、福利厚生
  • 人材の成功:考えを刺激するリーダー主導のディスカッション、イベント、メンター制度の選択肢
  • コミュニケーションとコミュニティ:社員ネットワーク・グループ、外部パートナーシップ、地域社会との提携、職場の賞と表彰、組織全体のネットワーキングの改善

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername1}}

{{result.headername2}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}
{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername1}}

{{result.headername2}}

{{result.headername3}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}
{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}
{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}

{{result.headername1}}

{{result.headername2}}

{{result.headername3}}

{{result.headername4}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}
{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}
{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}
{{ result.text4 }} >
{{ result.text4 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername2}}

{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername2}}

{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername3}}

{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername2}}

{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername3}}

{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}

{{result.headername4}}

{{ result.text4 }} >
{{ result.text4 }}

ゴール

ビジネスに最適の場を作り上げる:多様な働き手を惹き付け、育成し、定着させることで、世界中の市場、職場、およびコミュニティで勝利する

最高の職場を作り上げるユニークさを評価して活かし、社員を励ましてやる気を引き出し潜在能力をフルに発揮させる、受容性に富んだ柔軟な職場環境を実現する

この目標を達成するために、スライブは地域主導の活性化のための方法を統合し、以下のことに集中します。

  • 人材の獲得とポリシー: 的を絞った求人活動、インターンシップ、人材パイプラインの構築、最先端のポリシー、手順、福利厚生
  • 人材の成功:考えを刺激するリーダー主導のディスカッション、イベント、メンター制度の選択肢
  • コミュニケーションとコミュニティ:社員ネットワーク・グループ、外部パートナーシップ、地域社会との提携、職場の賞と表彰、組織全体のネットワーキングの改善

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername1}}

{{result.headername2}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}
{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername1}}

{{result.headername2}}

{{result.headername3}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}
{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}
{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}

{{result.headername1}}

{{result.headername2}}

{{result.headername3}}

{{result.headername4}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}
{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}
{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}
{{ result.text4 }} >
{{ result.text4 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername2}}

{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername2}}

{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername3}}

{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}

{{result.headername1}}

{{ result.text1 }} >
{{ result.text1 }}

{{result.headername2}}

{{ result.text2 }} >
{{ result.text2 }}

{{result.headername3}}

{{ result.text3 }} >
{{ result.text3 }}

{{result.headername4}}

{{ result.text4 }} >
{{ result.text4 }}

当社の社員がCAにおけるダイバーシティと一体感についてどの様に言っているでしょう

最新の社員意識調査:

  • 全社員の95%が「直属の上司は社員を年齢や家族/婚姻の状況、障害、人種/肌の色、宗教、性的指向、性別にかかわらず公平に扱う」と答えており、2013年の93%から上昇しました。
  • 全社員の87%が「所属チームは多様な視点が尊重される環境にある」と答えており、2013年の84%から上昇しました。
  • 全社員の84%が「マイナスの結果を恐れることなく自分の意見を自由に言える」と答えており、2013年の80%から4%上昇しました。

 

当社の社員がCAにおけるダイバーシティと一体感についてどの様に言っているでしょう

最新の社員意識調査:

  • 全社員の95%が「直属の上司は社員を年齢や家族/婚姻の状況、障害、人種/肌の色、宗教、性的指向、性別にかかわらず公平に扱う」と答えており、2013年の93%から上昇しました。
  • 全社員の87%が「所属チームは多様な視点が尊重される環境にある」と答えており、2013年の84%から上昇しました。
  • 全社員の84%が「マイナスの結果を恐れることなく自分の意見を自由に言える」と答えており、2013年の80%から4%上昇しました。

 

最近の成功事例と目標達成

CA Technologiesは多様性を受容します。個性を尊重し活用する柔軟な職場環境を提供します。以下は考慮点の一部です。

  • CA Technologiesは「ワーキング・マザーにとってのベスト企業100社」に選出されています。CAはワーク・ライフ・バランス、柔軟性、機会を重視した幅広い福利厚生プログラムでワーキング・マザーを完全にサポートします。
  • CAの多様性と受容への取り組みであるスライブは、2015年3月に制定されたReligious Freedom Restoration Act(信教の自由回復法)を否定したインディアナ州のテクノロジ企業に対するCAの支持の主要な部分でした。CEOのMike Gregoireは当時以下のように記しました。「世界はすべての人々が受け入れられ、尊重され、サポートされる受容性を持つ場所であるべきだとCAが考えていることを知ることは、インディアナ州および世界中のCAのお客様やパートナーにとって重要です。個人がさまざまな角度から課題に取り組み、多様な視点を持つことは、私たち皆のためになります。最終的にこれはお客様やパートナーにとってもビジネス成果の向上につながります。簡単に言えば、イノベーションと発明は受容性の高いプラクティスと多様な労働力の副産物であるため、多様性は重要なのです。」
  • 世界中でCAのアプリケーションベースのリーダーシップ開発プログラムに参加する人々のうち、女性が占める割合は約30%です。
  • CAは、北米多様性候補者名簿プログラムを使用しています。これはすべての公開求人は、面接プロセスで少なくとも1人の多様性のある候補者を考慮するというものです。CA Technologiesは常に職務に最適な候補を雇用していますが、このプログラムによってそれはさらに幅広いものになりました。このプログラムの採用以来、北米における公開求人の75%以上で多様な候補者の名簿を使用しました。
  • バラエティに富む多数のSTEMパートナーシップへの投資により、テクノロジ関係の学位や専門職を目指す少数派を支援しています。
  • グローバルな社員ネットワーク・グループを通じて、社員は多様性を重視した求人活動に積極的に参加します。
  • Anita Borg Instituteの2014年のベンチマーク・レポートによると、新入社員における女性の技術職の割合で、CAは業界平均を20%以上上回っています。また、シニアレベルの技術系マネージャおよび貢献者における女性の数も、業界の標準を上回っています。

CAにおける多様性と労働力の内訳に関する詳細

最近の成功事例と目標達成

CA Technologiesは多様性を受容します。個性を尊重し活用する柔軟な職場環境を提供します。以下は考慮点の一部です。

  • CA Technologiesは「ワーキング・マザーにとってのベスト企業100社」に選出されています。CAはワーク・ライフ・バランス、柔軟性、機会を重視した幅広い福利厚生プログラムでワーキング・マザーを完全にサポートします。
  • CAの多様性と受容への取り組みであるスライブは、2015年3月に制定されたReligious Freedom Restoration Act(信教の自由回復法)を否定したインディアナ州のテクノロジ企業に対するCAの支持の主要な部分でした。CEOのMike Gregoireは当時以下のように記しました。「世界はすべての人々が受け入れられ、尊重され、サポートされる受容性を持つ場所であるべきだとCAが考えていることを知ることは、インディアナ州および世界中のCAのお客様やパートナーにとって重要です。個人がさまざまな角度から課題に取り組み、多様な視点を持つことは、私たち皆のためになります。最終的にこれはお客様やパートナーにとってもビジネス成果の向上につながります。簡単に言えば、イノベーションと発明は受容性の高いプラクティスと多様な労働力の副産物であるため、多様性は重要なのです。」
  • 世界中でCAのアプリケーションベースのリーダーシップ開発プログラムに参加する人々のうち、女性が占める割合は約30%です。
  • CAは、北米多様性候補者名簿プログラムを使用しています。これはすべての公開求人は、面接プロセスで少なくとも1人の多様性のある候補者を考慮するというものです。CA Technologiesは常に職務に最適な候補を雇用していますが、このプログラムによってそれはさらに幅広いものになりました。このプログラムの採用以来、北米における公開求人の75%以上で多様な候補者の名簿を使用しました。
  • バラエティに富む多数のSTEMパートナーシップへの投資により、テクノロジ関係の学位や専門職を目指す少数派を支援しています。
  • グローバルな社員ネットワーク・グループを通じて、社員は多様性を重視した求人活動に積極的に参加します。
  • Anita Borg Instituteの2014年のベンチマーク・レポートによると、新入社員における女性の技術職の割合で、CAは業界平均を20%以上上回っています。また、シニアレベルの技術系マネージャおよび貢献者における女性の数も、業界の標準を上回っています。

CAにおける多様性と労働力の内訳に関する詳細

ダイバーシティ関連のパートナーシップとアワード

 
  • Fatherly.comで、新米パパが働きやすい職場上位50社に選出
  • Working Mother」誌で、2015年における多文化の女性にとってのベスト企業の1つに選出
  • Working Mother」誌で、ワーキング・マザーにとってのベスト企業100社に選出
  • 2015年のHuman Rights Campaign(HRC)による企業の平等性インデックスで完璧なスコアを達成し、LGBTに関する平等性について最も優れた職場の1つとしての位置を維持
  • CAはHRCによるEmployee Nondiscrimination Act(被用者差別禁止法)企業連合に参加し、LGBTのための職場の平等を支持しています。

 

ダイバーシティ関連のパートナーシップとアワード

 
  • Fatherly.comで、新米パパが働きやすい職場上位50社に選出
  • Working Mother」誌で、2015年における多文化の女性にとってのベスト企業の1つに選出
  • Working Mother」誌で、ワーキング・マザーにとってのベスト企業100社に選出
  • 2015年のHuman Rights Campaign(HRC)による企業の平等性インデックスで完璧なスコアを達成し、LGBTに関する平等性について最も優れた職場の1つとしての位置を維持
  • CAはHRCによるEmployee Nondiscrimination Act(被用者差別禁止法)企業連合に参加し、LGBTのための職場の平等を支持しています。

 

ダイバーシティ関連のパートナーシップとベネフィット

 
  • CAのEEOポリシーと行動規範は、性的指向と性同一性の両方に対応しています。
  • 医療給付はすべての社員が平等に利用でき、配偶者および同性または異性の同居パートナーにも適用されます。
  • 現在のWorld Professional Association for Transgender Health Standards of Care(WPATH SOC)のアウトラインに従い、性転換手術については医療上必要なサービスと治療の範囲のすべてが保険の保障対象となっています。
  • LGBTの養子サポートでは養子縁組関連の費用が、24か月の期間に子供1人につき最大5,000ドル、および1家族あたり最大10,000ドルまで還付されます。
  • 出産、養子の迎え入れ、または配偶者や同居パートナー、子供、親に重い健康障害がある場合の介護を含め、資格を満たす社員は無給で正規の育児介護休暇を最大6週間取ることができます。
  • CAの社内LGBT & Allies ENGは多様性の受容を促進し、社員が情報を共有し、成果を認め、同僚と交流できるよう支援しています。

ダイバーシティ関連のパートナーシップとベネフィット

 
  • CAのEEOポリシーと行動規範は、性的指向と性同一性の両方に対応しています。
  • 医療給付はすべての社員が平等に利用でき、配偶者および同性または異性の同居パートナーにも適用されます。
  • 現在のWorld Professional Association for Transgender Health Standards of Care(WPATH SOC)のアウトラインに従い、性転換手術については医療上必要なサービスと治療の範囲のすべてが保険の保障対象となっています。
  • LGBTの養子サポートでは養子縁組関連の費用が、24か月の期間に子供1人につき最大5,000ドル、および1家族あたり最大10,000ドルまで還付されます。
  • 出産、養子の迎え入れ、または配偶者や同居パートナー、子供、親に重い健康障害がある場合の介護を含め、資格を満たす社員は無給で正規の育児介護休暇を最大6週間取ることができます。
  • CAの社内LGBT & Allies ENGは多様性の受容を促進し、社員が情報を共有し、成果を認め、同僚と交流できるよう支援しています。
TEL
0120-702-600
お問い合せ

Chat with CA

Just give us some brief information and we'll connect you to the right CA ExpertCA sales representative.

Our hours of availability are 8AM - 5PM CST.

All Fields Required

connecting

We're matching your request.

Unfortunately, we can't connect you to an agent. If you are not automatically redirected please click here.

  • {{message.agentProfile.name}} will be helping you today.

    View Profile


  • Transfered to {{message.agentProfile.name}}

    {{message.agentProfile.name}} joined the conversation

    {{message.agentProfile.name}} left the conversation

  • Your chat with {{$storage.chatSession.messages[$index - 1].agentProfile.name}} has ended.
    Thank you for your interest in CA.


    Rate Your Chat Experience.

    {{chat.statusMsg}}

agent is typing